海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ゴールウェイ特派員ブログ > クラダリングのお話

アイルランド/ゴールウェイ特派員ブログ 小島 瑞生

アイルランド・ゴールウェイ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2008年9月 4日

クラダリングのお話


メール プリント もっと見る

クラダリングのお話

 ゴールウェイといえば、有名なのはクラダリング。
 二つの手が冠の載ったハートを持っている、ユニークな形をしたこの指輪をごらんになったことがある方も多いかと思います。
 このリングのモチーフの意味することは<愛と友情のおもむくままに>。
 
 クラダリングの由来はその昔、ゴールウェイのクラダかその近辺の浜辺にあった漁村に在住していたジョイス一家に関する伝説などに始まります。その伝説とは……

<伝説1>昔々、マーガレット・ジョイスという女性が裕福なスペイン人、ドミンゴ・デ・ロナと結婚しました。ところがドミンゴは亡くなってしまいます。
巨額な富を相続したマーガレットはそのお金で橋を作ったり、慈善事業に使ったりとたくさんの人の役に立つようなことをしました。
その後1596年にゴールウェイ市長だったオリバー・オブ・フレンチと再婚しますが、その時マーガレットの偉業を讃えてか、飛んできたワシがマーガレットのひざの上に金の指輪をぽとり、と落としていったのだそうです。

 この伝説に刺激されて(?)、その後こういう伝説も伝わります……

<伝説2>東インド諸国を航海していたリチャード・ジョイスという男がいました。航海中、アルジェリアの海賊に捕らえられ、奴隷として金細工商のもとに売り飛ばされてしまいます。そこで彼は金細工の修行をさせられていました。
その後1689年に解放されたリチャードは皆に惜しまれながらも、故郷のゴールウェイへ帰郷、そこで金細工の店を始めたのでした――。

******************************************

 今では色んな会社が様々な種類、デザイン、値段のクラダリングを作っていますが、一番古く、伝統的なクラダリングを作るお店がゴールウェイにあります。
 ゴールウェイの宝石店、Thomas Dillon Shopでは、この世界的に有名なクラダリングを1750年から作り続けているそうで、小さなお店には、3人ぐらい入ったらきゅうきゅうになりそうなミニミニ「クラダリング」博物館も隣接されてあります(お店の人曰く、『ヨーロッパ一小さい博物館』なんだとか^^)。

 以前日本から雑誌の取材が来たのか、店内にはこのお店を紹介した雑誌の切り抜きが壁に飾ってありました(笑)。

Thomas Dillon's Claddagh Gold、Shop&Museum
1 Quay Street, Galway


DSC02384.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー
2008年9月 4日
« 前の記事「アイルランドでの人気観光地ベスト3!堂々の「1位」はやっぱり……」へ
»次の記事「ヨーロッパ最大?!の『お見合い』フェスティバル」 へ
おすすめ記事
    ゴールウェイ特派員 新着記事
    【急募!】ゴールウェイ特派員を募集しております!
    カラフルなドアの“謎” <最終回>
    秋の日はつるべ落とし……とうとうサマータイムも終わりです
    レストランでは、いつも<フルコース>を頼まないといけない?
    おみやげFROMアイルランド(12)−−マグカップ
    アイルランドでドイツの“あの”お祭りが???
    海藻スパで美しく!?
    牡蠣&ギネス好きが集結!オイスターフェスティバル

    アイルランド ツアー最安値


    2017/9/26更新

    ヨーロッパ 航空券情報


    アイルランド旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アイルランドの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ゴールウェイ特派員

      ゴールウェイ特派員
      小島 瑞生
      大学時代に出会ったアイルランド文学をきっかけに1998年単身渡愛。ウォーターフォード・アントリム(北アイルランド)・リムリックと国内を転々とした後、現在はアイルランドでも最も風光明媚な場所が多いといわれるクレアに在住。そこから雑誌やウェブサイト、ラジオなどを通してアイルランド情報を発信しています。海外旅行が大好きで、思い立ったが吉日的に旅立つことが多く、一年に一度「海外旅行オンナ一人旅」を決行したりもします。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集