海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ジェノバ特派員ブログ > 海洋国家の名にかけて、4つのライバル都市がレガッタ...

イタリア/ジェノバ特派員ブログ 浅井まき

イタリア・ジェノバ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年6月 4日

海洋国家の名にかけて、4つのライバル都市がレガッタで激突!


メール プリント もっと見る

海洋国家の名にかけて、4つのライバル都市がレガッタで激突!

6月2日はイタリアでは共和国記念日。各地で様々な催しが行われました。ジェノバでも同様に関連する催事が行われていましたが、今年はもう一つ、重要なイベントがありました。
Pic.7-1.jpg
それは、毎年開催されている旧海洋共和国対抗のレガッタ大会です!




旧4大海洋共和国、華麗なるパレード!

このレガッタ大会は1955年、かつての海洋国家の歴史的業績とライバル心を呼び起こすために創始されました。中世イタリアの海洋国家は多数ありますが、なかでも特に強力で後世にも影響を残したのが、アマルフィピサジェノバ、そしてヴェネツィアの4つの海洋共和国です。


6月2日土曜日の夜にはそれぞれの都市が各国の歴史を題材とした衣装を身に着け、ジェノバ市内を練り歩きました。


ピサ
Pic.7-2.jpg
ピサの斜塔で有名なピサは今ではあまり港町のイメージはないかもしれませんが、中世には強力な海洋国家でした。フィボナッチを輩出した数学研究の中心地で、アラビア数字を欧州で初めて取り入れ、簿記など商業数学の発展に貢献しました。ジェノバと長らく覇権を争っていましたが、1284年メロリアの海戦で敗れ、ジェノバの優越を許すこととなります。ピサの一団は1004年にサラセン人の攻撃からピサを救ったとされる伝説のヒロイン、キンヅィカ・デ・シスモンディを主役とし、歴代のピサのリーダーたちを登場させています。


ヴェネツィア
Pic.7-3.jpg
4つの国の中でとりわけ強力であったのはやはりヴェネツィアとジェノバで、両国は中世後期を通じて激しいライバル関係にありました(現在でもどうやら若干の対抗心が残っている模様...)。ビザンツ帝国の保護下から身を立て、第4次十字軍ではフランスなどと共に帝国の首都コンスタンティノープル(現イスタンブール)を攻略します。東地中海の覇者として近世まで君臨し続けた「アドリア海の女王」です。ヴェネツィアの一団の主役は、15世紀のヴェネツィア貴族の娘でキプロス女王のカテリーナ・コルナロ。祝祭都市ヴェネツィアらしく豪華絢爛で華やかな装いです。


アマルフィ
Pic.7-4.jpg
南イタリアのアマルフィは4つの海洋共和国の中で最も歴史が古く、11世紀頃に全盛期を迎えました。東洋から伝来した羅針盤の実用化や、最古の海洋法(Tabula de Amalpha)の編纂など、地中海史に多大な影響を残しました。アマルフィの一団は当時の衣装を再現し、元首(ドゥーカ)の息子の結婚式の様子を表現しています。


ジェノバ
Pic.7-5.jpg
観衆が待ち望んでいたのはやはりジェノバの一団です!大きな拍手の中練り歩いた一団は、1096年の第1次十字軍をテーマにしています。この十字軍への参加によりジェノバは近東に商業拠点を築くことができ、その後の繁栄をもたらす重要な転換点となりました。主役は2人、十字軍でジェノバの船団を率いたグリエルモ・エンブリアコと、従軍し自らも戦った年代記著者カッファロです。





大接戦となったレースの勝者は!?

翌6月3日、いよいよレガッタ開催です!
場所はジェノバの西側沿岸部のプラ地区。ペスト・ジェノベーゼに用いるバジルで有名な地域ですが、ここの海岸は専門家が見てもレガッタに最も適しているとのこと。コンテナ集積所のある突堤に守られ、横に長く伸びたボート停泊所は風も海面も穏やかで、多くの観覧客が並んで観戦できる絶好のロケーションでした!
Pic.7-6.jpg
(がんばれ!)


午後6時過ぎ、4隻は各々観客のエールを受けつつスタート地点へ向かいます。
レースは2000m。前回優勝のジェノバ(白)は地元の大歓声を受け序盤から先頭を快走します。それにほとんど並ぶ形でアマルフィ(青)が追走し、その後ろにヴェネツィア(緑)、ピサ(赤)と続きます。私は1700mあたりの地点で観戦していましたが、私の前を通過した時点ではジェノバがわずかにリードしていました。しかし、最終盤にアマルフィが怒涛の追い上げを見せ、逆転勝利をつかみました。
さて、プラは郊外の静かな地区ですが、この日は1万人を超える観衆で大賑わい。帰りの電車を2本見送る羽目になりました...。





アマルフィはこれで12回目の優勝です。63年の歴史を持つ大会ですが、これまでの成績は(さすが海の上の街というのか)圧倒的にヴェネツィアが優位で、33回の優勝を誇っています。ジェノバは9回、ピサは8回です。


2019年の大会については来年春ごろに詳細が判明するかと思います。時期は5月末~7月初め、場所は順番通りであればヴェネツィアと思われますが、変更となる可能性もあります。
この時期に上記4都市を旅行される際には、ぜひ市内のイベント情報をチェックしてみてください!※ちなみに、テレビ中継もあります!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り スポーツ・観戦
2018年6月 4日
« 前の記事「「ヴァン・ダイクとフランドルの友人たち展」鑑賞レポ!」へ
»次の記事「壮麗で個性豊かなジェノバの教会」 へ
おすすめ記事
    ジェノバ特派員 新着記事
    ジェノバ、情緒溢れる美しい駅を巡る!
    ジェノバから45分の絶景ビーチ、カモッリ
    壮麗で個性豊かなジェノバの教会
    海洋国家の名にかけて、4つのライバル都市がレガッタで激突!
    「ヴァン・ダイクとフランドルの友人たち展」鑑賞レポ!
    ジェノバの繁栄の要、"サン・ジョルジョ銀行"へ潜入!
    世界遺産チンクエ・テッレは"インスタ映え"最高!
    ジェノバに来たら外せない、ペスト・ジェノベーゼ

    イタリア ツアー最安値


    2018/6/12更新

    イタリア 航空券情報


    イタリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ジェノバ特派員

      ジェノバ特派員
      浅井まき
      大学卒業後、社会人を経て2015年渡伊。イタリア北部リグーリア州の港町ジェノヴァに住み始めてはや3年目。現在はジェノヴァ大学の大学院史学研究科に在籍。日本と大きく異なるイタリアでの大学院生生活に四苦八苦しつつ、17~18世紀のジェノヴァ共和国に関する研究を行っている。自分の専門以外にも西洋史全般、美術、現代音楽、グルメ、スポーツなどへの関心大。晴れた休日には近郊へ写真撮影に行くのが楽しみ。 DISQUS ID '@disqus_n3hiU5o4o9

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集