海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ジェノバ特派員ブログ > ディズニーシーのモデルになった街ポルトフィーノ

イタリア/ジェノバ特派員ブログ 浅井まき

イタリア・ジェノバ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年9月 3日

ディズニーシーのモデルになった街ポルトフィーノ


ディズニーシーのモデルになった街ポルトフィーノ

いよいよ9月となりました。こちらでは先週からかなり気温が下がり、肌寒いほどになっています。通常もう少し気温が高い時期が続くのですが、悪天候のせいかもしれません。
とはいえ、海辺に行けばまだまだ夏らしい陽射しが見られます。今回はそんなリグーリアの海辺の町の中から、セレブも集う風光明媚なリゾート地、ポルトフィーノをご紹介します。
Pic.19-1.JPG

優雅で静かな入江の町

ポルトフィーノは人口400人強、面積2.53㎢とジェノバ"都市圏"(※2015年より「県(Provincia)」に代わる。日本でいうところの政令指定都市のようなもの)に属するうちで最も小さな町です。名前の由来はporto(港)/fino(上質の)かと思いきや、実際はその生息数の多さからローマ時代に「イルカの港(Portus Delphini)」と呼ばれていたのが縮まったものと言われています。 Pic.19-2.JPG

(Piazzetta)


港を囲う様に張り出した高い岩壁の岬に守られた湾内は波も穏やかでとても静か。"Piazzetta"と呼ばれる港の広場周辺にはカラフルで可愛らしい建物が立ち並んでいます。街の人口は少ないですが、イタリア国内外のセレブ達がこぞってこの街に別荘を構えています。





高台からの景色は絶景!

Pic.19-3 (2).jpg
(ブラウン城)


この街の絶景ポイントはやはり高台の岬の頂上にそびえるブラウン城(Castello Brown)。この城は15世紀には存在が確認されていますが、度々の攻防を経て修繕や増改築が繰り返されました。というのも、この町の全体だけでなく、周辺のティグリオ湾一帯を見渡せる戦略的に大変重要な場所に建っているためです。元々ブルジョワ階級の指導者フレゴーゾ家のものでしたが、16世紀以降はジェノバ共和国(~1797年)が存在する限り共和国の所有物となります。その後19世紀にイギリスの在ジェノバ領事ブラウンが購入したため、ブラウン城と呼ばれるようになりました。現在ではポルトフィーノの公有となっています。
Pic.19-4 (2).jpg
(ブラウン城テラスより。天気が良ければ...最高!!)


内部は古い家具やタイル装飾などが一部残っていますがとても質素な造りです。ただし見どころはテラスからの景色。緩やかにカーブを描く海岸線に張り付くように建つカラフルなポルトフィーノの町がとてもフォトジェニックです。

●ブラウン城
開館時間:3/15~3/31...10~17時
     4/1~5/31、9/1~10/31...10~18時
     6/1~8/31...10~19時
     11/1~3/14...10~17時(※土日のみ、ただし11/1、12/8、12/26は営業あり)
料金:€5.00

Pic.19-5.JPG
(吸い込まれそうな断崖絶壁)
Pic.19-6.JPG
(岬の中腹に建つサン・ジョルジョ教会)





ポルトフィーノへのアクセス

ジェノバ方面からポルトフィーノへ向かうには、まず普通電車(Regionale)に乗り、サンタ・マルゲリータ・リーグレ(Santa Margherita Ligure/Portofino)まで向かいます。サンタ・マルゲリータの駅からはバスまたは船、そして徒歩でポルトフィーノへ行くことができます。

●バス
タバコ屋、バールなどでチケットを購入の上駅前始発のバス82番に乗り約20分
料金:片道のみ(打刻より75分有効)€3.00、往復(打刻より各75分有効)€5.00。(バス車内で購入するとそれぞれ+€1.00)
時刻表
●船
駅から海岸にある船着き場まで徒歩約5分。ラパッロ発の1番ラインに乗船し、約15分。9~17時サンタ・マルゲリータを毎時15分発。復路は11~19時ポルトフィーノを毎時ちょうど発。金・土曜は夜の運航もあり。(※2018年9月現在)
料金:片道€7.00、往復€12.00
Webサイト
●徒歩
サンタ・マルゲリータ駅より海岸へ下り、そのまま海岸沿いを西方向へ歩いて約1時間半。道中にも絶景ポイントが多数あるので時間と体力に余裕があればぜひお薦めです。
料金:0

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2018年9月 3日
« 前の記事「ジェノバ市内!フォトジェニックな漁師町ボッカダッセ」へ
»次の記事「巨匠ルーベンスとジェノバ、知られざる関係」 へ
おすすめ記事
    ジェノバ特派員 新着記事
    ジェノバの隠れた魅力、路地裏探訪してみませんか?
    巨匠ルーベンスとジェノバ、知られざる関係
    ディズニーシーのモデルになった街ポルトフィーノ
    ジェノバ市内!フォトジェニックな漁師町ボッカダッセ
    "モランディ橋"崩落事故による影響について
    華やかで幻想的な夜のスピノラ宮、美味しいワインも!
    路地裏に佇む優雅な館、スピノラ宮国立美術館
    ジェノバっ子を知るための5つのキーワード

    イタリア ツアー最安値


    2018/9/21更新

    イタリア 航空券情報


    イタリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ジェノバ特派員

      ジェノバ特派員
      浅井まき
      大学卒業後、社会人を経て2015年渡伊。イタリア北部リグーリア州の港町ジェノヴァに住み始めてはや3年目。現在はジェノヴァ大学の大学院史学研究科に在籍。日本と大きく異なるイタリアでの大学院生生活に四苦八苦しつつ、17~18世紀のジェノヴァ共和国に関する研究を行っている。自分の専門以外にも西洋史全般、美術、現代音楽、グルメ、スポーツなどへの関心大。晴れた休日には近郊へ写真撮影に行くのが楽しみ。 DISQUS ID '@disqus_n3hiU5o4o9

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集