海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ジェノバ特派員ブログ > 郊外の小さな宝石箱!ノーヴィ・リーグレ

イタリア/ジェノバ特派員ブログ 浅井まき

イタリア・ジェノバ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年12月25日

郊外の小さな宝石箱!ノーヴィ・リーグレ


郊外の小さな宝石箱!ノーヴィ・リーグレ

皆さまメリークリスマス!
ジェノバの街にも「アウグーリ!(おめでとう)」という言葉が飛び交い、お祭りムード真っただ中です。
さて、私はジェノバのあるリグーリア州を飛び出しお隣のピエモンテ州にお邪魔してきました。今回の記事ではピエモンテ州アレッサンドリア県に属する郊外の街ノーヴィ・リーグレをご紹介します。
Pic.32-1.JPG

小さな宝石箱のような美しい街

Pic.32-3.JPG
(お洒落で素朴な街並)


ジェノバからトリノ行きの電車で約45分。トリノからは1時間少々なので、丁度ジェノバとトリノの中間あたりに位置するノーヴィ・リーグレ。人口3万人に満たない小さな街です。
駅を降りてすぐに旧市街に入ります。素朴で可愛らしい建物が所狭しと軒を連ねる街並みは趣があってイタリアらしい雰囲気です。しかし、少し散策すれば素朴な風景の中にぽつりぽつりと豪奢な宮殿が姿を現します。入り口に出ている看板を見ると、「アドルノ宮」「ドゥラッツォ宮」「スピノラ宮」...どれもジェノバでよく目にする名前です。ピエモンテなのに、なぜでしょう。





ピエモンテの"ジェノバ都市"?異色の歴史

現在はピエモンテ州に属するノーヴィ・リーグレですが、「リーグレ(=リグーリアの)」という語がさすとおり、ジェノバの影響が非常に強かった街です。
歴史をさかのぼってみると、ミラノやジェノバなど強国の狭間にあってあちこちから支配を受けてきたことがわかります。そしてジェノバ共和国の領土となったのが16世紀前半のこと。ジェノバ支配下において、ノーヴィ・リーグレは重要な発展を遂げることとなります。
Pic.32-4.JPG
(手形取引市場が置かれていた建物の一つ)


17世紀初め、莫大な富をもって当時のヨーロッパの金融界で絶大な影響力を行使する立場にあったジェノバ人たちは手形交換の中心市場を自らの統治下に引き入れようと画策します。こうしてノーヴィ・リーグレに市場が置かれたのが1622年。ここから17世紀末にかけて小さなノーヴィ・リーグレの街はヨーロッパ中のカネの流れを支える中心地として機能しました。





出張版・ロッリの邸宅群!

Pic.32-5.JPG
(ネグローニ宮(右)のフレスコ装飾が見事)


ジェノバ支配下で手形の中心市場が置かれていたこともあって、ノーヴィ・リーグレの街は大きく発展し活気づきました。当然首都ジェノバからも多くの有力者が屋敷を構え、足しげく通います。そのため、街の中心部にはジェノバ貴族の邸宅が数多く残っているのです。
ジェノバ市内で「ロッリの邸宅群」といわれる豪華絢爛な邸宅を建てていた当時のジェノバ人ですから、ノーヴィ・リーグレでも負けず劣らずの邸宅を建てました。まさに出張版「ロッリ」といった様相ですが、素朴な街並みとも齟齬のない上品で趣ある館の数々です。とくに旧市街の中心に位置するネグローニ宮(Palazzo Negroni)は鮮やかなフレスコ画に彩られた外装が目を引きます。


徒歩でも半日程度でぐるりと一周できる小さな街。静かで美しい郊外の街でのんびり過ごすにはお勧めです。
Pic.32-6.JPG
ジェノバより、よいクリスマスを!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2018年12月25日
« 前の記事「ショッピングや市場探索へ!9月20日通り」へ
»次の記事「ジェノバを愛したデ・アンドレ。きょう没後20年」 へ
おすすめ記事
ジェノバ特派員 新着記事
GW注目!2019春のRolli Daysは5月3~5日。必見ポイント3選
ジェノバ、空の表情を楽しむ
【交通情報】ポルトフィーノへのバス変則運行について
ジェノバVSヴェネツィア、世紀のライバル関係はいつまでも?
ヴェネツィアに行ってきました!
静かで景色も抜群!ジェノバ山の手をめぐる
伝統の競演、第69回サンレモ音楽祭
ジェノバを愛したデ・アンドレ。きょう没後20年

イタリア ツアー最安値


2019/4/7更新

イタリア 航空券情報


イタリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ジェノバ特派員

    ジェノバ特派員
    浅井まき
    大学卒業後、社会人を経て2015年渡伊。イタリア北部リグーリア州の港町ジェノヴァに住み始めてはや3年目。現在はジェノヴァ大学の大学院史学研究科に在籍。日本と大きく異なるイタリアでの大学院生生活に四苦八苦しつつ、17~18世紀のジェノヴァ共和国に関する研究を行っている。自分の専門以外にも西洋史全般、美術、現代音楽、グルメ、スポーツなどへの関心大。晴れた休日には近郊へ写真撮影に行くのが楽しみ。 DISQUS ID '@disqus_n3hiU5o4o9

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集