海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ベルギー/ゲント特派員ブログ

ベルギー/ゲント特派員ブログ Miyuki

ベルギー・ゲント特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

こんにちは、ゲント特派員のミユキです。

本日2018年5月10日(木)はベルギーでの祝日Ascension Dayです。明日は平日なのですが、連休にするためにお休みを取っている会社やお店が多いのでお買物の際はご注意ください。
かい

先週の第一日曜日はゲントではShopping Sundayがありました。
ヨーロッパでは日曜日がお休みのお店がほとんどなのですが、以前一度紹介したように、ゲントでは少し前から第一日曜日にShopping Sundayが始まりました。通常の日曜日は開けていないお店も開いていたり、トラム・バスがすべてタダになったりするので、ショッピングだけでなく観光にももってこいの日なのです。次回のShopping Sundayは6月3日、7月1日、8月5日です。


今回は、ゲント シントピーテルス駅からゲント市内までの行き方をご紹介します。
ざっくり行き方としては3つあります。徒歩圏内ではあるものの、途中で立ち寄れるお店が少ないため個人的なおすすめはトラムです。
初めての方にはトラム・バスの利用方法がわかりにくいと思うのでそれもざっくり下で紹介します。

①徒歩・・・約30分/タダ
②トラム・・・約10分/約3ユ-ロ
③バス・・・約10分/約3ユ-ロ

まず駅に到着して手に入れたいのは市内地図!
ホームに降りたらまず階段を降り、通路を通って中央口まで歩きます。
20180330_144227.jpg
反対側に行くと自転車置き場があるだけなので、駅構内は至ってシンプルです。

中央口、電光掲示板に向かって右側がスターバックスやフルーツジュース屋さん。左側に電車のチケット販売所があります。
20180330_144449.jpg


右側。スタバの店内がかわいいので是非立ち寄ってみて下さい。
20180330_144429.jpg



左側。実はチケット販売所に入ると、自由に取れる街のマップがあります。徒歩で行く場合このマップがあると便利です。
中心地にある観光スポットもこれで確認できますよ。
20180330_144505.jpg



駅からでるとすぐ目の前に噴水広場があります。徒歩の方はここをまっすぐ突っ切って、信号を渡ります。
20180330_144525.jpg
バス・トラムのかたは右手側へ。(写真右後方に見えるピンク色の案内板もあるので困ったときは確認できます)



トラムを乗る場合気を付けたいのが行く方面。トラム1番のEvere/Wondergem/Korenmarkt行きが市内にいくトラム、反対側のFlanders Expo行きは全くの反対方向なので気を付けてください。
20180330_144658.jpg



トラムのホームの奥の方に歩いていくと、チケットの券売機と販売所(月-土)があります。販売機は現金のみの仕様に代わってしまったので少し使いにくくなってしまいました。1回パスは3ユーロ。1回パスといっても、一度バス/トラムに乗ってから一時間自由に乗車、乗り継ぎ可能なのです。毎回乗車の際一度下で紹介する機械にいれるのを忘れずに。たまに係員の人がチェックにまわってきて、チェックインを忘れていると罰金の恐れがあります。

また、中心地に出かけて帰ってくる方で、5名以上で出かける方は10回パスがお得です。1枚16ユーロで、1回の乗車料金が1.60ユーロと1回パスのほぼ半額!販売機で買うには16ユーロを現金で揃えていけないので、私はいつも販売所で購入しています。

20180330_144710.jpg



このトラム/バスの中にあるチケットマシーンにチケットに印刷されている矢印の向きにならって差し込めばOK。もし「Zone?」と表示があった場合はZone1を押せば大丈夫です。10回パスを利用の際はその人数分差し込み、毎回Zone1を押せばその分だけ利用可能時間が印字されます。

20180330_144850.jpg



観光の際に一番便利な駅がコーレンマルクト(Korenmarkt)。駅からトラムで大体10分くらいの乗車。たくさんの人が降りるので降りるタイミングはわかりやすいです。もしお城にいく際は、ちょうど広場の向こう側にある次の駅のグラーベンステーン(Gravensteen)になります。

20180330_174715.jpg



ゲントはブリュッセルのように沢山の観光名所はありませんが、小さな雑貨屋さんや地元のカフェを巡ったり、現地の人と一緒になって川辺でくつろいだりできる、この小さい街ならではの雰囲気が魅力だと思っています。

ぜひお休みの日は遊びに来てみて下さい。では良い一日を!


2018年5月10日

こんにちは、ゲント特派員のミユキです。
今年2018年もどうぞ宜しくお願いいたします。

皆様は良い年越しを過ごせましたでしょうか。
私はベルギー人の友人宅で年越しパーティーをしたのですが、道端そこらじゅうで無作為に上げられる手持ち打ち上げ花火に驚かされました。一応使用制限はあるようなのですが、ほろ酔い気味の若者たちは怖いものなし状態でした。恐ろしい~

まさしくベルギー天候の「小雨のち曇りのち小雨」が続く1月。防水加工の冬用コートや折り畳み傘はかかせません。
昨日、今週12日からブリュッセルで開催されている第96回オートモーターサロンに行ってきました。

仕事も兼ねて平日の日中に行ったのですが、悪天候に関わらず大盛況でした。

(そんな時はつい「他大勢の人も仕事関係なのか、はたまた仕事を休んでまで来ているのか・・・」なんて考えてしまいます。笑)

トヨタや日産を始めとした日本車はもちろん、ベンツやVW、またベントレーなどの高級車まで展示されており、車素人の私でも実際に現物を見てみると気付かされるところが沢山ありました。素人目でも値段の違いが内装にはっきり見てとれ、なかなか学ぶところの多い展示会訪問になりました。

20180115_152018.jpg

20180115_170502.jpg

スズキの展示テーマは「JAPAN」となっており、背景が東京の街中になっていました。プリクラ風の加工がされた写真が撮れたり、ミニスカートのセーター服を着た女の子たちが踊っていたりと、イメージする日本らしさに溢れた賑やかな展示でした。

また会場から次の会場に移動する通路にはドリンクスタンドや食べ物屋さんが設置されており、一日中会場内で過ごせるようになっていました。

20180115_155325.jpg

ゲント、そしてブリュッセル中心地からの行き方としては

Ghent St. Pieters Station

(NMBSの電車-ブリュッセル行は沢山出ています)

Brussels West/Midi Station

(メトロ6番 Koning Boudewijn方面)

Heizel 会場までは徒歩1分

ブリュッセルのオートサロンは東京やドイツで行われる新作発表などの目新しいモデルの発表会というより展示販売会のようです。その場で購入すると大幅な割引があり、車の購入を考えている現地の人が沢山訪れている様子でした。

開催期間は今週の日曜日、2018年1月21日までなので気になる方は是非今週末に訪れてみて下さい♪


20180115_165231.jpg


Autosalon Brussels
ホームページ: http://autosalon.be/en
住所: Brussels Expo - Place De La Belgique 1, 1020 Belgium
開催期間: 2018年1月12日(金)~21日(日)
時間: 平日11時から19時まで、休日は10時から19時まで。
入場料: 現地購入大人15ユーロ、ネット事前購入13.5ユーロ
(現地購入はクレジットカードもバンクカードも使えましたよ!)


2018年1月17日

こんにちは、ゲント特派員のミユキです。

怒涛のように忙しい日々を生き延びている内に、一ヶ月が過ぎ半年が過ぎ。今年は、やり残したことよりも達成出来たことを考えながら、自分に優しく残りの二週間を過ごしたいなと思っています。

先週末から今週の月曜にかけて、ベルギーでは珍しく大雪の悪天候が続きました。私の住んでいる道では少なくとも積雪5cm(!!)はありました。

20171211_120344.jpg

私が驚かされたのは、吹雪の中でも自転車通学・通勤をするゲントの人たちの力強さ!!

氷点下の気候で水しぶきを上げながら自転車を走らせている学生を見ているだけで、寒さで震え上がりそうでした。いやーすごいですね、東京だと大雪の日は徒歩がメイン。フランダース地方の人は勤勉で真面目なんてステレオタイプをよく聞きますが、無理にでも自転車で出勤している姿を見ていると、あながち間違っていないのかなあなんて。

20171211_100950.jpg

この時期はまだ冬タイヤの交換が終わってない人が多いので、自分が起こす事故はもちろんのこと貰い事故が怖いですね。ゲント市内では、日曜日の夜から月曜日の朝にかけて救急車がフル稼働していました。高速だと普段30分のところも、その日は4時間半以上かかったようです。

雪の中意外と活用できたのはバスと電車!もちろん多少の遅延はあったものの、キャンセルも少なくいつも通り動いていました。
トラムは雪が降る続いている限りは問題ないのですが、路線が凍りつくと動かなくなってしまいます。(雪の日に限らず、軽く雨が降った後寒くなるとトラムが運行一時休止になることもあるので要注意。)

20171211_120220.jpg
(ゲント駅周辺の道)

今週の木曜日14日頃にはもう雪はほとんど融け、雪景色を撮って街中周ろうと思った頃には時すでに遅し。

寒いなんて言って室内でうずくまっていたらもったいないですね!次雪が積もったらカメラを持って自転車で走り回ってきます!

それでは皆様今日もよい一日を!



2017年12月17日
2017年7月 6日
2017年6月25日
2017年6月22日
2017年5月 2日
⇒すべての記事を見る

ベルギー旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ベルギーの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ゲント特派員

    ゲント特派員
    Miyuki
    チョコレートをこよなく愛する乙女。高校卒業後、周りの反対を押し切りオーストラリアにワーホリへ。それ以来海外での生活に嵌り、東南アジアやヨーロッパ、計14ヵ国を旅する。ベルギー訪問の際、現旦那と出会い2015年7月に結婚。趣味はジョギング、ハンドクラフト、旅行と可愛いもの集め。目標は「ゲントの美しい街並みに溶け込む」こと。 DISQUS ID @disqus_Ar04FW72PGM

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集