海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > オセアニア  > ギズボーン特派員ブログ > パセリとカリフラワーの成長記

ニュージーランド/ギズボーン特派員ブログ 高橋 将智

ニュージーランド・ギズボーン特派員が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年9月 7日

パセリとカリフラワーの成長記


メール プリント もっと見る

パセリとカリフラワーの成長記

去年の夏、裏庭にはぎっしりと密度濃くパセリが勢いよく生い茂っていました。そんな生き生きとしたパセリを摘んではトマトソースパスタと一緒に美味しく食べるのが大変好きでした。
摘みたてのパセリは大変香りが良くほのかな野生的な苦味がありオリーブオイルとトマトの相性ば抜群です。積んでも積んでも生い茂ってくるパセリを嬉しく思い、楽しんでいました。

軽い旅行から帰ってきてふと最愛のパセリに目をやると、あんなに生い茂っていたパセリがハゲになっています。

image.jpg

昔はあんなに具志堅さんだったのに・・・・


敵の存在は知っていました。ちょくちょく摘んだパセリに青虫が付いていました。しかしながらその時は青虫がハーブを食べるわけがないと勝手に思い込んでおり、きっとモリモリ生い茂っている自慢のパセリの茂みに隠れ、外敵から身を守っているのだろうと思っていました。

残念ながら、モリモリ食べていました。しかも気づいた時には、50匹以上いました。あっという間に高校球児の頭の様になってしまったのも理解出来ます。

それからというものの、毎日隅々まで潜んでいないか確認し新芽を大事に保護してきました。

冬で気温が低く日も当たらない事もあり成長はとても遅く、植えてあるパセリを摘むことはなく、スーパーから購入する日々が続きました。

苦労の甲斐あってか最近ではようやく前の姿に近くなってきて、この間真ん中を摘んで全体に日が当たる様に穴を開けました。もちろん摘んだパセリはパスタと一緒に食しました。

image.jpg

ようやくチョッチュ元どおりになってきた様子


奥のカリフラワーを収穫せずにそのままにしておいたら、白髪のアフロからビンビン伸びています。

image.jpg

チョッチュ伸び過ぎ


一方海の方では、家の前の砂は見事に1mぐらい波に持っていかれました。

image.jpg


まるで地層が出来てます。

そんな最近はやや暗い色の朝でした。

image.jpg
image.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景
2015年9月 7日
« 前の記事「オレンジ色に包まれた暖かい冬」へ
»次の記事「燃える様な朝焼けとモクモクと湧き出す雲」 へ
おすすめ記事
    ギズボーン特派員 新着記事
    誕生日に19.4キロのハイキング 番外編4
    誕生日に19.4キロのハイキング 番外編3
    誕生日に19.4キロのハイキング 番外編2
    誕生日に19.4キロのハイキング 番外編1
    映画クジラに乗る少女のロケ地、ファンガラ
    いよいよ夏本番のギズボーン、ニュージーランド
    珍しい外国のちょっとオシャレな野菜達
    南島のネルソンを訪ねてみました。番外編3 ブランフォードパーク

    ニュージーランド 航空券情報


    ニュージーランド旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ニュージーランドの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    オセアニアにもどる

    地球の歩き方Web特派員募集