海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > オセアニア  > ギズボーン特派員ブログ > 夏の始まり、夕焼けを見て人生を見つめ直す

ニュージーランド/ギズボーン特派員ブログ 高橋 将智

ニュージーランド・ギズボーン特派員が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年10月27日

夏の始まり、夕焼けを見て人生を見つめ直す


メール プリント もっと見る

夏の始まり、夕焼けを見て人生を見つめ直す

ニュージーランドではデイライトセービングといって夏と冬で時間が変わる制度を取り入れています。この制度は夏に国民が生活を満喫できる様に時間が1時間早くなり、冬には1時間遅くなるという制度で、国内電力の省エネにも貢献しています。


夏時間は10月から始まり、例えば、昨日まで午前9時が夏時間開始から午前8時になります。私が今勤めている会社の私の入社日はその時間の切り替え日で、1時間遅刻した事を覚えています。優しい上司は笑って許してくれました。


そんな夏時間と日が日々長くなっていることもあり、帰宅後はまだ明るく夕日を眺めれる時間を持てる様になりました。


image.jpeg

庭から見たビーチの様子。東海岸のギズボーンは残念ながら夕日が沈むのを見ることが出来ません。


12月に40歳を迎えるにあたって最近は色々な事を考える傾向にある様になりました。家族の事、自分の人生の事、老後の事、外国に住んでいてもきっと考える事は皆さんと変わりはないと思います。


image.jpeg


image.jpeg

時間が経つにつれて赤みが増していきます。

最近ハイキングを始めた事もあり、ピークについて最近は考えています。例えば、山登りで例えると登頂をする事が目的で、頂上からの素晴らしい景色を想像し、挑戦し、達成感と共に見渡す360度の景色がまさにピークの時です。しかしながらそのピークも永遠ではなく、辺りが暗くなる前に下山できる様に頂上を後にしなければなりません。頂上を経験した後は無事に家に帰る事が本当の山登りだと思います。


image.jpeg


image.jpeg


image.jpeg

夕焼けが辺り一面に広がり今の瞬間が一番綺麗です。


自分の人生においてピークはいつなのだろうか考えたりもします。体力的には27歳から30歳の頃がピークだった様な気がします。生活面ではまだ登っている最中で、頂上にたどり着けるかどうか不安の毎日です。


人は最高を求めて努力しますが、最高は時間と共に最高ではなくなっていき、または次へ進むために完全なものを自ら壊さなければいけない、見極めと引き際を成し遂げる事が本当の人生において大事なことではないかと思います。


image.jpeg


image.jpeg


image.jpeg

光が遠くに小さく残ると共に辺りは闇に包まれてきました。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー 自然・風景
2015年10月27日
« 前の記事「新緑の候、ニュージーランドの春とテニス」へ
»次の記事「日差しが強くなってきたギズボーンの朝焼け」 へ
おすすめ記事
    ギズボーン特派員 新着記事
    誕生日に19.4キロのハイキング 番外編4
    誕生日に19.4キロのハイキング 番外編3
    誕生日に19.4キロのハイキング 番外編2
    誕生日に19.4キロのハイキング 番外編1
    映画クジラに乗る少女のロケ地、ファンガラ
    いよいよ夏本番のギズボーン、ニュージーランド
    珍しい外国のちょっとオシャレな野菜達
    南島のネルソンを訪ねてみました。番外編3 ブランフォードパーク

    ニュージーランド 航空券情報


    ニュージーランド旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ニュージーランドの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    オセアニアにもどる

    地球の歩き方Web特派員募集