海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > グラスゴー特派員ブログ > 四季折々の田舎・春

イギリス/グラスゴー特派員ブログ ギブソンみやこ&ローランズ真弓

イギリス・グラスゴー特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2008年2月10日

四季折々の田舎・春


メール プリント もっと見る

四季折々の田舎・春

四季折々、イギリスの田舎は季節の移ろいとともにさまざまな表情を見せてくれます。これからしばらく、季節を追いながら、それぞれの季節ならではのイギリスの田舎の風物詩をスケッチしてご紹介していきたいと思います。


まず、初回の今日は、春……。
イギリスの春は、サマータイム(夏時間)やイースター(復活祭)とともにやってきます。イギリスのサマータイムは、毎年、3月最終週の日曜日の深夜、午前1時にはじまります。実際には、時計を1時間進めるだけなのですが、その日を境に日没が1時間遅くなり、ぐっと日が長くなったように感じます。イースターは、十字架にかけられたイエス・キリストの復活を祝うキリスト教のお祭りです。毎年、何月何日と決まっているわけではなく、春分後の満月の次の週末と定められているので、月の満ち欠けによって多少早くなったり遅くなったりします。早い年は3月の下旬、遅い年は4月の中旬の週末にイースターがやってきます。イースターの週末の前日の金曜日がグッドフライデー(Good Friday)、週明けの月曜日がイースターマンデー(Easter Monday)の祝日となり、4連休となります。


このサマータイムとイースターがやってくると、いよいよイギリスの行楽シーズンの幕開けです。冷たく凍てついて気の遠くなるほど暗く長かった冬のトンネルをぬけだして、春=「Spring(はずむ)」の文字通り、イギリスの人々は、心はずませて到来した春の中へ飛び出していきます。


P5220015x.jpg 自然の中に足を踏み入れると、冬のあいだ、茶色く枯れていた草や木の葉がいっせいに萌えたって、目のさめるような新緑であたりの景色を彩(いろど)っています。


P5220012x.jpg ガーリックの強いにおいがたちこめていると思ったら、せせらぎぞいの木陰にワイルドガーリックの可憐な白い花が開いていたり、わらびが冬枯れた大地の底から、げんこつの形の頭をすっくともたげていたりします。イギリスの人はあまり食べないようですが、このワイルドガーリックもわらびも食用になります。


P4220073x.jpg 日本でも見かけるスミレやタンポポもよく見かける野の花ですが、イギリスの春と言えば、ブルーベル。
森陰一面をブルーベルの花が埋めつくしている風景に出会うこともあります。


野原に足を進めると、牧草地の緑もあざやか。


P4290056x.jpg

牧草地の緑にまじって指先ほどの可憐な黄色い花が咲いているのを見かけることがあるかもしれません。そのありふれた野の花バターカップには不思議な力が宿っています。バターカップの花をだれかさんのあごの下に持っていき、もしあごの下が黄色く染まって見えれば、そのだれかさんはバターが好きなのだとバターカップが教えてくれるです。ですが、どうやら春の明るい陽光に照らされる野原では、バター嫌いの人は見あたらないようですよ。


P4080021x.jpg 春の牧草地では、パブリックフットパスの道しるべや、農家のゲートなどで、こんな注意書きに出くわすことがあります。


春は、子羊ラム(Lamb)の生まれるシーズン(Lambing Season)。農家と親羊にとっては、1年で1番神経質になる時期なのです。親羊と子羊たちに危害をくわえたり、驚かせたりしないようにする気遣いが必要です。実際、まだへその緒をぶらさげているようなほんとうに生まれたての子羊にも出くわしたりしますからね。とは言え、やっぱり、子羊を見かけると、ついつい足を止めてしまいます。


P4090012xxx.jpg P4090014xx.jpg

P4090018xx.jpg P4090050xx.jpg


そして、向こうも、こんなふうに足をとめてくれると嬉しくなって話しかけてみたりね。


P4150091x.jpg


春の野に、新しい命をさずけられるのは、どうやら子羊だけではないようです。


P4080016x.jpg もしかすると、この子うさぎがイースターバニーなのかもしれません。言い伝えによると、イースターバニーが子供たちにイースターエッグを運んでくるとされています。イースターエッグは、イースターのお祝いに子供たちがもらう卵。昔は、ゆで卵に色が塗られたものでしたが、今は、卵の形をしたチョコレートです。イースターが近づくと、お菓子屋さんの店先やスーパーの棚に所せましとならびます。


春の野には、日本でもおなじみの花も……。


P4080013x.jpg 日本と比べると気候が寒いせいか。スイセンの時期も、いささか遅いような気がします。


P5280020x.jpg 今の日本では、あまり見かけなくなったかもしれませんが、イギリスの春の野原には、新緑の緑の中に色鮮やかな黄色いパッチワークをほどこしたかのような菜の花畑が出現し、人目をひきます。この菜の花の菜種からとれた油が、イギリスの伝統的なファーストフード、フィッシュ&チップス(白身魚の巨大天ぷらと太っちょフライドポテト)の揚げ油になるのです。


P5080016x.jpg


菜の花の収穫が終わるころイギリスの春は行き、夜の10時をすぎてもまだあたりの明るい1年で1番活気に満ちた夏を迎えます。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル 見所・観光・定番スポット
2008年2月10日
« 前の記事「イギリスの田舎のこんな現実」へ
»次の記事「四季折々の田舎・夏 1」 へ
おすすめ記事
    グラスゴー特派員 新着記事
    ごあいさつ
    イギリスののどかな春の野原で
    エイプリルフール史上イギリス人が最もだまされた嘘!
    グラスゴー大聖堂&聖マンゴー宗教博物館
    リバーサイドミュージアムへ行こう!
    マッキントッシュの家を訪ねて
    ウィローティールームとカーレンスキンク
    ファイブシスターズの最高峰をめざす

    イギリス 航空券情報


    イギリス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • グラスゴー特派員

      グラスゴー特派員
      ギブソンみやこ&ローランズ真弓

      ■ギブソンみやこ
      1991年より英国在住。わたしが愛してやまないイギリスの田舎歩きの魅力や楽しみをたっぷりとお届けします!
      ブログ「イギリス国際結婚あんなことこんなこと

      ■ローランズ真弓
      2005年より英国在住。赤ちゃんとのドタバタの毎日から見えてくるイギリスの生活情報をお届けします!
      環境ブログ「英国えこうぉーりあー日記

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集