海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > グラスゴー特派員ブログ > イギリス流アロマセラピー 2

イギリス/グラスゴー特派員ブログ ギブソンみやこ&ローランズ真弓

イギリス・グラスゴー特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2008年5月 6日

イギリス流アロマセラピー 2


メール プリント もっと見る

イギリス流アロマセラピー 2

さまざま利用法があるアロマセラピーのエッセンシャルオイル。今日は、まず、イギリスへ来られた折、または日本で購入されるときにも役立てていただけるエッセンシャルオイルの選び方をご紹介しようと思います。


イギリスでは、アロマセラピーの専門店でなくても、ドラッグストア(イギリス英語では、ファーマシーPharmacyやケミストChemist)やスーパーでも、エッセンシャルオイルを買うことができます。つまり、バラエティーに富んだ商品を手軽に購入できるわけなのですが、残念ながら混ぜ物のしてあるものもかなり出回っているので要注意。安いものには手を出さない方が無難です。さらに、瓶のラベルにもご注目。原材料である植物のラテン語の学名と原産国が明記されているものを選んでください。


高価なエッセンシャルオイル、購入後に後悔しないようにテスターでお好みの香りを探してみましょう。同じ種類のオイルでも、商品によって香りの質は様々です。また、アロマセラピストがいるお店では、目的とする用途に応じた商品や使用方法についてアドバイスを求めることもできます。カウンターにアロマセラピーに関する情報の書かれたパンフレットが用意してあるお店もあります。


P1000707x.jpg こちら、街にあるアロマセラピーの専門店。この記事の最後に、お勧めのアロマショップをご紹介しています。


エッセンシャルオイルを選んで購入したあとは、その使用についても注意が必要です。原液を直接肌につけることのできるエッセンシャルオイルは、ラベンダー(Lavender)とティートゥリー(Tea tree)の2種類のみ。その他のエッセンシャルオイルは希釈して使用する場合でも、肌につける前にはパッチテストが必要です。と書くと、エッセンシャルオイルってとても危険な薬物のようですが、先にあげたことのほか、柑橘系のエッセンシャルオイルは紫外線に反応するので、使用後は直射日光を避ける。病気、あるいは、妊娠中の女性は使用しない方がよいオイルがある。抵抗力の弱い子供や高齢者、病人の使用量はひかえるなどのガイドラインを守っていれば大丈夫です。


P1000711x.jpg こちらは、日本でもおなじみのニールズヤードのお店。現在イギリス全国に30店舗あります。


でも、どうせなら本格的にアロマセラピーを習ってみたいなと思われる方があるかもしれませんね。

実は、イギリス国内では、手軽にアロマセラピーを学べるのです。基本の基本を学びたい場合は、市や町が在住者を対象に開設しているアダルトエジュケーション(日本で言うと市民講座のようなもの)のコースの中に、アロマセラピーのコースも設けられていることがあります。


もう少し専門的に勉強したいな。アロマセラピストの資格も取りたいなと思われる場合は、カレッジにパートタイム、フルタイムのコースが設置されています。イギリスで、「カレッジ(college)」と呼ばれるのは、古い大学の学寮の場合もあるのですが、一般的には、日本の専門学校に相当する実技を身につける学校のことです。入学資格や受験の必要はなく16歳以上ならだれでも入学できます。


全国津々浦々イギリス各地にカレッジはあるので、在住地または近在地でアロマセラピーのコースを設けているカレッジは簡単に見つかることと思います。(イギリス各地にあるカレッジについては、こちら をご参照ください。それぞれのカレッジのサイトへのリンクが貼られているので、カレッジのサイトでコースの詳細もごらんいただけます)


カレッジのパートタイム(週の授業時間数15時間未満)は1年のコースから。終了するとディプロマ(diploma)の資格が取得できます。コースを終えると、ビューティーサロンにアロマセラピストとして勤めたり、自宅でサロンを開いたり、自作のアロマコスメを作って販売する人もあるそうです。カレッジのフルタイム(週の授業時間数15時間以上)で2年から3年のコースを終了すると、学位(degree)が取得できます。学位取得者は、イギリスの病院やクリニックで補助医療としての医療行為を行えます。


学位まで取ろうと思うとかなり難しいのですが、アロマセラピーの資格を出す機関は複数あって(統合に向かっているものの 現在10たらず存在します)、比較的簡単に取得できる資格が多いというのが現状です。そこで、2年ほど前から政府が資格を保持する基準作りをはじめました。アロマセラピーについての勉強を重ね、年間に特定のポイントを取得しないと資格を保持できない制度が整えられつつあります。イギリスでは、1度資格を取ってもそれで終身アロマセラピストではいられない時代が訪れようとしているのです。さて、イギリス流のアロマセラピーを導入した日本では、これからどのような動きがはじまるのでしょうね。


香りが素敵なアロマのお店
MATERIA AROMATICA

カレッジの先生お勧めのアロマのお店
ESSENTIALLY OIL LIMITED

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2008年5月 6日
« 前の記事「イギリス流アロマセラピー 1」へ
»次の記事「オーガニックのサンデーランチ」 へ
おすすめ記事
    グラスゴー特派員 新着記事
    ごあいさつ
    イギリスののどかな春の野原で
    エイプリルフール史上イギリス人が最もだまされた嘘!
    グラスゴー大聖堂&聖マンゴー宗教博物館
    リバーサイドミュージアムへ行こう!
    マッキントッシュの家を訪ねて
    ウィローティールームとカーレンスキンク
    ファイブシスターズの最高峰をめざす

    イギリス 航空券情報


    イギリス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • グラスゴー特派員

      グラスゴー特派員
      ギブソンみやこ&ローランズ真弓

      ■ギブソンみやこ
      1991年より英国在住。わたしが愛してやまないイギリスの田舎歩きの魅力や楽しみをたっぷりとお届けします!
      ブログ「イギリス国際結婚あんなことこんなこと

      ■ローランズ真弓
      2005年より英国在住。赤ちゃんとのドタバタの毎日から見えてくるイギリスの生活情報をお届けします!
      環境ブログ「英国えこうぉーりあー日記

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集