海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > グラスゴー特派員ブログ > 初夏の森を行けば

イギリス/グラスゴー特派員ブログ ギブソンみやこ&ローランズ真弓

イギリス・グラスゴー特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2008年6月17日

初夏の森を行けば


メール プリント もっと見る

初夏の森を行けば

天気予報によると、先週の週末のお天気はあまりかんばしくないとのこと。そこで、遠出をするのはやめて、となり街の郊外にある森の散歩へ出かけたのでした。今回は、そのときのもようをお伝えしようと思います。


1日のうちに1年のお天気が体験できるとも言われるイギリスのお天気。いっきに空がかき曇って大粒の雨が大地をたたきはじめるので、これはもう終日の雨降りになるのかなあと思ったら、つい先ほどまでの陰惨なお天気が嘘であるかのように晴れあがり、白い雲のあいだからあたたかいお日様の光が降りそそいでみたりするのです。このごろは、そんなお天気の日が多いのですが、日曜日の空は、森のはずれの駐車場に車を乗りつけても青く高いまま、遠い空のはしっこにも怪しい雲のかけらも見あたらないのでした。天気予報の予想最高気温は15℃。車の温度計も、きっちり15℃を表示していたのでしたが、体感気温はもう少し高いかなと思うくらいで、散歩にはうってつけの条件。


森の小道に足を踏み入れると、姿はないのにせわしなく鈴を転がすようなハイピッチの野鳥のさえずりが木々のこずえのあちこちから聞こえてきます。


P1010604x.jpg


森のあちこちには、人待ち顔のベンチが……。


P1010587x.jpg P1010580x.jpg


この森のどこかには、木の葉や手のひらの形に掘り出されたベンチもあるのですが、今回の散歩では行き会わせませんでした。ゆるやかな坂をのぼりつめた谷間を見おろす小道の道ばたにも……。


P1010612x.jpg


すでに長年風雨にさらされてきたかに見えるベンチには、小さな金属プレートが貼りつけてありました。


P1010611x.jpg 故人となったニール・ブルークさんを偲(しの)んで、同僚、友人たちによって寄贈されたベンチのようです。イギリスでは、亡くなった家族や友人を偲んで公共に場にベンチを寄贈することが珍しくないのです。プレートには、故人の名前や生没年、故人を偲ぶ言葉などが刻まれています。


このプレートには、生没年は記されていませんが、ニール・ブルークさんは生前、よくこの森に散策にやってきて森の谷間を見おろすこの場所がお気に入りだったのではないでしょうか。少し話はそれますが、近年、イギリスでは、森林葬とでも呼ぶべき埋葬をする人があるとのこと。遺体や遺骨を埋葬した場所に墓石ではなく幼木を植えるというものです。年々育っていく命ある木が墓標って悪くないアイデアだと思われませんか。


さて、小道が森陰に入ると、その中の空気はうっすらと緑色に染まっていて、


P1010589x.jpg


ふり仰いでみると……。


P1010590y.jpg


それまでひっそりと静まっていた森にそよ風が吹きわたると、いっせいにひるがえる木の葉がさざ波のような涼やかな葉ずれの音を立てるのでした。草葉のあいだには、去年の秋に実ったどんぐりが……。


P1010600x.jpg


森は、その胎内で、しっかりと未来の森をはぐくんでいるのですね。森の小道を歩いていると、たまには、人の声やリズミカルな蹄(ひづめ)の音が聞こえてくることもあります。


P1010638x.jpg P1010637x.jpg
P1010610y.jpg


森は、今、命の盛りを謳歌(おうか)する目のさめるような緑におおい尽くされ、散策を楽しむ人々にもあふれる生命力を分け与えてくれているかのようです。


P1010632x.jpg


ウォーキングコースのひとつを経巡って駐車場の手前まで帰ってくると、シャクナゲのブッシュに出会いました。もうそろそろシャクナゲのシーズンは終わりかなと思っていたのですが、まだまだ美しく咲いていました。


P1010640x.jpg P1010644x.jpg


先週の日曜日は、気まぐれなイギリスのお天気が続く中、思いがけなくのんびりとした森の散策を楽しむことのできた休日となりました。今度の日曜日も、お天気になりますように……。


今回ご紹介した森Chopwell Woodのサイト  地図や詳細がごらんになれます

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 天気・気候・気温 生活・習慣・マナー
2008年6月17日
« 前の記事「初夏の野原を行けば」へ
»次の記事「イギリスの夏至の夜空のミステリー」 へ
おすすめ記事
    グラスゴー特派員 新着記事
    ごあいさつ
    イギリスののどかな春の野原で
    エイプリルフール史上イギリス人が最もだまされた嘘!
    グラスゴー大聖堂&聖マンゴー宗教博物館
    リバーサイドミュージアムへ行こう!
    マッキントッシュの家を訪ねて
    ウィローティールームとカーレンスキンク
    ファイブシスターズの最高峰をめざす

    イギリス ツアー最安値


    2017/11/25更新

    イギリス 航空券情報


    イギリス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • グラスゴー特派員

      グラスゴー特派員
      ギブソンみやこ&ローランズ真弓

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集