海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > グラスゴー特派員ブログ > 公爵一家の居城のある町インバレリー

イギリス/グラスゴー特派員ブログ ギブソンみやこ&ローランズ真弓

イギリス・グラスゴー特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2008年9月20日

公爵一家の居城のある町インバレリー


メール プリント もっと見る

公爵一家の居城のある町インバレリー

今日は、スコットランドの山岳地帯ハイランドの南西に位置するアーガイル(Argyll)の中心の町インバレリー(Inveraray)をご紹介しようと思います。インバレリーは、氷河でけずられて形成された深い入り江にのぞむ、町というよりは村の面持ちを持つこじんまりとした静かな町です。


P1020497x.jpg


片田舎の小さな町ながらこのインバレリーには、公爵にも叙せられているスコットランドの名家キャンベル家の居城インバレリー城(Inveraray Castle)があります。第13代目の当主アーガイル公爵(現在40歳)は、若干33歳の若さで爵位をついだイギリス最年少の公爵なのだそうです。また、公爵夫人は、日本でもおなじみ(ですよね?)のイギリス大手のチョコレートメーカー「キャドバリー」のご令嬢なのだとか。


P1020502y.jpg

スコットランド建国時には独立軍に身を投じ、スコットランドを独立に導いた氏族ではあったものの、キャンベル一族と言えば、スコットランドの歴史にくわしい方、このブログの「悲しくも美しいスコットランドの山と谷 」と「スコットランドの古戦場カローデン 」をごらんいただいた方にはすでにおなじみのとおり、地元スコットランドでは、グレンコーの大虐殺やカローデンの戦いなどでイギリス政府軍についた敵役(かたきやく)ってことになっています。


P1020505x.jpg


現在も公爵一族がお住まいになっているこのお城、春から秋にかけて一般公開されていています。武器や武具の展示されている大広間、巨大なタペストリーで飾られた客間、日本を含む世界各地から収集された陶磁器のおさめられている小塔、豪華なダイニングルームや古い時代のキッチン、一族の肖像やその他の絵画の展示されているギャラリーなどのほかに幽霊が出没するお部屋なんていうのも見てまわれます。(このお城が一般公開される期間やその他の詳細については、この記事の最後のサイトをごらんください)


IMG_0742x.jpg


お城と広大なガーデンのわきの小道をずんずん歩いていって、くるりと回りこんだこちらがお城の正面。


IMG_0744x.jpg 実は、お城が見おろしているこちらの野原に要塞の役割を果たしていたオリジナルのお城が建っていたのでしたが、40年余りの歳月をようして1789年に一族の居城となる現在のインバレリー城が完成したのでした。


IMG_0752x.jpg


P1020507x.jpg お城の正面に突き出している入り口。


ところで、このインバレリーの町にはインバレリー城以外にも、観光客の人気を集めるアトラクションがあります。スコットランド貴族の豪華な暮らしにため息をついたあとは、血も凍るような牢獄体験をしてみるというのはいかがでしょうか?


P1020494x.jpg


こちらが、牢獄体験のできる「インバレリー・ジェイル(Inveraray Jail)」。200年の歳月をさかのぼって、当時、実際に行われていた裁判を傍聴し、囚人たちが寝起きしていた部屋で木のベッドやハンモックに横たわったり、罰として科(か)された拷問を実際に試してみることもできます。インバレリー城の一般公開は春から秋にかけての期間限定ですが、こちらの牢獄の方は年中通してオープンしているのでいつでも入獄可能です。


P1020495x.jpg 埠頭(ふとう)ににつながれたこの船は、海洋博物館「インバレリー・マリタイム・ミュージアム(Inveraray Maritime Museum)」。


その他にも、あっというまにぐるっと一周できてしまう町の通りにはかわいいギフトショップが軒をつらねていたり、海辺には小さな移動遊園地ファンフェアがたっていたり。こじんまりとした小さな町ではありますが、見どころがいっぱいのインバレリー、スコットランドへお出かけの際は、ちょっと足をのばしてお立ち寄りくださいませ。

インバレリー城(Inveraray Castle)のサイト
インバレリー・ジェイル(Inveraray Jail)のサイト

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル 見所・観光・定番スポット
2008年9月20日
« 前の記事「スコットランドの古戦場カローデン」へ
»次の記事「宝冠をいただく港町オーバン」 へ
おすすめ記事
    グラスゴー特派員 新着記事
    ごあいさつ
    イギリスののどかな春の野原で
    エイプリルフール史上イギリス人が最もだまされた嘘!
    グラスゴー大聖堂&聖マンゴー宗教博物館
    リバーサイドミュージアムへ行こう!
    マッキントッシュの家を訪ねて
    ウィローティールームとカーレンスキンク
    ファイブシスターズの最高峰をめざす

    イギリス ツアー最安値


    2017/11/22更新

    イギリス 航空券情報


    イギリス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • グラスゴー特派員

      グラスゴー特派員
      ギブソンみやこ&ローランズ真弓

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集