海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > グラスゴー特派員ブログ > 地球のくれた宝物「トレジャー・オブ・ジ・アース」

イギリス/グラスゴー特派員ブログ ギブソンみやこ&ローランズ真弓

イギリス・グラスゴー特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2008年10月18日

地球のくれた宝物「トレジャー・オブ・ジ・アース」


メール プリント もっと見る

地球のくれた宝物「トレジャー・オブ・ジ・アース」

スコットランドの西側、大西洋にのぞむ山岳地帯ハイランドのお天気は一年をとおしてくずつき気味。イギリスの最高峰ベンネビス山はじめとする山々に登ろうとハイランドまでやってきたけど、今日は、山歩きはできないなという空模様の日には、ハイランドの山歩きの拠点の町フォートウィリアム(Fort William)の街の店々を冷やかしてまわるのもいいですが、こんな博物館を訪ねてみられるのはいかがでしょうか。


P1020693x.jpg


「トレジャー・オブ・ジ・アース(Treasures of The Earth)」。地球の宝物と名づけられたこの博物館には、世界各地の地下から掘り出された宝石、クリスタル、化石などが展示されています。


とりあえず博物館の外観をカメラにおさめたあと、入り口をくぐったわたし、館内は撮影禁止にちがいないと思い、そそくさとバックの中にデジカメをしまおうとしていると、受付嬢ののたまわることには、「館内のお写真、どうぞご自由にお撮りくださいませ」とのこと。撮影禁止の断り書きがない場合でも、写真撮影ができるかどうか聞いてみると、「禁止です」との答え以外返ってきた試しがないので、最近は自分からカメラを片づけることにしているわたしは、もうび〜っくり。


再び、バッグからそそくさと愛用のデジカメを撮りだすと、デジカメ片手に薄暗い館内めぐりをはじめたのでした。

P1020836x.jpg


クリスタルや石英などの原石。


P1020839x.jpg


P1020816x.jpg P1020818x.jpg P1020819x.jpg P1020820x.jpg P1020828x.jpg P1020817x.jpg 鉱物類。よくごらんになりたい場合は、画面をクリックしていただくと拡大画像になります。


P1020887x.jpg P1020855a.jpg P1020831x.jpg 宝石の原石類。


P1020841x.jpg P1020872x.jpg 化石類。


これらの展示物の中で、特にわたしの興味を引いたのは、


P1020822x.jpg 化石になった木。古代の動物や植物がぎゅーっと圧力をかけられて石や岩にその姿をとどめた化石っていうのはうなずけるのですが、木そのものがどうしてそのまま石になってしまうのか。う〜む。何とも不思議で仕方がありません。


P1020859x.jpg それから、こちら、「ビスマス(Bismuth)」。日本でもビスマスと呼ばれるらしいのですが、日本名もあって、「蒼鉛(そうえん)」という金属元素のひとつなのだそうです。広辞苑には、「薬用、顔料、陶器上絵用とする」とあります。


P1020864x.jpg ビスマスの拡大画像ですが、画像をクリックしていただくと、さらに大きな画像でごらんいただけます。この玉虫色のメタリックカラーのまばゆい輝きもしかり。その形も、近未来都市の集合住宅のようでもあり、モダンアートの作品のようでもあり、プラモデルのできそこないのようでもあり。とても、自然の造形だとは思えない摩訶不思議な鉱物です。


古代の森や滝を再現したホール。


P1020856x.jpg


館内には、この他に、鉱物の数々が紫外線の光りをあびて妖しく神秘的な光を放つ小部屋、鉱物の採掘現場を再現した洞窟、見てまわるだけでも楽しいギフトショップなどもあります。


さほど大きくはありませんが、見ごたえはたっぷりの博物館「トレジャー・オブ・ジ・アース(Treasures of The Earth)」は、スコットランドの山岳地帯ハイランドの拠点の町フォートウィリアムからグレンフィナン(Glenfinnan)へ向かう幹線道路(A830)を西へ4マイルの道路沿いにあります。開館期間は、春から秋にかけて。春と秋は、10amから5pmまでですが、夏の間は、9:30 amから7 pmまでオープンしています。冬季は閉館していますが、団体旅行の場合は見学可能とのこと。詳細は電話で、01397 772283番(海外からの場合はイギリスの国番号「44」をつけ、最初の「0」をとってください)までお問い合わせください。


おとなも子供も、男性も女性も楽しめるこの博物館、ハイランドへお越しのせつはぜひ一度足をお運びくださいませ。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2008年10月18日
« 前の記事「愉快なハーフマラソン「グレート・ノース・ラン」」へ
»次の記事「ピーターラビットと仲間たちの家「ヒルトップ」」 へ
おすすめ記事
    グラスゴー特派員 新着記事
    ごあいさつ
    イギリスののどかな春の野原で
    エイプリルフール史上イギリス人が最もだまされた嘘!
    グラスゴー大聖堂&聖マンゴー宗教博物館
    リバーサイドミュージアムへ行こう!
    マッキントッシュの家を訪ねて
    ウィローティールームとカーレンスキンク
    ファイブシスターズの最高峰をめざす

    イギリス 航空券情報


    イギリス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • グラスゴー特派員

      グラスゴー特派員
      ギブソンみやこ&ローランズ真弓

      ■ギブソンみやこ
      1991年より英国在住。わたしが愛してやまないイギリスの田舎歩きの魅力や楽しみをたっぷりとお届けします!
      ブログ「イギリス国際結婚あんなことこんなこと

      ■ローランズ真弓
      2005年より英国在住。赤ちゃんとのドタバタの毎日から見えてくるイギリスの生活情報をお届けします!
      環境ブログ「英国えこうぉーりあー日記

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集