海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > グラスゴー特派員ブログ > 湖水地方、詩人の愛した村グラスミア

イギリス/グラスゴー特派員ブログ ギブソンみやこ&ローランズ真弓

イギリス・グラスゴー特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2008年11月19日

湖水地方、詩人の愛した村グラスミア


メール プリント もっと見る

湖水地方、詩人の愛した村グラスミア

湖水地方に英国ロマン派の詩人ウィリアム・ワーズワースの足跡(そくせき)を訪ねて、今回は、前回の生家につづいて、ワーズワースが愛した村グラスミア(Grasmere)の風景をご紹介しようと思います。ですが、その前に、わずか8歳で母親を亡くしたワーズワースがケンブリッジ大学入学まで8年間をすごしたグラマースクールに立ち寄ってみました。


P1030599x.jpg 「ホークスヘッド・グラマースクール(Hawkshead Grammar School)」は、湖水地方の西北端コッカマス(Cockermouth)のワーズワースの生家から遠い湖水地方の中央よりわずかに南よりに位置するホークスヘッド(Hawkshead)の村にあります。ホークスヘッドと言えば、前々回、ご紹介した「ピーターラビットのおはなし」シリーズの原画が見られる「ビアトリクス・ポター・ギャラリー」がある村です。ギャラリーとグラマースクールは、徒歩ものの数分の距離にあります。


P1030600x.jpg 今は、博物館となっているグラマースクールの教室には、ワーズワースが学業に励んでいた当時の様子が再現されていて、木製の机にはワーズワースが他の子供たちが彫りつけたいたずら書きなども残っています。こちらのサイト で、グラマースクールの内部やワーズワースが下宿していたコテージがごらんになれます。


大学から湖水地方を離れたワーズワースが故郷の湖水地方に帰ってきて、居をかまえたのがグラスミアの村はずれにあるダヴ・コテージ(Dove Cottage)。


P1030784x.jpg


1799年から1808年まで暮らし、この時期に精力的に試作を行いました。わたしでも知っている「子供はおとなの父である」という有名な一節をふくむ「虹」やワーズワースの詩の中で一番有名な詩「水仙」もこの時代の作。


P1030781x.jpg 「水仙」は、ダヴ・コテージの前に立っているこの案内板によると、英語で書かれた詩の中で最も有名となってます……。(クリックしていただくと拡大画像になります)


妹ドロシーと居をかまえ、1802年には幼なじみのメリーと結婚してワーズワースが新婚時代をすごしたダヴ・コテーは一般公開されていて、ワーズワース一家が暮らした当時の部屋や家具調度類、遺品を見ることができます。また、創作活動に関する遺品、直筆の遺稿などは、ダヴ・コテージの手前チケットオフィスをはさんだ隣にあるワーズワース博物館&アートギャラリー(The Wordsworth Museum & Art Gallery)でごらんになれます。


P1030787x.jpg


ワーズワース博物館&ギャラリーでは常設展のほか特別展が開催されていて、わたしたちが訪れたときは、英国ロマン主義の代表的な画家ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー(Joseph Mallord William Turner)のターナー展が開催されていました。現在開催中の特別展については、この記事の最後にご紹介するダヴ・コテージ(Dove Cottage)およびワーズワース博物館&アートギャラリー(Dove Cottage, The Wordsworth Museum & Art Gallery)のサイトでご確認ください。


さて、ダヴ・コテージと博物館&アートギャラリーのあとは、ワーズワースがこよなく愛したグラスミアの村や丘を歩いてワーズワースの詩の中にうたわれている実際の風景をごらんになってみてください。ワーズワースの詩には不案内というわたしのような方々にも、いかにグラスミアの風景が詩人の詩情と創作意欲をかきたてたかが納得していただけるものと思います。


P1030465x.jpg


湖水地方では景観の保護に力が注がれているので、ワーズワースが暮らした当時から景観に大きな変化はないのでは。


P1030468x.jpg


まあ、交通機関は発達しましたけどね。それに、電話も……。


P1030576x.jpg


それから、世界的な観光地になっているので、お土産物屋さん、レストラン、カフェ、ホテルなども通りに軒を連ねてはいますが、村の通りをぬけて小高い丘の上へ足をのばすと、今も昔も変わらない緑豊かな風景が眼下に広がっています。


P1030706x.jpg


この画像は、ダヴ・コテージの背後の丘の中腹からのぞめる風景です。生前のワーズワースも頻繁にこの場所を訪れ、同じ風景にながめいったのではないでしょうか。


ホークスヘッド・グラマースクール(Hawkshead Grammar School)のサイト

ダヴ・コテージ(Dove Cottage)およびワーズワース博物館&ギャラリー(Dove Cottage, The Wordsworth Museum & Art Gallery)のサイト

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル 見所・観光・定番スポット
2008年11月19日
« 前の記事「湖水地方、ワーズワースの生家」へ
»次の記事「号外!スコットランドを縦横無尽に走破の旅」 へ
おすすめ記事
    グラスゴー特派員 新着記事
    ごあいさつ
    イギリスののどかな春の野原で
    エイプリルフール史上イギリス人が最もだまされた嘘!
    グラスゴー大聖堂&聖マンゴー宗教博物館
    リバーサイドミュージアムへ行こう!
    マッキントッシュの家を訪ねて
    ウィローティールームとカーレンスキンク
    ファイブシスターズの最高峰をめざす

    イギリス ツアー最安値


    2017/11/22更新

    イギリス 航空券情報


    イギリス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • グラスゴー特派員

      グラスゴー特派員
      ギブソンみやこ&ローランズ真弓

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集