海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > グラスゴー特派員ブログ > 北の天使「エンジェル・オブ・ザ・ノース」

イギリス/グラスゴー特派員ブログ ギブソンみやこ&ローランズ真弓

イギリス・グラスゴー特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2009年4月28日

北の天使「エンジェル・オブ・ザ・ノース」


メール プリント もっと見る

北の天使「エンジェル・オブ・ザ・ノース」

日本ではまだおなじみではないと思うのですが、去年、誕生から10周年を迎えた北の天使「エンジェル・オブ・ザ・ノース(Angel of the North)」、イギリスでは、北東イングランドの新名所として全国的に知られるようになりました。今日は、そのたぐい稀な巨大現代彫刻の姿を足もとから、とくとごらんいただこうと思います。


P1060871x.jpg


北の天使「エンジェル・オブ・ザ・ノース」が建っているのは、前々回ご紹介したニューキャッスル中央駅 のあるニューキャッスルに隣接するゲーツヘッド(Gateshead)市の小高い丘の上。足もとには、イングランドの首都ロンドンとスコットランドの首都エディンバラを結ぶ幹線道路A1号線(上の画像)や幹線鉄道イーストコースト本線(East Coast Main Line)が走っているので、両首都間を旅する人の目にはいやが上にも飛びこんできます。そして、それが何であるかをご存じであるかないかにかかわらず、移動中の車窓から目を離すことができなくなるのではないでしょうか。


P1060839x.jpg


はじめて目にするその立ち姿はそれほどインパクトがあると思うのです。「あれは、人か? それとも、飛行機か?」何とも言葉では形容しがたい姿を「天使(エンジェル)」と銘打ったのは、生みの親である芸術家の命名の妙。その彫刻家アントニー・ゴームリー (Antony Gormley)氏は、この北の天使「エンジェル・オブ・ザ・ノース」によって全国的に名前を知られるようになったのでした。


P1060850x.jpg


総工費100万ポンド(現在のレートで1.5億円ほど。当時のレートだと2億円以上)にものぼる建設計画が持ち上がったときから、地元では喧々諤々(けんけんがくがく)の賛否両論が戦わせられ、完成した後も、地元では評価はあまりかんばしくなかったのでしたが、何しろ高さ20メートル、幅54メートルに及ぶサイズも見た目も存在感のあるイギリス最大の現代芸術作品。ロケーションも幸いしたかとも思えるのですが、全国的に知られるようになって地元での酷評はなりをひそめ、今では、地元のシンボル的な存在と見なされるようになっています。


P1060852x.jpg


エンジェル・オブ・ザ・ノースの足もとには訪れる人々の姿が絶えることがありません。というのは、やはり人気のゆえなのか。それとも……。昨年4月、大手旅行保険会社によって行なわれたアンケート調査によると、イギリス国内で実際訪れてみてがっかりする観光名所の中で、イギリス国会議事堂ビッグベン(10位)、バッキンガム宮殿(8位)、ダイアナ妃の記念碑メモリアル・ファウンテン(5位)を差しおいて、エンジェル・オブ・ザ・ノースは、第2位に輝いたのでした。それでも、第1位の古代遺跡ストーンヘンジには及ばなかったのですけれどもね。


P1060857x.jpg


その一方で、イギリスの「イエローページ」がアンケート調査を行なった「イギリス七不思議」の中では、国会議事堂ビッグベン、ローマ遺跡ハドリアヌスの長城、複合型環境施設エデン・プロジェクト、大観覧車ロンドンアイ、英国王室の離宮ウインザー城、古代遺跡ストーンヘンジ、ヨークミンスター大聖堂に次いで、エンジェル・オブ・ザ・ノースは、第8位に選ばれています。ということは、残念ながら「イギリス七不思議」にはもれてしまったものの、やはり、エンジェル・オブ・ザ・ノース、イギリスの人々の不評ばかりではなく好評も集めているようです。


P1060858x.jpg


また、去年の秋には、全国ニュースの話題にものぼりました。イギリスの国営放送BBCの番組に、アンティークの鑑定家たちがイギリス各地を訪れて地元の人々が持ち寄ったアンティークを鑑定し、値踏みをするという息の長い人気番組があります。その「アンティーク・ロード・ショー(Antiques Roadshow)」が、去年の秋、ゲーツヘッドで収録されたのでしたが、エンジェル・オブ・ザ・ノースの作者ゴームリー氏製作による製作模型の鑑定を受けたところ、「アンティーク・ロード・ショー」の15年の歴史の中で最高値の100万ポンド(なんと本体の総工費と同額!)をつけたのでした。その製作模型はゲーツヘッド市の所有。また、ゲーツヘッド市によると、ゴームリー氏による別の製作模型は、実際に200万ポンドで買いとられたものがあったのだとか。


P1060866x.jpg


このニュースを耳にしたとき、えっ!10年前に造られたエンジェル・オブ・ザ・ノースがもうアンティーク? その上、15年に渡って「アンティーク・ロード・ショー」に持ち込まれた数々のアンティークの中で最高値って? 個人的には、首をひねることが多かったものの、どうやら、今や、北の天使「エンジェル・オブ・ザ・ノース」がイギリス全国区の観光名所としての位置を確立しているのは事実。さて、訪れてみると、がっかりしてしまうのか。それとも、その人気のほどを実感できるのか。自分の目で確かめてみようと思われる方は、以下のサイトの地図をご参照の上、A1号線からエンジェル・オブ・ザ・ノース への道路案内を見つけたら、A167号線へと車のハンドルを切ってください。


ゲーツヘッド(Gateshead)市のサイトの中の
北の天使「エンジェル・オブ・ザ・ノース」へのアクセスのページ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2009年4月28日
« 前の記事「春がほころぶイースター(復活祭)の野原で」へ
»次の記事「豚インフルエンザ」 へ
おすすめ記事
    グラスゴー特派員 新着記事
    ごあいさつ
    イギリスののどかな春の野原で
    エイプリルフール史上イギリス人が最もだまされた嘘!
    グラスゴー大聖堂&聖マンゴー宗教博物館
    リバーサイドミュージアムへ行こう!
    マッキントッシュの家を訪ねて
    ウィローティールームとカーレンスキンク
    ファイブシスターズの最高峰をめざす
    1年前の同じ月に投稿された記事
    イギリス流アロマセラピー 1
    ナローボートで運河をクルージング
    ちょっと豪華に古いお城に泊まってみるのも
    田舎のコテージに泊まってみては?

    イギリス 航空券情報


    イギリス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • グラスゴー特派員

      グラスゴー特派員
      ギブソンみやこ&ローランズ真弓

      ■ギブソンみやこ
      1991年より英国在住。わたしが愛してやまないイギリスの田舎歩きの魅力や楽しみをたっぷりとお届けします!
      ブログ「イギリス国際結婚あんなことこんなこと

      ■ローランズ真弓
      2005年より英国在住。赤ちゃんとのドタバタの毎日から見えてくるイギリスの生活情報をお届けします!
      環境ブログ「英国えこうぉーりあー日記

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集