海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > グラスゴー特派員ブログ > リンリスゴー宮殿、イングランドとスコットランドの婚...

イギリス/グラスゴー特派員ブログ ギブソンみやこ&ローランズ真弓

イギリス・グラスゴー特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2009年7月 9日

リンリスゴー宮殿、イングランドとスコットランドの婚礼パーティー 2


メール プリント もっと見る

リンリスゴー宮殿、イングランドとスコットランドの婚礼パーティー 2

エディンバラ近郊のリンリスゴーの町にメアリー女王の生まれた宮殿があるというので、じゃあ、まあ、ちょっと見に行ってみようかと出かけてきたわたしたち一家、気がついたら、1503年のリンリスゴー宮殿でスコットランド王家の婚礼パーティーに招待されていたのでした。(そこまでのお話は、こちら )


P1080422x.jpg


さて、宮殿の正門をくぐり、宮殿の敷地内に足を踏み入れてみると……。


IMG_0765x.jpg


宮殿わきのリンリスゴー湖(Linlithgow Loch)を見下ろす高台の上に、パレードの一行が勢ぞろい。招待客たちの入場を待って、一行は、湖畔の競技場へとしずしずと歩みを進めていったのでありました。


P1080257a.jpg


ところで、この婚礼パーティーは、手前の馬上の方、スコットランド王のジェームズ4世と、後方の馬上の淑女、イングランド王ヘンリー7世の娘マーガレット・チューダー(Margaret Tudor)の婚礼(結婚式は、エディンバラにあるホリールード寺院で挙げられたのだそうです)をお祝いする祝宴です。


この宮殿で生まれたスコットランドのメアリー女王は、この新郎ジェームズ4世の孫にあたります。また、新婦マーガレット・チューダーは、エリザベス1世の父親ヘンリー8世の姉なので、エリザベス1世からすると伯母にあたります。つまり、メアリーはこの新郎新婦の孫で、エリザベスは姪。この婚姻によって、メアリー女王とエリザベス1世に血縁関係が生まれ、2人はイングランドの王位を争うことになったのでした。


IMG_0784x.jpg


イングランドの王位争いにはエリザベス1世が勝ち、スコットランドの王位をも追われたメアリー女王は、今度はエリザベス1世を頼ってイングランドに逃れるのですが、エリザベス1世によってイングランド各地で幽閉され、その後も、イングランドの王位につこうと陰謀を企てたために、ついにはエリザベス1世によって処刑されてしまいます。


IMG_0785x.jpg


ところが、2人の因縁はそれで決着をみたわけではありませんでした。「バージン・クィーン」とも呼ばれ、一生結婚しなかったエリザベス1世には、当然のことながら子供はなく、エリザベス1世を最後にイングランドのチューダー朝は途絶えてしまうのです。そこで、死の床にある女王は次の王を指名するのですが、エリザベス1世が指名したのは、チューダー王家の血を引き、自分が名づけ親でもあるメアリー女王の息子ジェームズ・スチュアートだったのでした。メアリー女王の廃位後、スコットランド王となっていたジェームズ6世が、イングランド王としてはジェームズ1世として即位したのです。こうして、スコットランドの王家スチュアート家の王がイングランドの王も兼ねるスチュアート朝が開かれることになったのでした。


つまり、このスコットランドとイングランドの歴史的な大事件を引きおこすきっかけとなったのが、今回のリンリスゴー宮殿での婚礼パーティーの主役の新郎新婦だったというわけなのです。


IMG_0787a.jpg


馬上の騎士たちは、スコットランドの有力氏族のつわものたち。赤字に黄色い星は、スコットランド南部から北イングランドに勢力を持っていたダグラス家(Douglas)。赤字に黒と白の格子模様の楯(たて)は、スコットランド北部に勢力をはるリンゼー家(Lindsay)。5弁の花びらのような紋章は、王家とも血縁関係にあるハミルトン家(Hamilton)。黒と黄色に塗り分けられているのは、スコットランドの山岳地帯の有力氏族キャンベル家(Campbell)。(キャンベル家は、こちらのお城 の城主です)


これらの有力氏族の騎士たちが湖畔の競技場にたどり着くと、王族貴族方や多くの見物人に見守られ、馬上槍(やり)試合がはじまりました。(大きな画像でごらんになりたい場合は、画像をクリックしてください)


IMG_0792a.jpg


IMG_0806a.jpg


IMG_0808a.jpg


IMG_0820a.jpg


そのあとは、鷹匠(たかしょう)による鷹狩りの実演。


P1080296a.jpg


競技場の背後に建てられているテントでは、16世紀当時の暮らしや戦闘に用いられた品々の展示や実演が行なわれていました。


IMG_0804a.jpg


P1080280a.jpg


P1080279a.jpg


IMG_0795a.jpg


P1080290a.jpg


P1080281a.jpg こちら、錬金術師。


このあと、弓の競技会や、長剣、斧(おの)などの競技会もあるらしいのですが、そろそろ王様方ご一行は競技場を後にして宮殿へ入場されるとのこと。というわけで、わたしたちも、宮殿内へと向かうことにしたのでした。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2009年7月 9日
« 前の記事「リンリスゴー宮殿、イングランドとスコットランドの婚礼パーティー 1」へ
»次の記事「リンリスゴー宮殿、イングランドとスコットランドの婚礼パーティー 3」 へ
おすすめ記事
    グラスゴー特派員 新着記事
    ごあいさつ
    イギリスののどかな春の野原で
    エイプリルフール史上イギリス人が最もだまされた嘘!
    グラスゴー大聖堂&聖マンゴー宗教博物館
    リバーサイドミュージアムへ行こう!
    マッキントッシュの家を訪ねて
    ウィローティールームとカーレンスキンク
    ファイブシスターズの最高峰をめざす
    1年前の同じ月に投稿された記事
    イギリスの田舎歩き、こんなものには要注意!
    街の公園散策ローズガーデンとリス
    現代の暖炉を求めて
    好奇心旺盛な牛たち

    イギリス ツアー最安値


    2017/11/21更新

    イギリス 航空券情報


    イギリス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • グラスゴー特派員

      グラスゴー特派員
      ギブソンみやこ&ローランズ真弓

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集