海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > グラスゴー特派員ブログ > ビートルズゆかりのリバプール芸術大学で日本女性が演...

イギリス/グラスゴー特派員ブログ ギブソンみやこ&ローランズ真弓

イギリス・グラスゴー特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年8月28日

ビートルズゆかりのリバプール芸術大学で日本女性が演劇をプロデュース


メール プリント もっと見る

ビートルズゆかりのリバプール芸術大学で日本女性が演劇をプロデュース

リバプールと言えば、ビートルズ。そのリバプールに、ビートルズのメンバーだったポール・マッカートニーさんが創設者の一人に名前を連ねる芸術大学があることはあまり知られていないかもしれません。しかも、演劇やダンス、ミュージックなどのコースを持つこのリバプール芸術大学(The Liverpool Institute for Performing Arts)の校舎は、ポール・マッカートニーさんが通っていた高校の母校の校舎なのです。


Picture1x.jpgリバプール芸術大学(The Liverpool Institute for Performing Arts)、略して「LIPA」の正門

リバプール芸術大学の創設は1996年ととても若い大学ですが、現在、イギリス国内のみならず海外からやってきた熱心な学生たちが演劇や音楽を学んでいます。そんな留学生たちの中に、日本からやって来て演劇公演を企画、プロデュースし、演出も行っている日本女性がいます。今回は、その日本人女性、鈴木智子さんの精力的な活動ぶりを、智子さん自身のレポートでご紹介します。


はじめまして。イギリスに来て3年。それは、「演劇をイギリスで勉強したい」。ただ、そんな単純な理由だった。「演劇」というものにどんな広がりをイギリスは持ってるのか、それを知りたかった。そしてそれが、Community Drama(社会演劇)という分野だった。


リバプール芸術大学、通称リパ(LIPA)のCommunity Drama (コミュニティードラマコース)に通って3年目の卒業公演、New Year at the Yamamura's(二ューイヤーズ・アット・ザ・ヤマムラ)が、2010年4月22日と24日に、私、鈴木智子(すずきともこ)が企画運営、そして演出で、ザ・ブラッキー(The Black-E)とLIPAにて公演され、結果100名の集客を得ることが出来た


Picture2x.jpgLIPAの小劇場舞台;おみねがお金を盗むシーン 


このお話は、樋口一葉の「おおつごもり」をもとにして作られた話で、対象は客・役者とも、一般のリバプール市民。ウェブサイトを通じて一般公募した4人の役者と、そして私の協力者であるロクサン、舞台芸術を担当してくれたリチャード、メイクを担当してくれたレイチェル、そして、日本から交換留学で来ていた日本人3人のミュージシャンを含めた計12人で、この企画ははじまった。


Picture3x.jpgザ・ブラッキー;広々としたワークショップスペースを舞台として使用


Picture4x.jpgフリーズシーン;山村婦人が金庫を開ける


シナリオは、最初、「おおつごもり」のあらすじを5つのシーンにわけて、3~5行づつくらいに書いたものを役者に渡し、そこから、自分たちで各シーンごとに即興で演じてもらい、そのプロセスをすべて録音し、役者が使ったせりふをそのまま台本に載せていくというスタイルをとった。


Picture5x.jpgベギング(Begging)シーン;山村婦人とその娘にいじめられるおみね


このやり方は、非常にめずらしいものだが、「役者とともに作り上げる芝居」にこだわりがあった私は、このプロセスをあえて使ったとも言える。そうして出来た台本は、協力者であるロクサンが手直しを加え、よりちゃんとした60分の台本になった。


日本人の3人のミュージシャンたちは、当日舞台の上で直接演奏してもらうことになっていたため、稽古にも一緒に参加してもらい、結果彼らの手で5つの曲を編曲・作曲してもらって、それらは本当にすばらしいものだった。


Picture6x.jpg 3人の日本人ミュージシャン;英語を勉強しに留学中だったが、今は全員帰国


このお話、「おおつごもり」の、翻訳本を手にすることがすぐに出来なかった私は、日英翻訳家志望の日本語学部を卒業したての学生に翻訳を頼み、彼の貢献も非常に大きい。


Picture7x.jpgおみねと石之助;右横にいるのは私(さん子)


この芝居でおもしろいところは、イギリス人が着物を着て演じていても、せりふ自体は英語だし、彼らの振る舞いも日本人らしくしているということはない点だ。たとえば誰かと会うときは抱き合ったり(ハグ)、お辞儀をしない、などだ。ただ、着物を着ている以上、食べる時、歩く時などは日本人「ぽく」ならざるを得ない場合もあり、基本役者には、自分の普段の振る舞いを意識して着物になじんでほしい、と演出した。 


Picture8x.jpg久しぶりに会う親戚とハグをするおみね


たとえば想像してみてほしい。日本人が西洋の服を着てあちらの物語を演じている舞台だと、必ず「ハグ;抱き合い」が生じる。それは明らかに日本人の日常では起こりえない行為だ。 私はそんな演出にいつも「違和感」を感じていた。なぜ、日本人が演じているのに、西洋人「ぽく」振舞っているのだろう、と。日本人が普段行う振る舞いで、イギリスや海外の話をもとにした舞台はないのだろうか?そうすれば、私が感じるような「違和感」は消えてくれるのに。


Picture9x.jpgザ・ブラッキーにて公演開始直前。エイエイオー!


この考えが私の最初のアイデアだった。


結果、この公演で、その「違和感」がどれだけ解消されたかは観た観客それぞれが感じるべきところなので、私にはわからない。が、この物語が持つ「おもしろさ」というのを、ストレートにお客さんに伝えることが出来たのではないか、そして、ひとりひとりのキャラクターにお客さんたちが自分を素直に投影出来たのは、間違いないのではないかと、そう思える。


そして、また、私の大好きな「樋口一葉」の物語を、ここリバプールの人たちに紹介できたことは、この上ない幸せだ。今、わたし・ロクサン、そして、リチャードが、Roxoko Theatre(Roxoko劇団)のコアメンバーとして次なるプロジェクトへ準備を進めている。次の公演は、3月か4月頃と見込んでいる・・・。


Picture10x.jpgザ・ブラッキーでの公演チラシ


私たちRoxoko Theatreは、「コミュニティーのための演劇」をコンセプトとしているので、誰もが参加できる、でもそこで何かを学べ、また自分の才能を試し、成長させることが出来る団体として、運営している。まだできたてほやほやの劇団で、どこへ行けばよいのか右往左往だが、それでも前に進む、それが私たちだ。


Picture11x.jpgパンフレットのキャストのページ


留学前、イギリスで「劇団」を作って、それを日本に持ち帰りたい!!!
なんという無謀な夢を描いて飛立ったことか・・・ただ、案外それも、夢ではなくなりそうな予感もする。 どうなることやら、でも、誰もが参加できる演劇、誰もが楽しめる演劇、誰もが試せる演劇・・・これが私の目指す、「演劇」だ。


智子さんの取り組みや今後の進展、毎日の生活の様子などをもっと詳しく知りたいと思われる方は、ぜひ智子さんのブログを訪れてみてください。また、リバプール芸術大学(Liverpool Institute for Performing Arts)やコースの詳細について興味のある方は、下記の大学のサイトをご覧ください。


智子さんのブログ「U.K 演劇の広がりを知る/Experimental Life」


リバプール芸術大学(The Liverpool Institute for Performing Arts)のサイト


*イギリスの地域別の目次を作ってみました。イギリス国内の特定の地域の記事を見つけたいときに、【イギリス地域別ブログ目次】 をご利用ください。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術
2010年8月28日
« 前の記事「難攻不落の要塞フォートジョージ」へ
»次の記事「湖水地方の羊たちハードウィックシープ」 へ
おすすめ記事
    グラスゴー特派員 新着記事
    ごあいさつ
    イギリスののどかな春の野原で
    エイプリルフール史上イギリス人が最もだまされた嘘!
    グラスゴー大聖堂&聖マンゴー宗教博物館
    リバーサイドミュージアムへ行こう!
    マッキントッシュの家を訪ねて
    ウィローティールームとカーレンスキンク
    ファイブシスターズの最高峰をめざす
    1年前の同じ月に投稿された記事
    若い恋人たちのかけ落ちの名所グレトナグリーン
    イギリス最大のリゾート地ブラックプール
    イギリスのバカンスの過ごし方、湖水地方より
    イギリスのバカンスの過ごし方

    イギリス 航空券情報


    イギリス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • グラスゴー特派員

      グラスゴー特派員
      ギブソンみやこ&ローランズ真弓

      ■ギブソンみやこ
      1991年より英国在住。わたしが愛してやまないイギリスの田舎歩きの魅力や楽しみをたっぷりとお届けします!
      ブログ「イギリス国際結婚あんなことこんなこと

      ■ローランズ真弓
      2005年より英国在住。赤ちゃんとのドタバタの毎日から見えてくるイギリスの生活情報をお届けします!
      環境ブログ「英国えこうぉーりあー日記

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集