海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > グラスゴー特派員ブログ > パメラさんの元祖スコティッシュスコーン

イギリス/グラスゴー特派員ブログ ギブソンみやこ&ローランズ真弓

イギリス・グラスゴー特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年10月31日

パメラさんの元祖スコティッシュスコーン


メール プリント もっと見る

パメラさんの元祖スコティッシュスコーン

スコーンの発祥の地をご存じですか? イングリッシュスコーンと呼ばれたり、イングランドはデヴォン州産のクロテッドクリームといっしょに食べられたりするのでイングランドだと思われがちのような気がするのですが、実は、スコーン発祥の地はスコットランドなのです。今回、スコットランドのハイランド地方へ行った際に、前回のブログ記事のエレンドナン城ゆかりの氏族マクレーの流れをくむ生粋のハイランド淑女パメラ・マクレーさんにお手製のスコーンをご馳走になり、レシピを教えてもらいました。


P1130531z.jpg


こちら、パメラさんのレシピで焼いた自作のスコーン。今日は、そのレシピをご紹介します。みなさんも元祖スコティッシュスコーンを作って味わってみられてはいかがでしょうか?


[材料]
セルフライジングフラワー(self raising flour) 16オンス(約453.6g)
カスターシュガー(caster sager) 2オンス(約56.7g)
ベーキングパウダー 小さじ2
塩  ひとつまみ
無塩マーガリン 3.5オンス (約99.225g)
溶き玉子 1個分
牛乳  適量


[補足]
セルフライジングフラワー(self raising flour) 
ベーキングパウダーの入った薄力粉のこと。イギリスの一般的な薄力粉は日本では中力粉なので、強力粉と薄力粉を半分ずつまぜ、ベーキングパウダーを少量追加します。

カスターシュガー(caster sager) 
製菓用の粒の細かいグラニュー糖。グラニュー糖だと粒が大きくて溶け残って茶色い斑点として焼きあがることがあるのです。上白糖を使うか、グラニュー糖をすりこ木などで細かく擦るという手もあります。または、グラニュー糖を使った場合でも、生地を数時間から一晩寝かせると砂糖の粒が溶けます。


[手順]
1. 薄力粉、塩、ベーキングパウダー、カスターシュガーを大きなボウルの中へふるい入れる。


2.  ボウルに無塩マーガリンを加え、細かくボロボロになるまで指先で粉類ともみ合わせる。


3.  ボウルの中央に穴を作り、溶き玉子と牛乳を少し加えてナイフ(包丁ではなく食事に使うナイフだと思います)でまぜる。さらに、生地が固すぎず、やわらかすぎない状態になるまで少しずつ牛乳を加えながらまぜる。


4. 粉をふった台の上に生地をとり出し、粉をはたいた手でのしては折るを3回くり返す。生地はできるだけこねないように。


5. 生地に粉をふり、2分の1から4分の3インチ(12.7~19mm)の高さになるように手のひらで生地を平らにならす。


6. 型抜きで丸く生地を抜き、粉をふったベーキングトレーにのせる。


7. 200度にあたためたオーブンで10分ほどほどよい焼き色がつくまで焼く。


8. ラックの上に敷いた布巾の上に焼きあがったスコーンをのせ、上からも布巾をかけて冷めるまでおく。


 2オンスのカスターシュガーの代わりにサルタナレーズン2~3オンス(約56.7~85.05g)、または、おろしチーズ3~4オンス(約85.05~113.4g)を加えてもいい。


[補足]わたしは、ふだん320gの小麦粉でスコーンを焼き、200mlの牛乳を加えるので、パメラさんの分量の3分の2の分量で作り、牛乳と玉子を合わせて200mlで焼いてみました。


P1130539z.jpg


パメラさんにご馳走になったスコーン、ほんのりまろやかな風味があるのです。実は、それがどうしてなのか知りたくてパメラさんにレシピを教えてもらったわけなのでした。ふだんわたしの焼くスコーン と比べてみると、パメラさんのスコーン、手順はほぼ同じですが、材料に玉子が入っています。うん。たぶん、玉子がそのまろやかな風味をそえているのではないかと思います。どちらのスコーンが好みかと聞かれると、「どっちも~!」と、わが家では全員の意見が一致しました。玉子のまろやか風味のスコーンもいつものあっさりスコーンにも、それぞれに捨てがたい味わいがあるのです。スコットランド生まれの素朴なお菓子スコーン、と言うか素朴でシンプルな材料のみを使っているからこそ素材ひとつひとつの持ち味がいきているのでしょうね。


今回の記事は、ギブソンみやこがお届けしました。執筆者別に記事をご覧になりたい場合は、以下のリンクより執筆者別目次のページをご利用ください。ギブソンみやこによる記事の目次はこちら 。ローランズ真弓による記事の目次はこちら 。ところで、新しいブログをはじめました。もしよろしかったら、こちら からご覧になってみてください。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2013年10月31日
« 前の記事「スコットランド魅惑の名城アイリーンドナン城」へ
»次の記事「簡単!ぱっくり腹われスコーンの焼き方」 へ
おすすめ記事
    グラスゴー特派員 新着記事
    ごあいさつ
    イギリスののどかな春の野原で
    エイプリルフール史上イギリス人が最もだまされた嘘!
    グラスゴー大聖堂&聖マンゴー宗教博物館
    リバーサイドミュージアムへ行こう!
    マッキントッシュの家を訪ねて
    ウィローティールームとカーレンスキンク
    ファイブシスターズの最高峰をめざす
    1年前の同じ月に投稿された記事
    スカイ島ドライブとオールドマンオブストア
    スコットランドの小悪魔たちの来襲にもめげず

    イギリス 航空券情報


    イギリス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • グラスゴー特派員

      グラスゴー特派員
      ギブソンみやこ&ローランズ真弓

      ■ギブソンみやこ
      1991年より英国在住。わたしが愛してやまないイギリスの田舎歩きの魅力や楽しみをたっぷりとお届けします!
      ブログ「イギリス国際結婚あんなことこんなこと

      ■ローランズ真弓
      2005年より英国在住。赤ちゃんとのドタバタの毎日から見えてくるイギリスの生活情報をお届けします!
      環境ブログ「英国えこうぉーりあー日記

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集