海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > グラスゴー特派員ブログ > ウィローティールームとカーレンスキンク

イギリス/グラスゴー特派員ブログ ギブソンみやこ&ローランズ真弓

イギリス・グラスゴー特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年1月19日

ウィローティールームとカーレンスキンク


ウィローティールームとカーレンスキンク

グラスゴー出身の建築家&デザイナー、チャールズ・レニー・マキントッシュがインテリアデザインを手がけたことで知られるウィローティールーム。


P1140476z.jpg


そのメニュー をのぞいていたところ、食べものに関しては目ざといわたしの目に、「Cullen Skink served with Rustic Seeded Roll」という何とも魅力的なメニューが飛び込んできたのでした。


P1140478z.jpg


Cullen Skink(カーレンスキンク)」とは地元スコットランドの郷土料理のひとつ、燻製のハドック(タラの一種)とじゃがいものスープ。「Rustic Seeded Roll」って種子類が焼きこまれているリュスティック(Rustic)なのじゃあ? 近ごろのわが家のブームは、まさにリュスティックとスープ の組み合わせ。こりゃあ、一度試してみなければと、


P1140492z.jpg


やって来ましたウィローティールーム。


P1140493z.jpg


一階はギフトショップになっていて、


P1140490z.jpg


階段をあがっていくと......


P1140479z.jpg


百年ばかり時間をさかのぼったかのようなティールームが迎え入れてくれたのでした。


P1140487z.jpg


メニューをひろげ、躊躇なく注文したのは、「Cullen Skink served with Rustic Seeded Roll」


P1140484z.jpg


カーレンスキンクは舌触りなめらかでクリーミー。なのに乳製品のくさみはまったくなく主役の燻製ハドックとじゃがいもの味が活きてます。リークとベーコンも入っていました。リュスティックは日本でリュスティックと呼ばれているフランスパンの一種ではなく、やわらかなパン生地のテーブルロールでした。イギリスのパンにしては珍しくきめ細やかでしっとり。トッピングされている種子類はヒマワリ、ゴマ、ポピーシード、それに、フェンネルシードが独特の芳香をそえています。カーレンスキンクもリュスティックもウィローティールームの雰囲気に負けず劣らずの洗練されたお味に大満足。ウィローティールームを再訪することがあったらリピートしたいなと思ってます。


ちなみに、このウィローティールーム、グラスゴーの街に2店舗お店をかまえています。今回訪れたのは1903年にオープンしたオリジナルのお店、


P1140476z.jpg
217 Sauchiehall Street, Glasgow, G2 3EX
月曜日‐土曜日 9am-5pm
日曜日・祝祭日 11am-5pm


そして、もう一店舗はグラスゴーの目抜き通りブキャナン・ストリートにあります。


P1140473z.jpg
97 Buchanan Street, Glasgow, G1 3HF
月曜日‐土曜日 9am-5pm
日曜日・祝祭日 11am-5pm


アクセスがいいのは、こちらの方かも。それぞれのお店の詳細については以下のウィローティールームのサイトをご覧ください。http://www.willowtearooms.co.uk/


今回の記事は、ギブソンみやこがお届けしました。執筆者別に記事をご覧になりたい場合は、以下のリンクより執筆者別目次のページをご利用ください。ギブソンみやこによる記事の目次はこちら 。ローランズ真弓による記事の目次はこちら 。ところで、新しいブログをはじめました。もしよろしかったら、こちら からご覧になってみてください。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2014年1月19日
« 前の記事「ファイブシスターズの最高峰をめざす」へ
»次の記事「マッキントッシュの家を訪ねて」 へ
グラスゴー特派員 新着記事
ごあいさつ
イギリスののどかな春の野原で
エイプリルフール史上イギリス人が最もだまされた嘘!
グラスゴー大聖堂&聖マンゴー宗教博物館
リバーサイドミュージアムへ行こう!
マッキントッシュの家を訪ねて
ウィローティールームとカーレンスキンク
ファイブシスターズの最高峰をめざす
1年前の同じ月に投稿された記事
エディンバラで日本人旅行者を標的にした詐欺事件
後悔しない大英博物館の歩き方
イギリスの近現代美術散歩はテートモダンで

イギリス ツアー最安値


2020/3/31更新

イギリス 航空券情報


イギリス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • グラスゴー特派員

    グラスゴー特派員
    ギブソンみやこ&ローランズ真弓

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集