海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > グラスゴー特派員ブログ > グラスゴー大聖堂&聖マンゴー宗教博物館

イギリス/グラスゴー特派員ブログ ギブソンみやこ&ローランズ真弓

イギリス・グラスゴー特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年2月25日

グラスゴー大聖堂&聖マンゴー宗教博物館


メール プリント もっと見る

グラスゴー大聖堂&聖マンゴー宗教博物館

短い冬の日が傾こうとするのと競い合うかのようにグラスゴーの街の中心から東へ足をのばしました。正面に見えてきたのが目的地のグラスゴー大聖堂(Glasgow Cathedral)。


P1140512z.jpg


ですが、まずは、大聖堂広場キャセードラルスクエアをへだてたこちらの博物館へ。


P1140516z.jpg


聖マンゴー宗教博物館(St Mungo Museum of Religious Life and Art)。こちらは大聖堂側の入り口で、道路に面した反対側にも入り口があります。6世紀に生まれた聖マンゴー(Saint Mungo)は、グラスゴーの街と大聖堂の礎を築いたグラスゴーの守護聖人です。


P1140510z.jpg


博物館内には、地元スコットランドにとどまらず世界各地のさまざまな宗教や宗教美術、宗教が人々の暮らしに果たしてきた役割などを知ることのできる4つのギャラリーがあります。


P1140507z.jpg


その中で、ふと目にとまったのは、こちら。


P1140508z.jpg


なぜ......。


P1140503z.jpg


と思って説明に目を通してみると、お内裏さまとその奥方、つまり、日本のエンペラーとエンペレスは、その昔、神として拝められていたとのこと。なるほど。だから宗教博物館に展示されているってわけなのですね。しかし、こんなところで懐かしいお雛さまに出会えるとは。博物館でよく見かける日本の展示物って、多くの場合、ヨロイカブトにネツケって感じですからねえ。高貴にして何ともおだやかなおもざしのお雛さまに、ほっと心がなごむようでした。


さて、マンゴー博物館を一巡したあとは、お目当てのグラスゴー大聖堂へ。


P1140519z.jpg
礎を築いたのは聖マンゴーですが、グラスゴー大聖堂の建物自体は12世紀から建造がはじまりました。


P1140527z.jpg


スコットランドのゴシック建築の好例とされ、


P1140528z.jpg


スコットランドの島々をのぞくメインランドの大聖堂としては、唯一、宗教改革を生きのびたこの大聖堂。


P1140541z.jpg


随所にその古さをうかがい知ることができます。


P1140531z.jpg


イギリスの大学では4番め、スコットランドでは2番めに古いグラスゴー大学 もこの大聖堂に併設されたのがはじまりなのだそうです。


P1140533z.jpg


さらに、地下へ。


P1140538z.jpg


薄暗い地階には、聖マンゴーの墓石が安置されています。


P1140537z.jpg


再び地上へ石段をのぼっていくと、


P1140544z.jpg


まばゆいばかりにお日さまの光があふれていて......。この場所が神の国へと導いてくれる
地上の入り口だと信じられたこともうなずけるような気がするのでした。


大聖堂を出ると、


P1140547z.jpg


東の高台に望めるのは、ビクトリア朝時代に造られたグラスゴーの共同墓地ネクロポリス(The Glasgow Necropolis)。3,500におよぶモニュメントの地下には5万人の人々が永眠しているとのこと。時間があったら見て回りたかったのですが、遠めにながめてグラスゴー大聖堂をあとにしました。


グラスゴー大聖堂 (Glasgow Cathedral)
Castle Street, Glasgow, G4
4月-9月
月曜日-土曜日:9:30-5:30pm
日曜日:1pm-5pm
10月-3月
月曜日-土曜日:9:30-5:30pm
日曜日:1pm-4:30pm
TEL.:0141 552 8198
サイト:http://www.glasgowcathedral.org/


聖マンゴー宗教博物館 (St Mungo Museum of Religious Life and Art)
2 Castle Street, Glasgow G4 0RH
月曜日:閉館
火曜日-木曜日:10am-5pm
金曜日:11am-5pm
土曜日:10am-5pm
日曜日:11am-5pm
TEL.:0141 276 1625
サイト:http://www.glasgowlife.org.uk/museums/st-mungos/Pages/default.aspx


今回の記事は、ギブソンみやこがお届けしました。執筆者別に記事をご覧になりたい場合は、以下のリンクより執筆者別目次のページをご利用ください。ギブソンみやこによる記事の目次はこちら 。ローランズ真弓による記事の目次はこちら 。ところで、新しいブログをはじめました。もしよろしかったら、こちら からご覧になってみてください。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術 見所・観光・定番スポット
2014年2月25日
« 前の記事「リバーサイドミュージアムへ行こう!」へ
»次の記事「エイプリルフール史上イギリス人が最もだまされた嘘!」 へ
おすすめ記事
    グラスゴー特派員 新着記事
    ごあいさつ
    イギリスののどかな春の野原で
    エイプリルフール史上イギリス人が最もだまされた嘘!
    グラスゴー大聖堂&聖マンゴー宗教博物館
    リバーサイドミュージアムへ行こう!
    マッキントッシュの家を訪ねて
    ウィローティールームとカーレンスキンク
    ファイブシスターズの最高峰をめざす
    1年前の同じ月に投稿された記事
    アンディさん、そのリュックの中身のぞかせて
    スコットランド、グレンコーの冬山登山

    イギリス 航空券情報


    イギリス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • グラスゴー特派員

      グラスゴー特派員
      ギブソンみやこ&ローランズ真弓

      ■ギブソンみやこ
      1991年より英国在住。わたしが愛してやまないイギリスの田舎歩きの魅力や楽しみをたっぷりとお届けします!
      ブログ「イギリス国際結婚あんなことこんなこと

      ■ローランズ真弓
      2005年より英国在住。赤ちゃんとのドタバタの毎日から見えてくるイギリスの生活情報をお届けします!
      環境ブログ「英国えこうぉーりあー日記

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集