海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > グアダラハラ特派員ブログ > メキシコという国

メキシコ/グアダラハラ特派員ブログ naomi

メキシコ・グアダラハラ特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年7月31日

メキシコという国


メール プリント もっと見る

メキシコという国

ご存知の通り、メキシコはとても自然が豊かな国です。
ジャングル地帯もあるし、北部の乾燥地帯も、世界有数のビーチリゾート地もあります。
歴史もあるし、遺跡もたくさん、料理はおいしいし、ビールやワインもおいしい。
インディヘナが生み出す作品はメキシコらしくカラフルでとても美しく、日本でも人気です。
それに何より、フレンドリーな国民性。

私も縁があってメキシコに住んでいるので、メキシコのことをもっとよく知ってもらいたいと思うし、来てもらいたいなぁと思っています。

でも、、、、
やはりネックになるのがメキシコの治安問題。
他の国のようにスリや強盗、車上荒らし、詐欺等はもちろんですが、メキシコの問題は何よりマフィアと警察機関だと思います。

メキシコ人は他の国でも同じだろうとよく言うし、マフィアもマフィア同士でやりやってるだけだから大丈夫だと言います。でも、そんなことはありません。
今までマフィアの闘争に巻き込まれ、銃弾や爆弾でなくなった方が何百人、何千人といることでしょう。
マフィアによる頭部を切り落とされた残忍な大量殺人事件も一度や二度ではありません。

そしてそれを正しく報道しようとした正義感と勇気をもったジャーナリストやその家族が報復のためどれだけ殺されたか・・・
メキシコはジャーナリストにとって危険な国ランキングでも上位に載っているそうです。

信用できない警察。
警察もマフィアと癒着していることが多いし、メキシコで事件が明るみにでない率(本来刑務所に送られるべき犯人が逃れている率)はなんと98%だそうです。
もうほぼ100%という信じがたい数字が出されています。
適当な無実の人を犯人に仕立て上げて刑務所に送り、事件を解決させるという故意の冤罪事件の噂もよく聞きます。

メキシコは世界一の富豪がいる国でもあり、労働人口の80%が低所得層というものすごく貧富の激しい国でもあるので、日本円でたった数万円で簡単に依頼されて人を誘拐したり、殺したりする人がいます。

ここ比較的安全だと言われているグアダラハラでも、先日郊外の森でマフィアの子供をいじめていた少年2人が生き埋めにされたという事件がありました。


メキシコの悪いイメージを植え付けるのがこのブログの目的ではなく、こんなステキな国で安全に楽しく過ごしてもらうために、あらかじめ知っておいていただきたいと思い書いています。
危ないと言われている地域には近づかず、目立たないように、メキシコを満喫してください。
私も移住してから危険な目に遭ったことはありませんが、日々防犯意識は高く持つようにしています。


(7月お題"旅行する前に知っておいた方が良いこと")

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ
2013年7月31日
« 前の記事「グランプラサに観覧車登場!!」へ
»次の記事「Farmers Market in Andares」 へ
おすすめ記事
    グアダラハラ特派員 新着記事
    クリスマス気分のセントロ
    FIL(本の国際展示会)
    Buen Fin!! (Black Friday)
    死者の日のパン
    アンダレスのファーマーズマーケット
    10月27日から冬時間の始まり
    勝手にグラダラハラNo.1のシャーベット決定!!!
    お持ち帰りのススメ
    1年前の同じ月に投稿された記事
    Mariscos!
    メキシコおすすめのお土産
    メキシコの選挙の実態
    この夏のおすすめイベント
    7/1 大統領選挙に向けて・・・

    メキシコ ツアー最安値


    2017/12/10更新

    メキシコ 航空券情報


    メキシコ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■メキシコの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中南米にもどる

    地球の歩き方Web特派員募集