海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > リゾート  > タモン(グアム)特派員ブログ > グアムがモチーフの25セント硬貨

グアム/タモン(グアム)特派員ブログ 旧特派員 鶴賀 奈穂乃

グアム・タモン(グアム)特派員が現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2009年7月12日

グアムがモチーフの25セント硬貨


グアムがモチーフの25セント硬貨

Guam.jpg

とうとうグアムがモチーフになった25セント硬貨が発行されました!

アメリカの硬貨で日本の500円玉のように大きなコインが“Quarter(クオーター)”と呼ばれる25セント硬貨。“Quater(クオーター)”とは4分の1という意味なので、1ドルの4分の1で、25セントです。

この“アメリカ合衆国50州記念25セント硬貨プログラム ”は1999年に始まり、アメリカ50州のうち、毎年5州ずつ、それぞれの州にちなんだデザインが施されたコインが発行されていました。そして11年目の今年、とうとうアメリカの準州の硬貨も発行されることになったわけです!!


Guam Quarter(グアム・クオーター)のデザインの表側は現在一般的に流通している25セント硬貨と同じで、合衆国初代大統領のジョージ・ワシントンが描かれた“Washington Quarter(ワシントン・クォーター)”と呼ばれているもの。そして肝心な裏側がグアムをモチーフにしています。

グアムの島の形と、“Flying Proa(フライング・プロア)”と呼ばれる、古代チャモロ人にとっていのちの次に大切といわれたヨット、そして古代の家屋の土台とか、宗教上のモチーフといわれる“Latte Stone(ラッテ・ストーン)”がデザインされています。そして"Guåhan Tånó I Man Chamorro (グアム−チャモロ人の土地)”という一文が彫られています。

このプログラムのコインは一般に流通することを目的に作られたものなので、いつかこのコインが私のところにやってくることもあるかなぁと待っているのですが、割高だけれどグアムのおみやげに購入したいという方は、こちらのウェブサイト や、グアムのショップでも見つけられるそうですよ。

Andy's Watch Shop(アンディーズ・ウォッチ・ショップ)
tel:+1-671-477-2355
open:月〜土 10時から18時(日曜日定休)

↑Hagatna(アガーニャ)のBank of Guam(バンク・オブ・グアム)の近くのようです。

よかったら旅の思い出に集めてみてくださいね!!

ちなみに、集めたコインを保存するためのコレクション・ブックやホルダーもたくさんあります!
こんなサイト を見てみるだけでも楽しいかも♪

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー
2009年7月12日
« 前の記事「グアムで卵料理を頼んでみましょう♪」へ
»次の記事「グアムの最近のお天気」 へ
おすすめ記事
    タモン(グアム)特派員 新着記事
    Carabaos on Vacation カラバオを探して!
    5月のお題①"スタジアム"で4年に一度の祭典が行なわれています⭐︎
    4月お題② これって何の"交通標識"?!
    Guam・We're #1(グアム・ウィー アー ナンバーワン)その①
    4月のお題① "旬の野菜"いろいろ
    熊本県熊本地方を震源とする地震により被害に遭われた皆様へ
    Happy Siblings Day♡(ハッピー シブリングス デー)
    ご心配をおかけしました

    グアム ツアー最安値


    2018/12/14更新

    グアム 航空券情報


    グアム旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■グアムの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    リゾートにもどる

    地球の歩き方Web特派員募集