海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > リゾート  > タモン(グアム)特派員ブログ > グアムの9/11

グアム/タモン(グアム)特派員ブログ 旧特派員 鶴賀 奈穂乃

グアム・タモン(グアム)特派員が現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2009年9月15日

グアムの9/11


グアムの9/11

9110.jpg
世界中が震撼した9/11から丸8年が経ちました。
グアムでも、当時の被害者の方々の死を悼んで、各地でセレモニーが行われました。



グアム知事Felix Camacho(フェリックス・カマチョ)氏は追悼式で、"I Remember, I Serve(私は忘れない。私は奉仕する。)" と宣言し、あの惨劇を忘れず、2度と同じことが繰り返されないように奉仕することを約束しました。

9112.jpg
グアム消防局は、崩壊するワールド・トレード・センターに果敢に飛び込み、少しでも多くの被害者を助け出そうと懸命に救助活動に当たった当時の勇敢な消防士の方々へ尊敬と追悼の意を表し、消防士として、まさに人の命を救うことに命をかけることの使命感を新たにしました。


9113.jpg
グアム中の学校も、まさにハイジャックされた飛行機がワールド・トレード・センターに追突した午前8時46分に1分間のサイレンを鳴らし、黙祷をささげました。


9111.jpg
グアム時間の9月11日14時過ぎ、つまりニューヨーク時間で9月11日に日付が変わった午前0時過ぎに、まだ仮校舎での授業が行われているはずのJFK高校の前を運転しながら通りかかると、なぜか多くの車がクラクションを鳴らしています。

何かと思って反対車線側のJFK高校の方を見やると、JFKの学生たちが、K-mart(Kマート)向かい側の本校舎前でアメリカ国旗を振り、9/11の犠牲者を追悼してホーンを鳴らそうと呼びかけていて、その前を通る車が皆いっせいにクラクションを鳴らしていたのでした。

9114.jpg
あのような惨劇を二度と繰り返してはならない。世界中の人々のそのような想いはとても強いはず。もちろんグアムの人たちにとっても同じことです。

でもあの9/11以降、太平洋における重要な軍事拠点のひとつだったグアムは、中東有事の際、特にテロ対策においてこれまで以上に大切な役割を担うようになったといわれています。

グアムにとってもアメリカ軍を駐屯させることで得られる経済効果は、観光と並んでグアムが生き残るためになくてはならないもの。そして今も多くの若者がヒーローになることを夢見て、グアムからもアメリカ軍に入隊していきます。

世界平和を目指すのに、いったいいつまで軍隊は必要であるのかどうか。

理想主義に寄ることも危険かもしれないけれど、テロなど起こりえるとも思えない南の小さな島にとっても、9/11が私たちに問いかける命題はとても大きいものだと思います。

*写真はすべて地元紙Pacific Daily Newsから。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー
2009年9月15日
« 前の記事「グアムの台風Choi-Wan: 今週末のお天気」へ
»次の記事「グアムの新型インフルエンザ情報」 へ
おすすめ記事
    タモン(グアム)特派員 新着記事
    Carabaos on Vacation カラバオを探して!
    5月のお題①"スタジアム"で4年に一度の祭典が行なわれています⭐︎
    4月お題② これって何の"交通標識"?!
    Guam・We're #1(グアム・ウィー アー ナンバーワン)その①
    4月のお題① "旬の野菜"いろいろ
    熊本県熊本地方を震源とする地震により被害に遭われた皆様へ
    Happy Siblings Day♡(ハッピー シブリングス デー)
    ご心配をおかけしました

    グアム ツアー最安値


    2018/9/21更新

    グアム 航空券情報


    グアム旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■グアムの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    リゾートにもどる

    地球の歩き方Web特派員募集