海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ギルフォード特派員ブログ > 【ヘルシンキ観光】イギリスからフィンランド旅行記4...

イギリス/ギルフォード特派員ブログ 吉村 星那

イギリス・ギルフォード特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年4月27日

【ヘルシンキ観光】イギリスからフィンランド旅行記4/4


メール プリント もっと見る

【ヘルシンキ観光】イギリスからフィンランド旅行記4/4

10日間のフィンランド旅行、最後の2泊3日でヘルシンキ観光でした。

DSCN0290.JPG


やっぱり街並みが美しい!


同じヨーロッパの国としてイギリスと似ているところ、そうじゃないところ、色々な魅力がたくさんでした! 今回はそんな、ヘルシンキ観光について書いていきます。


◆街並み・雰囲気◆


DSCN0067.JPG


ヘルシンキに着いて最初に感動したのは、街の真ん中をトラム(路面電車)が走っていることでした。これがとても風情あって、気付いたらカメラのなか、トラムの写真がいっぱいになっていました。


DSCN0086.JPG


じつはイギリス内、ギルフォードやロンドン中心部といった場所では、トラムを見ることはありません。エディンバラや、ロンドンでもクロイドンの辺りではトラムも走っていますが、ロンドン中心部はもっと建物がぎっしり並んでいるような感じだったりします。

対してヘルシンキは、トラムがあるぶん道幅が広くゆったりとしていて、忙しすぎない、のどかな印象でした。街が海に面していることも、そののびのびとした雰囲気に貢献しているのかもしれませんね。


DSCN0322.JPG


◆ヘルシンキ大聖堂◆


DSCN0303.JPG


そんな美しいヘルシンキの街並みを眺めながら、最初に歩いて行ったのがヘルシンキ大聖堂でした。
白い姿がとても美麗。前の広場が広くて、そのぶん、「おおー」と感動したのを覚えています。


DSCN0308.JPG


なかの装飾も、外観に違わない上品な美しさ。白と金色の優美な装飾です。後ろに並んだパイプオルガンも、とても綺麗でした。
入場は無料。トラムも走っていますが、ヘルシンキ中央鉄道駅から歩いて行ける距離でもあります。


◆ウスペンスキー大聖堂◆


DSCN0333.JPG


それから、海の近くにある、ウスペンスキー大聖堂に行きました。先ほどのヘルシンキ大聖堂からそれほど遠くありません。


DSCN0334.JPG


観光客は正面扉からは入れませんが、建物横の扉、観光客用スペースからなかを見ることができます。なかの写真は撮れませんでしたが、華麗な装飾がしてあって、それでいて威厳のある装飾が、これまた綺麗でした。


◆海上要塞・スオメンリンナ◆


DSCN0456.JPG


世界遺産にも登録されている、スオメンリンナ海上要塞。フィンランド語でフィンランドのことをSuomiと言うのだと、フィンランドに何泊もしている間に耳にしていましたが、そこからも想像のつく通り、「スオメンリンナ」はフィンランド語で「Castle of Finland (フィンランドの城)」という意味になるのだそうです。
(スオメンリンナ公式サイト(日本語):http://www.suomenlinna.fi/ja/

ここには2泊3日の真ん中の日に行ってきました。


DSCN0528.JPG


ヘルシンキの港から、フェリーで島まで。所用時間は15分ほど。12時間有効なスオメンリンナフェリーチケットが€5でした。チケットは自動券売機で買うことができます。
(フェリー料金:https://www.hsl.fi/
下の写真はヘルシンキ停泊中の船内から。


DSCN0362.JPG


島について最初に迎えてくれるのが、可愛いピンク色の建物。こういうパステルカラーの建物を見ると、フィンランドだなと感じます。イギリスではこういったパステルカラーな外観の建物はあまり見ない記憶。


DSCN0366.JPG


教会もあります。スオメンリンナ教会。


DSCN0375.JPG


そしてゲート。


DSCN0469.JPG


スウェーデンの統治下の時代に建設され、その後戦争を経て要塞はロシアのものとなり、クリミア戦争にも巻き込まれたという要塞。もともとはSveaborg又はViaporiと呼ばれていたのが、フィンランドが1917年に独立した後、1918年にSuomenlinnaに改められたとか。今年はフィンランド独立100周年なんですね!
個人的に世界史・ヨーロッパ史は好きだと思っていたのですが、それでもフィンランドの歴史は全然見ていなかったのだなと痛感した旅路。


DSCN0455.JPG


ついで、地元出身の子に「日本は公衆風呂(温泉)、フィンランドは公衆サウナとかあって、ほら、裸でみんなで風呂入る文化って結構なかったりするじゃん、そういうの、土地は離れててもちょっと似てる部分あるよね」というのを聞いたりもして、確かに! とちょっと納得でした。フィンランド、文化も歴史ももっと知りたい気持ち。


◆カフェ・アールト◆
それから、フィンランドと言ったらかもめ食堂を思い出す方もいらっしゃるかも知れませんが、そのロケ地のひとつ、カフェ・アールトにも行ってきました。ここの食事は美味しくて、かもめ食堂を知らない人にもおすすめ。かく言う私も、実はかもめ食堂は見ていなかったりしますが......。

日本人が来ることを知ってか、ここには日本語のメニューがあります。そしてカウンターの方を見れば、注文はお席でといった日本語が。朝食セットはいくつかあり、€8.9~11.4と朝食にしては値が張りますが、それを裏切らない内容のものが出てきます。


DSCN0360.JPG


写真は、「詩人」セット、€10.9。メニュー表では「オレンジジュース、カフェラテ、クロワッサン、マーマレード、チーズ、フルーツ」といったような内容でしたが、びっくりするフルーツの量でした。スイカの後ろに隠れてしまっていますが、リンゴもあるんですよ。

量と値段的に、ブランチがいいかもしれません。朝食セットは平日で9時~12時、土曜は9時~13時、日曜は12時~14時に楽しめます。
(カフェ・アールト:http://cafeaalto.fi/ja/


以上、ヘルシンキ観光、そしてフィンランド旅行でした! 4月はまだ少し(かなり)寒いなと感じる気候ではありましたが、イースターを感じることができたり、色々な場所に行ったり、とても充実した旅でした。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2017年4月27日
« 前の記事「【フィンランドとイギリスのイースター】イギリスからフィンランド旅行記3/4」へ
»次の記事「新1ポンド硬貨とは?そして旧5ポンド札は今月5月5日で引退」 へ
おすすめ記事
    ギルフォード特派員 新着記事
    旅行前に知っておきたい!イギリスのお金事情
    歴史ある、優雅で可愛いお城・リーズ城(Leeds Castle)
    美しくのどかな村・バイブリー/サイレンセスター
    歴史的町並み・エディンバラに行ってみよう!
    飛行機の乗り換え! ヒースロー空港から、パリ空港経由で日本に帰国
    世界陸上2017のマラソンコースで歩くロンドン
    ギルフォード、ハイ・ストリートを歩こう
    【イギリス】スーパーで買うお土産お菓子②

    イギリス 航空券情報


    イギリス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ギルフォード特派員

      ギルフォード特派員
      吉村 星那
      イギリスに憧れて、日本の高校卒業後の2015年9月よりイギリスの大学に進学。それ以前は留学経験など一切なく、慣れない英語と格闘しながら日々の生活を送っているところです。興味のあることは観光で、大学でもHospitality & Tourismを専攻。そのためこちらのブログでは、イギリスでの観光情報や日々の生活を中心に、新しい発見や気づきも含めてお伝えしていきたいなと思っています! DISQUS ID @disqus_KSBIaTBAwG

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集