海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ギルフォード特派員ブログ > 5月の第一日曜は「夜明けの鳥の囀りを聴く日」!ギル...

イギリス/ギルフォード特派員ブログ 吉村 星那

イギリス・ギルフォード特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年5月 7日

5月の第一日曜は「夜明けの鳥の囀りを聴く日」!ギルフォードの鳥紹介


5月の第一日曜は「夜明けの鳥の囀りを聴く日」!ギルフォードの鳥紹介

◆International Dawn Chorus Day◆

こんにちは!
毎年5月の第一日曜日は "International Dawn Chorus Day"。まだ日本語での定着した名前は無いようですが、「国際・夜明けの鳥の囀りを聴く日」という感じです。


発祥はイギリス・バーミンガムで、1980年代のこと。Chris Bainesという人が、その誕生日パーティーに友人たちを早朝4時に招待し、鳥の歌声を楽しんだのが始まりだといいます。そんな小さなイベントが元となっているこの"International Dawn Chorus Day" は、まだ国際的知名度が高いとは言えないものの、それでも世界で広がりを見せているようです。
http://idcd.info/

そして今年の "International Dawn Chorus Day" には、ロイヤルメール(Royal Mail: 英国郵政)が鳥の切手を発行します。お洒落で可愛いので、ぜひ英国郵政のページ も見てみてくださいね。


と、ここまで紹介してきた "International Dawn Chorus Day" ですが、ギルフォードでも夜明けには素敵な鳥の歌声が聴こえてきます。
歌声をお届けできないのは残念ですが、代わりに、ギルフォードで見かける鳥を紹介していこうと思います!


 
◆ギルフォードの鳥◆

まずこちら、長くて綺麗な尾を持つ大きめの鳥。カササギ(magpie)です。


DSCN9454.JPG


イギリスでは色んな場所で見られるようで、ギルフォードでもよくその姿を目にします。日本では佐賀県の辺りで見られるみたいですね。カラス科の鳥だそうですが、たしかにちょっとカラスと似ているような気もするかもしれません。
http://www.pref.saga.lg.jp/kiji0031353/index.html


そして、こちらの鳥もギルフォードを歩いているとよく見られます。クロウタドリ(blackbird)。名前の通りに全身黒色。目の周りと嘴だけ橙色になっています。
日本ではあまり見られない鳥ですが、ヨーロッパでは広く分布しているそうです。
http://www.torinozukan.net/kuroutadori.php 


DSCN9437.JPG


そして次、細かくどの種類というのまではわかりませんでしたが、恐らくバンかなという感じ。水辺にいて、くちばしが赤いのが特徴的です。


DSCN9426.JPG


それからこちらはコマドリでしょうか。写真は少し見づらいですね。オレンジ色が綺麗です。


DSCN9448.JPG


それからイギリス、水辺に行くとよく目にする鳥がこちら、ガン(goose)です。


DSC_0563.JPG


上は秋、下は冬に撮った写真です。


20161215_120942494.jpg


カモも泳いでいます。

それから、このギルフォードの町の中心にある川には、白鳥もいます。白鳥がくるとみんな道を開けるよう。さすが存在感があります。

20161215_121055021.jpg


そして、ここに最後に書くのが鳩。


DSCN9442.JPG


下の写真はまた冬のものになってしまうのですが、ここギルフォードでは茶色い鳩も多く見られます。冬は鳩も寒そうですね。


20161215_121622679.jpg


以上、"International Dawn Chorus Day" とギルフォードで日頃見られる鳥の簡単な紹介でした! そしてカメラに収めることはできませんでしたが、ギルフォード、ここに紹介した以外にも、まだまだもっとたくさんの鳥が住んでいます。日本で日常目にするのとはまた違った鳥もいたりするので、イギリスに遊びに来る際には、自然に目を向けてみるのも良いかもしれません。ついでに、写真には取り忘れてしまいましたが、ギルフォードにもスズメとカラスはたくさんいます!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景
2017年5月 7日
« 前の記事「新1ポンド硬貨とは?そして旧5ポンド札は今月5月5日で引退」へ
»次の記事「気温は? 日の長さは? 5月中旬、イギリス・ギルフォードの天気・気候」 へ
おすすめ記事
    ギルフォード特派員 新着記事
    ロンドン郊外、グリニッジ区に佇むエルサム宮殿
    イースターとは? 過ごし方、町の雰囲気
    ビッグベンとあわせて見たい!"Little Ben"
    さらに雪積もる、ギルフォード
    ギルフォード雪景色、雪の影響
    イギリス電車 チケットの買い方・乗り方
    ギルフォードで旧正月を祝う!今年は2月24日にイベントがありました
    日本とどう違う? イギリスの履歴書(CV)

    イギリス ツアー最安値


    2018/7/18更新

    イギリス 航空券情報


    イギリス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ギルフォード特派員

      ギルフォード特派員
      吉村 星那
      イギリスに憧れて、日本の高校卒業後の2015年9月よりイギリスの大学に進学。それ以前は留学経験など一切なく、慣れない英語と格闘しながら日々の生活を送っているところです。興味のあることは観光で、大学でもHospitality & Tourismを専攻。そのためこちらのブログでは、イギリスでの観光情報や日々の生活を中心に、新しい発見や気づきも含めてお伝えしていきたいなと思っています! DISQUS ID @disqus_KSBIaTBAwG

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集