海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ギルフォード特派員ブログ > 気になるギルフォードの治安は?【イギリス】

イギリス/ギルフォード特派員ブログ 吉村 星那

イギリス・ギルフォード特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年6月 5日

気になるギルフォードの治安は?【イギリス】


メール プリント もっと見る

気になるギルフォードの治安は?【イギリス】

DSCN9366.JPG


こんにちは、ギルフォード特派員の吉村です。
昨夜のテロから一日。イギリスでは今年3月のテロ、先月のマンチェスターのテロに続き、3回目の事件でした。イギリス旅行を計画されている方にとって、治安や安全面の情報というのは重要になってくるものだと思います。

そこで今回は、「ギルフォードの治安はどうか? 住んでいて不安を感じることはあるか?」といったことを、纏めていこうと思います。


◆ギルフォードの治安◆

始めに簡潔に書くと、ギルフォードはとても平和な町です。


DSCN9360.JPG


私立学校の並ぶ区域、ギルフォード。中心街から10分のところに大学が位置していることから、街では学生を見かけることも多いかもしれません。豊かな人が住んでいる場所と言われ、治安も良いと思います。私も、街を歩いていて身の危険を感じたことはありませんし、スリとかいった話も、聞いたことはありません。特にいま、夏至も近いこの時期は日が長く、日没が9時を過ぎるような季節なので、外が明るいといった安心感もあるかもしれません。


DSCN9531.JPG


私自身、テスト勉強からのリフレッシュにと、夜の20時にひとりで外に散歩に出て、戻ったのが22時近くだったということもありましたが、(つい先月の終わり頃の話ですが)、5人くらいの女子大生(と思しき)集団とすれ違ったとき、そのひとりが「わっ」と驚かしてきたくらいでした(笑) (そういうフレンドリーな人はたまにいます)
ギルフォードの住宅街、夜(夕方)にひとりで出歩けるくらい、平和な場所です。(とはいえひとり歩きを推奨しているわけではないです。安全面、人がいるに越したことはないと思われます)


しかし、やっぱり注意しなくてはならないこともあります。


◆麻薬◆

まず、麻薬。
日本でもたびたび麻薬の所持がニュースで取り上げられますが、イギリスではニュースのなかだけの話ではなかったりします。前のストーンヘンジの記事を書いている途中で少し驚いたのですが、ストーンヘンジの夏至祭の注意事項の欄に、「法律で禁止されているように、ストーンヘンジでも違法薬物は禁止です」とわざわざ書いてあったりするほど。

そしてギルフォードでも、街を歩いていると、たまに麻薬の臭いがすることがあります。......最初は麻薬の臭いだなんてわかるものではありませんでしたが、ある日友達と歩いていたときに、
「これ......マリファナの臭い」
と指摘され、「え、この臭い初めてじゃないんだけど......」と。

特に危険な人がうろついているわけでもないのですが、やっぱり留意しておくべき点かもしれません。イギリスでも麻薬は違法です。変なにおいがする、と思ったら、速やかに場を離れるようにしましょう。


◆お酒◆

また、もうひとつ強いて挙げるなら、ギルフォードの中心街は大学から近く、(徒歩十分という距離)、酔った学生が出歩いていることも度々です。それが危ないと言うわけではないのですが、日本と同じ感じで、夜の中心街に向かうときは、やっぱり複数人のほうが安心かなと思います。


CM151119-180403005.jpg
 
 

◆テロ◆

それからテロに関して。
いくら平素の治安が良くとも、テロというのはまた違ったものでもありますよね。それならギルフォードはどうなのか、テロが起きる恐れはあるのかというと......どうなのでしょう、ロンドンから電車で40分のごくごく小さな田舎町、まずギルフォードでそういった事件は起きないだろうという雰囲気は漂っています。


DSCN9564.JPG


それでもまったく対策していないのかというとそうではなく、たとえば前のブリュッセルでのテロ(2016年3月22日......だいぶ前のことですが)の後しばらく、ギルフォードのお店でいくつか、入り口に警備員が立っていた、なんていうこともあり、安心して過ごせるような取り組みは、行われているかと思います。
 
とはいえやっぱり、絶対安全! とは言えないものなので、イギリスのここ最近の事件に関するニュースや今後の世界情勢を注視する必要がありそうです。もうこういったことが起きなければいいのですが......。
 
 
◆まとめ◆
以上、ギルフォードの治安についてでした。
旅行をされる皆様が、安心して楽しい思い出を作れることを願っています。
それとイギリスに滞在している身として、イギリスに住んでいる人にとって、安心して過ごせる場所だといいなと思います。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題 治安・渡航安全情報
2017年6月 5日
« 前の記事「先史時代の遺跡・ストーンヘンジに行こう/イングリッシュ・ヘリテッジを巡る①」へ
»次の記事「ウェリントン公爵の住んだ屋敷・アプスリーハウス/イングリッシュ・ヘリテッジを巡る②」 へ
おすすめ記事
    ギルフォード特派員 新着記事
    ロンドン「Lord Mayor's Show」!始まりは「flotilla」小艦隊
    お洒落なデザイン!イギリス£2硬貨の話
    イギリス11月5日のGuy Fawkes Dayとは?ギルフォードではトーチを持って歩きます!
    時間が1時間もどりました! サマータイム終了後のギルフォード
    ハリケーンの影響?オレンジの空
    ギルフォードのお洒落&可愛いカフェ、The Tea Terrace
    10月の気候/紅葉の始まったギルフォード
    ビートルズの聖地Abbey Road近くの可愛いカフェ「Ivy Cafe」

    イギリス ツアー最安値


    2017/11/18更新

    イギリス 航空券情報


    イギリス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ギルフォード特派員

      ギルフォード特派員
      吉村 星那
      イギリスに憧れて、日本の高校卒業後の2015年9月よりイギリスの大学に進学。それ以前は留学経験など一切なく、慣れない英語と格闘しながら日々の生活を送っているところです。興味のあることは観光で、大学でもHospitality & Tourismを専攻。そのためこちらのブログでは、イギリスでの観光情報や日々の生活を中心に、新しい発見や気づきも含めてお伝えしていきたいなと思っています! DISQUS ID @disqus_KSBIaTBAwG

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集