海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ギルフォード特派員ブログ > レトロなロンドンバス「ルートマスター(Routem...

イギリス/ギルフォード特派員ブログ 吉村 星那

イギリス・ギルフォード特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年6月 1日

レトロなロンドンバス「ルートマスター(Routemaster)」に乗ってみよう!【ロンドン】


メール プリント もっと見る

レトロなロンドンバス「ルートマスター(Routemaster)」に乗ってみよう!【ロンドン】

こんにちは、ギルフォード特派員の吉村です。
先日ロンドンにいったときに、「ルートマスター」に乗る機会がありました!
ルートマスターは、昔の型のロンドンバス。いまはもう引退してしまい殆ど目にすることはありませんが、それでも一部の路線で見かけることがあります。


DSCN9796.JPG


折角なので今日はルートマスターについて書いてみたいと思います。


◆ルートマスターとは?◆
ロンドン交通局(Transport for London) によると、ルートマスターの開発が始まったのはいまから60年以上も前、1950年代のことでした。1959年から本格的な生産が始まり、1968年に生産を終えるまでに、2760台ものルートマスターがロンドン交通のために製造されたといいます。最終的に2005年に引退を迎えたものの、そのあまりの人気により、車体の改装とエンジンの交換を経て、路線番号15の一部の車両として採用されることになりました。
DSCN9806.JPG



そんなルートマスターですが、最大の特徴は、その乗り入れ口です。他のロンドンバスでは車体の前方、または前方と中央といった感じに、前方ドアはほぼ基本となっていますが、ルートマスターの乗り入れ口は後方のみとなっています。それからやっぱりポイントなのが、その乗り入れ口にドアが無いこと。


DSCN9797.JPG


ドアは無いので、このまま、開いた状態のまま走っています。
余談ですが、映画ハリー・ポッター、アズカバンの囚人に出てくる魔法バスも(魔法バスは3階建てになっていますが、)このルートマスターの形をしていましたね。


◆ルートマスターに乗ろう◆

ルートマスターが走っているのは路線番号15番。詳しい数や割合は公表されていませんが、この前ロンドンに行ったときは3台見かけたので、それなりの数は走っているのかなと思います。


DSCN9685.JPG


そしてどこに行けば15番のバスに乗れるのかというと、路線図はロンドンの中心部から東部にかけて、東西に伸びるような形になっています。(マップはロンドン交通局ロンドンバス・ルート15のページ をご参照ください)


詳しく記載すると、「Charing Cross Station/Trafalgar Square(地図上の左)」から「Blackwall Station (地図上の右)」までを繋いでいて、サマセット・ハウスや王立裁判所、セント・ポール大聖堂、モニュメント駅、ロンドン塔の前を通ります。
私が先日ルートマスターに乗車したのは、ロンドン塔の前でした。


DSCN9799.JPG


やっぱりレトロ感あふれる見た目。車掌さんがいて、乗車・降車案内をしてくれます。
乗車賃の支払いは、他のロンドンバスと同じようにオイスターカード。料金も一緒(£1.5)です。じつは私が乗車したときは、雨が土砂振りだったからか、車掌さんも「はいはいどんどん乗って乗って」という感じでしたが、ロンドン交通局の「Conditions of Carriage」 によれば、「ルートマスターでは車掌が持っている機械にオイスターカードをタッチして乗車する」ことになっているようです。

DSCN9802.JPG

これまたレトロな雰囲気を持った車内。このとき、他のお客さんは皆2階席に上がっていて(先ほどの写真)、1階は空いていました。


DSCN9800.JPG


1階席の後ろからの写真。ドアが無いのはやっぱり新鮮です。ついでに、よく見れば、写真の右奥にうっすらと見えるのがロンドン塔です。
 
 
◆New・ルートマスター◆

と、大部分はすでに引退してしまったルートマスターですが、現行のロンドンバスにその面影がまったく受け継がれていないのかというと、そんなことはありません。色んな形のバスが走っているロンドン、そんななかでルートマスターの影響を受けた、「New・ルートマスター」という型のバスがあります。


DSCN9480.JPG


写真の、一番手前のもの。乗り入れ口が前方、中央、後方と三か所になっているのがわかるかと思います。この後方ドアは閉まっていることもありますが、開けたままの運行も可能だそう(そしてそのときは安全のため、車掌さんもいるのだそう)。まさにルートマスター。

DSCN9889.JPG


New・ルートマスターは、数年前から既にロンドンの街に姿を現していましたが、ロンドン交通局によれば、この2017年の夏までに1000ものNew・ルートマスターが運行に入ることになっているそうです。詳しくは公式のNew Routemasterのページ で確認できます。


◆まとめ◆
以上、ルートマスターでした! ロンドンのイメージの一端を担うロンドンバス、そのなかで過去も現在も重要な位置を占めるルートマスターの姿を、ロンドン旅行の際にはぜひ探してみてくださいね。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 交通・鉄道・航空 旅行・ツアー・ホテル 見所・観光・定番スポット
2017年6月 1日
« 前の記事「【イギリス観光】イングリッシュ・ヘリテッジ(English Heritage)とは?」へ
»次の記事「先史時代の遺跡・ストーンヘンジに行こう/イングリッシュ・ヘリテッジを巡る①」 へ
おすすめ記事
    ギルフォード特派員 新着記事
    ロンドン「Lord Mayor's Show」!始まりは「flotilla」小艦隊
    お洒落なデザイン!イギリス£2硬貨の話
    イギリス11月5日のGuy Fawkes Dayとは?ギルフォードではトーチを持って歩きます!
    時間が1時間もどりました! サマータイム終了後のギルフォード
    ハリケーンの影響?オレンジの空
    ギルフォードのお洒落&可愛いカフェ、The Tea Terrace
    10月の気候/紅葉の始まったギルフォード
    ビートルズの聖地Abbey Road近くの可愛いカフェ「Ivy Cafe」

    イギリス ツアー最安値


    2017/11/18更新

    イギリス 航空券情報


    イギリス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ギルフォード特派員

      ギルフォード特派員
      吉村 星那
      イギリスに憧れて、日本の高校卒業後の2015年9月よりイギリスの大学に進学。それ以前は留学経験など一切なく、慣れない英語と格闘しながら日々の生活を送っているところです。興味のあることは観光で、大学でもHospitality & Tourismを専攻。そのためこちらのブログでは、イギリスでの観光情報や日々の生活を中心に、新しい発見や気づきも含めてお伝えしていきたいなと思っています! DISQUS ID @disqus_KSBIaTBAwG

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集