海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ギルフォード特派員ブログ > 堂々たる佇まい、ウェリントン・アーチ/イングリッシ...

イギリス/ギルフォード特派員ブログ 吉村 星那

イギリス・ギルフォード特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年7月 1日

堂々たる佇まい、ウェリントン・アーチ/イングリッシュ・ヘリテッジを巡る③


メール プリント もっと見る

堂々たる佇まい、ウェリントン・アーチ/イングリッシュ・ヘリテッジを巡る③

こんにちは! ギルフォード特派員の吉村です。
今回は、イングリッシュ・ヘリテッジのなかの、ロンドンにあるウェリントン・アーチについて。

DSCN9691.JPG


ロンドン中心部、前回紹介したアプスリーハウス のすぐ隣、広場にどん、と立っています。アーチの下を行き交う人の姿。大きなアーチはくぐるだけでもわくわくしたりするものですが、ウェリントン・アーチは上にのぼれたりもするんですよ!
今回はそんな、ウェリントン・アーチのことを書いていきたいと思います。


◆歴史◆

DSCN9709.JPG


まず歴史を、「イングリッシュ・ヘリテッジ Wellington Arch History」のページ をもとに書いていきますと、

19世紀前半、「大英帝国」の首都としてふさわしい都市にしよう、という都市改良の空気がロンドンに流れていました。当時は、対ナポレオン戦争(1799~1815頃)などのあった時代。帝国としての立場を誇示するのに、美しい装飾や建築物が必要だったのだといいます。


「ウェリントン・アーチ」とこんにち呼ばれているアーチが最初にできたのも、このときでした。1825年から1827年にかけて建てられたゲート、当初はグリーン・パークの入り口、すなわち、バッキンガム宮殿の外側の入り口ゲートとして作られたそうです。


それから幾年か時が流れ、1830年代。イギリスの当時のヒーローであったネルソンとウェリントンを記念するメモリアルを作ろう、と委員会が結成されました。トラファルガー広場にあるネルソン記念柱は有名ですね。これは、その委員会で決定されたものだそうです。対してウェリントンのほうは、グリーン・パークの入り口にあるアーチの上にウェリントンの像を置こう、ということになりました。これは、当時ウェリントン公のロンドンでの屋敷・アプスリーハウスが、このアーチのちょうど対角線上にあったからだと言います。


いま、アーチの場所は当初の場所より少しだけ動いていて、上に乗っている像も、ウェリントン公のものから変わっていますが、いまでもそのアーチは「ウェリントン・アーチ」として親しまれています。


◆ウェリントン・アーチの上に行こう!◆

DSCN9708.JPG


いっけん広場にどーんと立っているだけのアーチに見えるこのアーチですが、じつは上にのぼることができ、また、途中、なかには展示スペースもあったりします。


入り口は、アーチの下をくぐるときの、横側。小さくドアが開いていて、私がこの前行ったときには、係のひとが立っていました。荷物をチェックされてから、ドアのなか、受付へ。会計を済ませるのと一緒に、今度は身体検査をされました。なんとなく空港を思い出すような警戒態勢。各国で相次ぐテロへの対策でしょうか。

上へは、階段のほかエレベーターもあり。そこまでの高さでもないので、疲れていなければ階段を上るのもありかもしれません。


DSCN9706.JPG


途中にある展示室。アーチのなかにこんなスペースがあったのか! と少しびっくりします。


さらに階段を上ると、展望台へ。アーチの正面のほうからは、ハイド・パーク・コーナーが見渡せます。


写真は、曇りでちょっとぱっとしないかもしれませんが、それでも気持ちの良い場所でした。......じつは、私がウェリントン・アーチを訪れたこの日、最初は晴れていたのですが(最初の写真)、アプスリーハウスを見学している間に、いつの間にか曇天になっていて...やっぱりイギリスの天気は変わりやすいです。

DSCN9700.JPG


写真右手のアーチの先がハイド・パークになっています。ついでにグリーン・パークはおおまかに、写真の後方になります。


今度は後ろ側、さきほどとは反対側にある展望台へ。この道を行くとバッキンガム宮殿のほうへと出ます。それから、奥のほうに見えるのは、有名な「ロンドン・アイ」と、イギリスで最も高いビル「ザ・シャード」。ちょうど重なって見えますね! ちょっと贅沢な感じです。


DSCN9705a.jpg

左を見ると、アプスリーハウスが見えます。

DSCN9703b.jpg


以上、ウェリントン・アーチでした! ロンドンの中心部にあるので、ご旅行の際は、ぜひ訪れてみてくださいね。


―――――

ウェリントン・アーチ情報(2017-2018)


【開館日】
基本、月~日まで全日。
12月24日~26日は閉館となっています。


【開館時間】
4月1日~9月30日:11:00-18:00
10月1日~10月29日:10:00-17:00
10月30日~3月29日:10:00-16:00


【入館料】
大人:£5
子供(5-15):£3
学生・シニア:£4.5
家族(大人2、子供3)£13


【場所】
Apsley Way, Hyde Park Corner, London, W1J 7JZ


*上記の情報はぜひ公式サイトのほうでもご確認ください。


【公式サイト】
http://www.english-heritage.org.uk/visit/places/wellington-arch/
(イングリッシュ・ヘリテッジ内の「Wellington Arch」のページ)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2017年7月 1日
« 前の記事「6月、ギルフォードの日の長さと気温」へ
»次の記事「ギルフォードに来たらここ!小さな町を一望する、ギルフォード城」 へ
おすすめ記事
    ギルフォード特派員 新着記事
    旅行前に知っておきたい!イギリスのお金事情
    歴史ある、優雅で可愛いお城・リーズ城(Leeds Castle)
    美しくのどかな村・バイブリー/サイレンセスター
    歴史的町並み・エディンバラに行ってみよう!
    飛行機の乗り換え! ヒースロー空港から、パリ空港経由で日本に帰国
    世界陸上2017のマラソンコースで歩くロンドン
    ギルフォード、ハイ・ストリートを歩こう
    【イギリス】スーパーで買うお土産お菓子②

    イギリス 航空券情報


    イギリス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ギルフォード特派員

      ギルフォード特派員
      吉村 星那
      イギリスに憧れて、日本の高校卒業後の2015年9月よりイギリスの大学に進学。それ以前は留学経験など一切なく、慣れない英語と格闘しながら日々の生活を送っているところです。興味のあることは観光で、大学でもHospitality & Tourismを専攻。そのためこちらのブログでは、イギリスでの観光情報や日々の生活を中心に、新しい発見や気づきも含めてお伝えしていきたいなと思っています! DISQUS ID @disqus_KSBIaTBAwG

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集