海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ギルフォード特派員ブログ > 飛行機の乗り換え! ヒースロー空港から、パリ空港経...

イギリス/ギルフォード特派員ブログ 吉村 星那

イギリス・ギルフォード特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年8月10日

飛行機の乗り換え! ヒースロー空港から、パリ空港経由で日本に帰国


メール プリント もっと見る

飛行機の乗り換え! ヒースロー空港から、パリ空港経由で日本に帰国

こんにちは! 先日の記事にも書きましたが、今は大学が夏休みで、日本に一時帰国しています。
ということで今回は、飛行機の乗り換えはどんな感じか? というのを、その帰国の時の話に交えて書いていきたいと思います。


DSCN9518a.jpg


まずイギリスでの滞在地、ギルフォードからヒースロー空港へ。電車(National Rail)でウォーキング(Woking)まで行き、そこからコーチバス(National Express)に乗ってヒースロー空港まで行きました。ウォーキングの駅にはエレベーターもあり、また、座っているだけで着いてしまうコーチバスは便利なのですが、なんと......今回はウォーキングのエレベーターが故障中で、長い階段、大荷物を持って上らなければならないことに......。(イギリス、エスカレーターの無い鉄道駅も多かったりします!) 友達と一緒に居たのですが、「もう日本には帰らないで私はここに住むんだ......」と騒ぎながら階段を上って下ろうとしていたら、「手伝うよ」と地元っぽい人が助けてくださいました。優しいです。あんまりエレベーター頼りでは、こういうこともあるんですね......。


そして、ヒースロー空港へ。ターミナル1から5まであるとても広い空港。到着ターミナルを間違えてしまうと、「ターミナル1、2、3」「ターミナル4」「ターミナル5」の3か所はすごく離れていて、歩いて移動ということが無理だったりします。が、そんな時には、ターミナル間をつなぐ無料シャトルトレインが利用できます。15分毎に出ているらしい。私もターミナルを間違って利用したことがあります。


DSCN0506.JPG


飛行機に搭乗。ブリティッシュ・エアウェイズでパリに行き、そこからJALの成田行きに乗り換える旅程でした。イギリス・ヒースローまでは直行便(12時間くらい)も乗り換えで行く便(16時間程度)もありますが、やっぱり乗り換えありのほうが安くなりがちですね......。


乗り換えありの利点は、乗り換え場所で、空港のお店を回れるところが多い(※とはいえ100%ではないので注意)ところ。いつかベルギー経由で日本に帰ったとき、ブリュッセル空港のATMでユーロを少しだけおろして喜んでいました。また、乗り換えも、案内があったり「Transfer」の字を追っていけば辿りつけたり、分かりやすいところも多い気がします。下の写真は、前の冬休みに帰国した時の、香港での乗り換え。出発口のお土産コーナーを通りました。乗車口のゲートも、番号で案内が出ています。


DSCN9228.JPG


しかし欠点としては、やっぱり移動時間が長くなるのと、乗り換えが分かりにくい時もあること......今回の帰国で迷子になりかけました!


今回、ヒースロー空港で航空券を渡されたときに言われたのが、
「パリまでのチケットはここで出るけど、パリから成田へのチケットはパリで出ます」
でした。
いつもは、経由地までと目的地までの二枚が一緒に渡されたり、目的地まで一枚で両方乗れてしまう航空券を渡されることが多いので、このスタイルは(確か)初めてでした。
そしてパリ空港に着き、チケットはどこで貰えるんだろう、と思って「Transfer」の字を追っているうちに、いつの間にかひとけの無い場所に。


DSCN9989.JPG


DSCN9991.JPG


チケットが無いけれど大丈夫なのか、引き返したほうがいいのか......と歩いているうちに、気付いたらターミナル間を移動するバス乗り場まで来ていました。


DSCN9992.JPG


バスは無料、チケットを提示しないでも乗ることができました。


パリ空港も広い! バスには十五分ほど乗車。


DSCN9995.JPG


目的ターミナルに到着し、エスカレーターを上ると搭乗ゲートの並ぶエリアに。そこで「すみません、ヒースロー空港で~」と説明したら、チケットをもらえました。......ここだったんですね! ここだったのか。ちゃんと飛行機に乗れました。


飛行機乗り換えは慣れないとまだ戸惑うこともたくさんです。
途中ショッピングができることがあって楽しいですが、どういう風な乗り換えかは、空港や乗り換え時間(時間に余裕がないと案内の人が立っていたり、近道を通らされた)によっても変わってくるので、少しだけ注意かもしれません。


以上、帰国と飛行機の乗り換えの話でした!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 交通・鉄道・航空
2017年8月10日
« 前の記事「世界陸上2017のマラソンコースで歩くロンドン」へ
»次の記事「歴史的町並み・エディンバラに行ってみよう!」 へ
おすすめ記事
    ギルフォード特派員 新着記事
    旅行前に知っておきたい!イギリスのお金事情
    歴史ある、優雅で可愛いお城・リーズ城(Leeds Castle)
    美しくのどかな村・バイブリー/サイレンセスター
    歴史的町並み・エディンバラに行ってみよう!
    飛行機の乗り換え! ヒースロー空港から、パリ空港経由で日本に帰国
    世界陸上2017のマラソンコースで歩くロンドン
    ギルフォード、ハイ・ストリートを歩こう
    【イギリス】スーパーで買うお土産お菓子②

    イギリス 航空券情報


    イギリス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ギルフォード特派員

      ギルフォード特派員
      吉村 星那
      イギリスに憧れて、日本の高校卒業後の2015年9月よりイギリスの大学に進学。それ以前は留学経験など一切なく、慣れない英語と格闘しながら日々の生活を送っているところです。興味のあることは観光で、大学でもHospitality & Tourismを専攻。そのためこちらのブログでは、イギリスでの観光情報や日々の生活を中心に、新しい発見や気づきも含めてお伝えしていきたいなと思っています! DISQUS ID @disqus_KSBIaTBAwG

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集