海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ギルフォード特派員ブログ > 歴史的町並み・エディンバラに行ってみよう!

イギリス/ギルフォード特派員ブログ 吉村 星那

イギリス・ギルフォード特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年8月14日

歴史的町並み・エディンバラに行ってみよう!


メール プリント もっと見る

歴史的町並み・エディンバラに行ってみよう!

こんにちは! 
今回からしばらくは、イギリス内で今まで行った場所、現地のオプショナルツアーでも行けるような場所について書いていきたいと思います。
今回書くのは北方、スコットランドの古都エディンバラ。行き方から市内観光まで書いていきます!


DSCN8336.JPG


◆行き方◆
スコットランドまでは、ロンドンからだと飛行機か電車で行くことができます。私が利用したのは電車。そのままの値段だとOff-Peakでも往復£138程かかるようですが、事前に予約するとたまに片道£48とか、比較的安いチケットが出ています。


電車は、ハリーポッターで有名なキングス・クロス駅から。


DSCN5770.JPG


記念撮影をして、隣にあるハリーポッターショップに寄ってから、電車に乗車します。
片道五時間は長いですが、寝て過ごせば何とか......という感じ。


DSCN8220.JPG


◆エディンバラ城◆

さて、行き方に続いて、次はエディンバラでの観光について。最初に、やっぱりここは欠かせない! ということで書くのが、エディンバラ城です。
なんと、このお城はこんな風に崖の上に立っていたりします。そんな高い所にあるお城は、下を歩くだけでも圧倒的存在感。


DSCN8249.JPG


階段を上って、


DSCN8251.JPG


正面口はこんな風になっています! かっこいい。


DSCN8257.JPG


中に入ると、こんな感じ。音声ガイドの貸し出しもしていて、スコットランドの歴史には余り詳しくないという人でも楽しむことができます。私も予備知識も何もなくこの場所を訪れたのですが(汗)、とても充実していました。


DSCN8266.JPG


DSCN8281.JPG


こうやって砲台も置かれていて、城塞といった雰囲気を遺しています。


DSCN8284.JPG


また、ワン・オクロック・ガンというものもあり、それは一時きっかりに撃たれるのだそうです。1861年から始まった習慣で、もともとは海を航行する船に時刻を知らせるためのものだったのだとか。(参考:Edinburgh Castle "One O'clock Gun" )「十二時でなく一時なのは、十二発撃つより一発撃つ方が楽だし節約できるから」、というのを聞いて、なるほど! と思いました。


DSCN8300.JPG


また、スコットランド王の戴冠式に代々使われていた「運命の石」や、宝冠など、他にも見どころたくさんです。


それから、高い場所にあるこのお城、眺めが最高です!
美しいエディンバラの町が一望できます。


DSCN8270.JPG


とても気持ちの良い景色でした。


◆街中散策◆
そして、エディンバラ城だけでなく、美しいエディンバラの町は、歩くだけでもとてもわくわくする場所。


DSCN8339.JPG


街を歩いていくと、エディンバラ城から徒歩十分ほどの場所にあるのが、セント・ジャイルズ大聖堂です。お金を払うと写真撮影許可証がもらえます。


DSCN8356.JPG


ステンドグラスもパイプオルガンも美しく、私が個人的に好きな大聖堂。


DSCN8355.JPG


天井も素敵な感じでした!


DSCN8347.JPG


それからエディンバラ、町中のいたるところにネッシーが!


DSCN8399.JPG


DSCN8392.JPG


ネス湖がスコットランドにあることから、街中にネッシーがあふれている模様。お土産にネッシーグッズを買うのも良いかもしれませんね。


個人的には、お土産として、イギリスの代表的なお菓子、ファッジもおすすめです。エディンバラ城からも徒歩で行ける範囲に、可愛いファッジ専門店がありました。


DSCN8384.JPG


DSCN8388.JPG


「チョコレートオレンジ」、「ピスタチオ&ホワイトチョコレート」等お洒落な味がたくさんです。


DSCN8395.JPG


以上、エディンバラ観光でした! 私は2泊3日で滞在をしたのですが、楽しかった。エディンバラのオプショナルツアーは、こちら で検索することもできます。ロンドンからだと少し遠いですが、イギリスの中でも重要な都市なので、機会がありましたらぜひ訪れてみてくださいね!


―――――


◆外部リンク◆

Harry Potter Shop at Platform 9 3/4
https://www.harrypotterplatform934.com/pages/about-platform-934  


エディンバラ城

https://www.edinburghcastle.gov.uk/


St Giles' Cathedral

http://www.stgilescathedral.org.uk/


The Fudge House

https://fudgehouse.co.uk/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題 旅行・ツアー・ホテル 見所・観光・定番スポット
2017年8月14日
« 前の記事「飛行機の乗り換え! ヒースロー空港から、パリ空港経由で日本に帰国」へ
»次の記事「美しくのどかな村・バイブリー/サイレンセスター」 へ
おすすめ記事
    ギルフォード特派員 新着記事
    ロンドン「Lord Mayor's Show」!始まりは「flotilla」小艦隊
    お洒落なデザイン!イギリス£2硬貨の話
    イギリス11月5日のGuy Fawkes Dayとは?ギルフォードではトーチを持って歩きます!
    時間が1時間もどりました! サマータイム終了後のギルフォード
    ハリケーンの影響?オレンジの空
    ギルフォードのお洒落&可愛いカフェ、The Tea Terrace
    10月の気候/紅葉の始まったギルフォード
    ビートルズの聖地Abbey Road近くの可愛いカフェ「Ivy Cafe」

    イギリス ツアー最安値


    2017/11/21更新

    イギリス 航空券情報


    イギリス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ギルフォード特派員

      ギルフォード特派員
      吉村 星那
      イギリスに憧れて、日本の高校卒業後の2015年9月よりイギリスの大学に進学。それ以前は留学経験など一切なく、慣れない英語と格闘しながら日々の生活を送っているところです。興味のあることは観光で、大学でもHospitality & Tourismを専攻。そのためこちらのブログでは、イギリスでの観光情報や日々の生活を中心に、新しい発見や気づきも含めてお伝えしていきたいなと思っています! DISQUS ID @disqus_KSBIaTBAwG

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集