海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ギルフォード特派員ブログ > 歴史ある、優雅で可愛いお城・リーズ城(Leeds ...

イギリス/ギルフォード特派員ブログ 吉村 星那

イギリス・ギルフォード特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年9月 5日

歴史ある、優雅で可愛いお城・リーズ城(Leeds Castle)


メール プリント もっと見る

歴史ある、優雅で可愛いお城・リーズ城(Leeds Castle)

こんにちは! 今日は現地オプショナルツアーでも行ける場所第3弾、リーズ城のことを書いていきます。


DSCN8168.JPG


イギリス南東部、ケント州にひっそりと佇むリーズ城は、ロンドンから1時間半ほどの場所に位置しています。私が訪れた時は、まず電車でBearsted駅まで行き、そこからバス (Railway Shuttle)で直接リーズ城までといった道程でした。地元のバスというよりもリーズ城専用バスのような感じで、往復£5。余り本数は無いので、ご利用の際は、時間等要確認です!


DSCN7968.JPG

バスで、リーズ城に到着。チケットオフィスからリーズ城の敷地に入ります。チケットの値段は大人£24.9、学生・シニア£21.9、子供(4-15歳)£16.9、4歳未満の子供は無料。事前にオンラインで予約すると少しだけ安くなります。こちら で確認できます。


DSCN7969.JPG


いよいよ敷地内へ! とは言えお城の建物までは、ここから結構歩きます。徒歩20分くらい。その間にたくさんの鳥が出迎えてくれました。


DSCN7980.JPG


DSCN7985.JPG


チケット売り場で鳥の餌がカップいっぱいに£1程度で売っていたので、それを買うのも楽しいかもしれません。これだけたくさんの鳥がいると知っていたら、私も初めに買ったのに...! という感じでした。


DSCN7983.JPG


しばらく歩くと、ようやくお城のメインのようなところへ。


DSCN7993.JPG


湖の隣にあるのですが、この場所にもたくさんの鳥たちがいました! まるで真夏のビーチみたいだと思ったほど。


DSCN7995.JPG


餌を欲しいのか寄ってきます!


DSCN8128.JPG


それからお城のメインの建物のほうは、入るとまず出会うのが歴史コーナー。 リーズ城は、実はとても歴史のある場所で、この場所が最初に歴史に登場したのは、1086年のドゥームズデイ・ブックだったといいます。そのときは「Esledes」という名前で言及されていました。その後1278年、エドワード1世の妻、エレナー・オブ・カスティルへと売られ、そこから王家の所有となったのだとか。16世紀にはヘンリー8世によって改装も行われました。1926年にはアングロ・アメリカンの資産家、ベイリー夫人に買い取られ、いま見る姿となっていきます。


DSCN8005.JPG


そんな歴史展示コーナーを抜けたあとは、お城の外観を見たりワイン貯蔵室を見たりして、待ちに待ったお城の中へ。やっぱり素敵なお部屋がたくさんでした! 下の写真は会議室(Boardroom)。ここは今でも貸し出されることがある模様。


DSCN8078.JPG


それからこちらはベイリー夫人の寝室として使われました。


DSCN8096.JPG


客間も素敵です。


DSCN8118.JPG


お城の外観。


DSCN8126.JPG


そんなたくさんの部屋だけでもとても見応えのあるリーズ城でしたが、これだけではありません! このリーズ城で楽しいのが、やっぱり迷路。大人でも楽しめます。


DSCN8163.JPG


何度も何度も同じ場所を通って、私はゴールまで15分もかかりました! お手洗いには入る前に行くことをお勧めします...。


DSCN8181.JPG


それから、フクロウのショーも! その時は小雨で写真が撮れなかったのですが、ここリーズ城には鳥園のような一角があって、フクロウもいました。


DSCN8189.JPG


綺麗なガーデンも!


DSCN8152.JPG


DSCN8149.JPG


そうやって一日楽しんだあと、最後、やっぱり鳥に餌付けをしたい......というのが心残りで、帰り際にチケットオフィスで鳥の餌を買いました。帰りのバスが出るまでの限られた時間で、急いでばら撒き。足元、すごい勢いでご飯を食べるカモたち。楽しかったです。


DSCN8201.JPG


以上、リーズ城でした! オプショナルツアー だと、リーズ城だけでなく他の場所まで一日で回れるのも魅力的ですね! 公共機関を利用してご自身で行かれる際には、余裕をもって一日をリーズ城で過ごすのもお薦めです。


―――――

リーズ城情報


【開城時間】

夏季(4~9月)

チケットオフィス...10:00-16:30
お城...10:30-17:30
グラウンド・ガーデン...10:00-18:00


冬季(10月~3月)

チケットオフィス...10:00-15:00
お城...10:30-16:00
グラウンド・ガーデン...10:00-17:00


(公式サイトの「Visit」 のページにより詳細に書いてあります。)


【値段】

大人...£24.9
学生・シニア...£21.9
子供(4-15歳)...£16.9
4歳未満の子供...無料


ぜひ公式ホームページ のほうでもご確認ください!



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題 旅行・ツアー・ホテル 見所・観光・定番スポット
2017年9月 5日
« 前の記事「美しくのどかな村・バイブリー/サイレンセスター」へ
»次の記事「旅行前に知っておきたい!イギリスのお金事情」 へ
おすすめ記事
    ギルフォード特派員 新着記事
    ロンドン「Lord Mayor's Show」!始まりは「flotilla」小艦隊
    お洒落なデザイン!イギリス£2硬貨の話
    イギリス11月5日のGuy Fawkes Dayとは?ギルフォードではトーチを持って歩きます!
    時間が1時間もどりました! サマータイム終了後のギルフォード
    ハリケーンの影響?オレンジの空
    ギルフォードのお洒落&可愛いカフェ、The Tea Terrace
    10月の気候/紅葉の始まったギルフォード
    ビートルズの聖地Abbey Road近くの可愛いカフェ「Ivy Cafe」

    イギリス ツアー最安値


    2017/11/21更新

    イギリス 航空券情報


    イギリス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ギルフォード特派員

      ギルフォード特派員
      吉村 星那
      イギリスに憧れて、日本の高校卒業後の2015年9月よりイギリスの大学に進学。それ以前は留学経験など一切なく、慣れない英語と格闘しながら日々の生活を送っているところです。興味のあることは観光で、大学でもHospitality & Tourismを専攻。そのためこちらのブログでは、イギリスでの観光情報や日々の生活を中心に、新しい発見や気づきも含めてお伝えしていきたいなと思っています! DISQUS ID @disqus_KSBIaTBAwG

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集