海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ギルフォード特派員ブログ > お洒落なデザイン!イギリス£2硬貨の話

イギリス/ギルフォード特派員ブログ 吉村 星那

イギリス・ギルフォード特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年11月10日

お洒落なデザイン!イギリス£2硬貨の話


メール プリント もっと見る

お洒落なデザイン!イギリス£2硬貨の話

こんにちは! ギルフォード特派員の吉村です。 £1硬貨の話は前にもしましたが、£2もとても素敵なデザインだったりします。イギリス旅行で£2を手にしたことのある方には、記念に取っておこうと思った方も多いのではないでしょうか? 今日はイギリスの£2硬貨について書いてみたいと思います。


◆£2コインの歴史◆

iStock-501977902.jpg

Royal Mint(イギリス造幣局)によれば、最初に£2コインが発行されたのは1986年のことだそうです。ただ、それは記念硬貨で、その年スコットランドで開催された13回目のコモンウェルスゲームズ(イギリス連邦内の競技会)を記念してのものだった模様。それからも記念硬貨は断続的に発行されましたが、あくまで記念硬貨だというのと、また、いまの£2硬貨とは違いニッケル黄銅一色だったそうです。


一般に£2硬貨が出回りだしたのは、1998年のこと。1994年に貨幣制度の見直しが行われてから、£2硬貨が一般の流通向けに必要だという結論に至ったそうです。それから協議などが行われ、1998年6月15日に、一般流通が始まったそうです。

(参考:Royal Mintの "Two Pound Coin" のページ


◆デザイン◆

そんな比較的歴史の新しいコインですが、デザインはというと、スタンダードなものがこちら。


iStock-628992804.jpg


£2が発行されるにあたってデザインコンペが一般に開かれたそうですが、こちらのBruce Rushinさんによるデザインのものが採用されました。これは工業・工学面での進歩を表したデザインで、中心は鉄器時代、その次が工業時代、その次がコンピューター、そして一番外側がインターネットだそう。側面にはニュートンの「STANDING ON THE SHOULDERS OF GIANTS」が彫られています。


iStock-115961944.jpg


このデザインは1997年から2015年にかけて製造されていました。2015年からは別のデザインのものが作られているようですが、私はまだ手にしたことが無いですね......。


また、スタンダードのものに加えて、毎年記念硬貨的に色んなデザインのものが出ていて、稀に一般の流通の中でも目にすることがあったりします。私も少し持っていて、下の写真は、奴隷貿易廃止200周年を記念するもの。


IMG_1490.JPG


これ自体はそれほどレアというわけでもないようですが、プリンティング・エラーのあるものは高値で取引されたりしているみたいですね。 それぞれのデザインは、Royal Mintの "Two Pound Coin" のページ )に一覧が載っているのでぜひ見てみてください。素敵で興味深いデザインがたくさんですよ! 側面の文字もデザインによって違ったりして、面白いです。 (ケータイや、パソコンでも横幅を狭くすると画像が見えないこともあるみたいです)


◆生活の中の£2◆

IMG_0898.JPG


そんな£2硬貨は、他の硬貨と同じように、生活のいたる所で使われます。少額の買い物やバスのチケット(ギルフォード内では片道£1~2.7程度)、友達と合算後にあとからやり取りをすると言った時とかに便利なので、お財布からは無くなりがちですね。


また、£2が大量に手に入る場所として、駅にあるNational Railの切符販売機があります。お釣りが全部コインで返ってくるので、少額の切符を買う時に£20札を入れたりすると、大量の£2が出てきます(最初、知らないで入れたときは驚きました!)。お財布も重くなる上、券売機のコインのストックにも優しくなさそうなので、無闇に£20を入れるのはお薦めではないのですが、参考になったら(?)と思います。


以上、£2硬貨でした!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お金・通貨・両替
2017年11月10日
« 前の記事「イギリス11月5日のGuy Fawkes Dayとは?ギルフォードではトーチを持って歩きます!」へ
»次の記事「ロンドン「Lord Mayor's Show」!始まりは「flotilla」小艦隊」 へ
おすすめ記事
    ギルフォード特派員 新着記事
    ロンドン「Lord Mayor's Show」!始まりは「flotilla」小艦隊
    お洒落なデザイン!イギリス£2硬貨の話
    イギリス11月5日のGuy Fawkes Dayとは?ギルフォードではトーチを持って歩きます!
    時間が1時間もどりました! サマータイム終了後のギルフォード
    ハリケーンの影響?オレンジの空
    ギルフォードのお洒落&可愛いカフェ、The Tea Terrace
    10月の気候/紅葉の始まったギルフォード
    ビートルズの聖地Abbey Road近くの可愛いカフェ「Ivy Cafe」

    イギリス ツアー最安値


    2017/11/20更新

    イギリス 航空券情報


    イギリス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ギルフォード特派員

      ギルフォード特派員
      吉村 星那
      イギリスに憧れて、日本の高校卒業後の2015年9月よりイギリスの大学に進学。それ以前は留学経験など一切なく、慣れない英語と格闘しながら日々の生活を送っているところです。興味のあることは観光で、大学でもHospitality & Tourismを専攻。そのためこちらのブログでは、イギリスでの観光情報や日々の生活を中心に、新しい発見や気づきも含めてお伝えしていきたいなと思っています! DISQUS ID @disqus_KSBIaTBAwG

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集