海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ドイツ/ハンブルク特派員ブログ

ドイツ/ハンブルク特派員ブログ 中村 ふみな

ドイツ・ハンブルク特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

11月に入ってから、お店にクリスマス商品が増えてきました。そろそろクリスマスの準備ですね。

.

クリスマスツリーの飾りつけは、クリスマスイブの数日前に行う*ので(*早く飾るとモミの木が枯れるので)、この時期にウキウキと用意し始めるのは、アドベントクランツ(Adventskranz)、クリスマスカード、そしてアドベントカレンダーです。

ad4.jpg

アドベントカレンダーは、1から24までの数字がついた紙の窓、袋や箱などを、12月1日よりクリスマスイブまで毎日一つずつ開けていき、クリスマスの訪れを楽しませてくれます。アドベントカレンダーの種類はいくつかあり、壁紙やカードなど紙の窓を開けるだけのもの、メーカー(お菓子、玩具等)が出しているもの、手作りのアドベントカレンダーがあります

.

スーパーではチョコレート会社のアドベントカレンダーをよく見かけますが、その他にもビール、ポテトチップス、ハリボ、お茶、香辛料のアドベントカレンダーも出ています。その他、ドラックストアやデパートでは、コスメティックや玩具のアドベントカレンダーも。見ていると、あれもこれも、色々と欲しくなってきます。

.

私は、毎年チョコレート会社のA5サイズ程度の小さなアドベントカレンダーを購入していたのですが、

ad1.jpg

今年は、義母より手作りのアドベントカレンダーを貰いました。

ad3.jpg

手作りのアドベントカレンダーは、開けるワクワク感が増しますが、中に入れるものを考えるのが大変ですね。

.

このアドベントカレンダーの始まりは19世紀中旬。ただし、現在のような窓を一つ一つ開けていくものではなく、クリスマスや宗教をモチーフにした絵を壁に一日毎飾ったとか。そして、20世紀初めに印刷されたアドベントカレンダーが登場しました。1920年過ぎには、窓が開けられるカレンダーも出始め、チョコレート入りのアドベントカレンダーは1958年に登場。現在では様々なアドベントカレンダーが販売されおり、カレンダーの種類はこれからも増えていきそうですね。

.

*アドベントカレンダーについては、以下ウェブサイトを参照しております。

https://de.wikipedia.org/wiki/Adventskalender


2017年11月14日

日中でも10℃を超える日が無くなってきました。木もだんだん冬支度を始め、天気の良い日は落ち葉掃除で忙しくなります。

han3.JPG

庭掃除のタイミングはご近所さんと同じ場合が多く、顔を合わせたついでに世間話をしたりします。

.

会話中のボディタッチが多いので手も触れたりするですが、80を超えたご近所さんの手が柔ら過ぎて、思わず握り返してしまいました。「柔らか-い‼」と感心する私に、お茶目に微笑みつつ「ハンドクリームよ。手を洗ったら必ずクリームをつけるの。どんなクリームでも良いわよ。高くても安くてもね。」と教えてくれました。

.

彼女のような手を目指して、私のハンドクリームの消費が増えたのですが、種類が多くて選択に悩みます。そこで状況に応じで使い分けする事にしました。

han1.jpg

台所には、ドラックストアのプライベートブランド。

パッケージにsehr trockene Hände, またはstark trockeneHände(いずれも”乾燥した手”という意味)と表示されており、UREA(尿素5%)が配合されたほぼ無香料のハンドクリーム。主に調理や食事の前後で重宝しています。クリームは少しまったりしますが手は潤います。1€前後と購入しやすい価格です。

IMG_2103.JPG

.

寝室や外出時には、ドラックストアのプライベートブランドで「NATURKOSMETIK(自然派化粧品)」の表示があるハンドクリーム。穏やかな香りが心地良いです。このクリームも少しベタつきますが、この季節はさらっとしたものより、まったりとしたクリームを選んで手のマッサージを兼ねながら塗っています。お値段は2€~3€。

ha1.jpg

.

勉強部屋や外出時には、「NATURKOSMETIK(自然派化粧品)」のハンドクリーム。

.

ドラックストアのプライベートブランドより、気持ちさらっとしたつけ心地のクリームです。Lavera、SANTE, NONIQUEの他にも、自然派化粧品はドラックストアやデパートで豊富に揃っています。以下3点は、いずれも乾燥肌用のハンドクリーム。夏は軽いタイプのクリームで十分ですが、この時期は乾燥肌用に替えています。どのブランドも強すぎない香りが良く、お値段も3€前後と、頻繁に使用しても気にならない値段です。

ha2.jpg

その他、自然派化粧品のハンドクリームは、香りが高いもの、サラッとしたつけ心地のもの、ベタっとするもの、ほのかな香りのするもの、高価なもの、比較的安いものと、選択肢が豊富です。上記の自然派化粧品より価格の上がるブランドでは、香りがとても高いものもあります。私には香りが強すぎて使えませんが、逆にその香りが心地よいという方もいると思います。

ドラックストアやデパートでは、自然派化粧品はお試し用(パッケージにTESTERとシールが貼ってあります)がある場合もあるので、お好みのものを選んでみてはいかがでしょうか。


2017年11月14日

夜の時間が長くなり、気温も10度以下の日が続きますが、、この時期のドイツも悪くはありません。紅葉が楽しめます!

.

ハンブルグから郊外へ車で数十分も走らせると、こんな景色が。

Au123.jpg

黄色が主な紅葉ですが、とても綺麗で晴れた日はドライブに最適です。林や森、畑をよーく見ていると、野生のシカやイノシシを見かけることもありますよ。その他に、午、馬、ニワトリ等の放牧もされているので、ドライブ中にいろんな動物を見ることができます。

.

そんなドライブの合間に、義父お薦めのレストランで食事をする事にしました。リューネブルガーハイデの南にあるホテル&レストランHeide-Kröpke(ハイデ-クロプケ)。ハンブルグとハノーバーをつなぐ高速道路A7の近くにあります。

Au8.JPG

田舎の道にポツンと看板が出ているだけなので、知らなければ通り過ぎてしまいそうです。

Au9.JPG

創業1931年の家族経営のホテル&レストランで、レストランは狩猟の集い場として利用されていた事もあるとか。そのためでしょうか、ジビエのメニューが充実しています。

.

ですが、ドライブ中に見た動物を思い出してしまい、私はベジタリアンメニューにしました。

前菜はカボチャのスープ。この時期の定番スープですね。

Au1.JPG

今回はココナッツ風味。その他にも、ショウガとの組み合わせをレストランのメニューでよく見かけます。

メインは、キノコと季節野菜のリゾット。季節の野菜は、カボチャとRote Bete(赤ビーツ)

Au2.JPG

そしてデザートはチョコレートムース。

Au5.JPG

同行者はばっちりお肉を。豚

Au3.JPG

こちらはカモ。

Au4.JPG

HPによると主に地元で採れたものをメニューに取り入れているようですが、カボチャ、赤ビーツ、芽キャベツ、ジャガイモと、確かに地産地消なメニューでした。

サービスは親切かつ丁寧で、メニューがドイツ語のみですが、お薦めのレストランです。

.

Heide-Kröpke(ハイデ-クロプケ)

Esseler Damm 1, 29690, Essel

営業時間:11時30分~22時(ラストオーダー21時)


2017年11月 8日
2017年10月17日
2017年9月26日
2017年9月17日
2017年9月 8日
⇒すべての記事を見る

ドイツ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ハンブルク特派員

    ハンブルク特派員
    中村 ふみな
    2010年秋よりドイツ暮らし。飲食店の広報(東京)、PRの修士(スコットランド)、日系旅行会社にて旅行手配(フランクフルト)を経て、現在はハンブルグ郊外で主婦生活。ハンブルグを中心とした北ドイツの美味しい事、役に立つ事をお届けします。 DISQUS ID @Hhtokuhain

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集