海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ドイツ/ハンブルク特派員ブログ

ドイツ/ハンブルク特派員ブログ 中村 ふみな

ドイツ・ハンブルク特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


毎週土曜日、歓楽街の近くで開催されているフリーマーケットFlohschanze(フローシャンツェ)。

IMG_3707a.png

フリーマーケットは、開催が不定期だったり、街の中心から離れていたりと気軽に訪れる事ができません。一方Flohschanze(フローシャンツェ)は、毎週土曜日に、市街から数駅離れたFeldstraße(フェルドシュトラーセ)から徒歩1分も離れていない場所で開催されているため、土曜日にハンブルクに滞在している方なら気軽に行く事ができます。

IMG_3709a.png

「何か掘り出し物が見つかるかな」と期待したいところですが、先日久しぶりに足を運んでみたら、びっくりするほど興味のあるものに出会えませんでした。目についたのは、使い古された中古品ばかりで、8年前はもうちょっとアンティーク調だったり小綺麗な物が並んでいた気がするのですが。

IMG_3711a.jpg

滞在30分で飽きてしまったので、フリーマーケットFlohschanze(フローシャンツェ)の向かい側にあるRindermarkthalle(リンダーマークトハレ)でカフェタイムにしました。

IMG_3704.JPG

Rindermarkthalle(リンダーマークトハレ)には、ファストフード店、パン屋、ディスカウントショップ、スーパーマーケット、ドラックストア等が出店しており、フリーマーケット前後の休憩やランチ、日常品のお買い物にお薦めですよ。

.

Flohschanze

開催地:Neuer Kamp 30, 20357 Hamburg

開催日:毎週土曜8時~16時

最寄り駅:Feldstraße(フェルドシュトラーセ)


2019年5月 3日

昨年に引き続き、今年も4月なのに暖かい日が続いているハンブルクです。

晴天の本日も、朝晩は冷え込みますが、日中は半そでで気持ち良く過ごせるほど気温が上がりました。こういう日は街並みを眺めながらベンチで一休みするのも気持ち良いですね。

IMG_3768.JPG

この時期の旬の素材と言えば、白アスパラガス。マーケットやスーパーの店頭で白アスパラガスが売られ、レストランでは白アスパラガスを使用したメニューが登場しています。

.

人気の旬の素材白アスパラガスの側で、ひっそりと旬を迎えている食材があります。

ルバーブ (ドイツ語ではRhabarber、ラバーバ)

IMG_3770.JPG

カリウムとカルシウムが豊富なフキのような野菜で、赤黄色をした部分を食べる事ができます。葉は食べられないので、お店では葉柄の部分だけが束ねられて売られています。淡色野菜なのですが、酸味と独特なほんのりとした苦みが特徴で、主にケーキやジャムなどデザートとして使用されています。このどこかクセのある酸味と甘みのマッチは、好き嫌いが分かれます。

.

「もそっとしたケーキは食べたくないんだよな、でもどんな味か試してみたい」という方にお薦めなのは、(この時期だけでなく年中買えちゃいますが)ルバーブの炭酸飲料水。

IMG_3751.JPG

fritz-spritz(フリッツ-スプリッツ)は、ハンブルク生まれの飲料製造販売会社による商品で、多くのお店で取り扱われていますよ。見かけたら是非試してみてはいかがでしょうか?


2019年4月25日

イースターの飾りつけを始める前に、毎年恒例のFrühjahrsputz(春の掃除、年末の大掃除のようなもの)をする事にしました。そこで出てきた不用品を処分したいのですが、状態が良い物はもったいなくて捨てられません。かといって持ち続けたくもないので、無料で引き取ってくれる所へ持っていく事にしています。

.

食器や洋服、小物などは、「貧困のない世界」のために活動する国際協力団体Oxfam(オックスファム)へ。ドイツ語が苦手でも持ち込んだ物を見せて「Spenden(シュペンデン、寄付)」と言えば分かってもらえます。尚、閉店の1時間前や、使用した子供靴や下着、電化製品、家具、季節外れの洋服など受け取ってもらえない物がありますのでご注意ください。

.

棚や椅子など、比較的大きなものはStilbruchへ持っていきます。Stilbruch(スティルブロッホ)は、粗大ゴミの中から、まだ使えるものを手直して販売するリサイクルショップで、店頭に持ち込んでも受け取ってくれます。入り口に平台ワゴンが設置されているので、その上に持ち込んだものを置いていくだけです。

.

そして本。Oxfamでも良いのですが、私はいつもここに持っていきます。

ハンブルグの中央図書館。

IMG_2516.JPG

ハンブルグの中央図書館は、ハンブルグ中央駅より徒歩数分と近く、幅広く豊富な蔵書(日本語の本もあります)に加え、カフェや自主スペースと充実しています。

寄付する場所はこの中央図書館の地下、Bücherflohmarkt(本のフリーマーケット)。

IMG_2514.JPG

地下へは館内からも行けますが、館外からもアクセスできます。図書館入口の隣にある地下へ続く外階段から、

IMG_2482.JPG

館内に入ると、どこかひっそりとした一角に本棚が。

IMG_2486.JPG

Bücherflohmarkt(本のフリーマーケット)です。ここに陳列されている本は一冊1€で購入できます。

IMG_2487.JPG

寄付をするには、館内にいるスタッフの方へ「Spenden(シュペンデン)」と言って本を渡すだけです。日本語の本も受け取ってくれ、他の方が寄付した日本語の本を購入する事もできますよ。尚、古すぎる本や10冊以上は寄付できませんのでご注意ください。


2019年3月28日
2019年2月27日
2019年2月15日
2018年12月19日
2018年12月13日
⇒すべての記事を見る

ドイツ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ハンブルク特派員

    ハンブルク特派員
    中村 ふみな
    2010年秋よりドイツ暮らし。飲食店の広報(東京)、PRの修士(スコットランド)、日系旅行会社にて旅行手配(フランクフルト)を経て、現在はハンブルグ郊外で主婦生活。ハンブルグを中心とした北ドイツの美味しい事、役に立つ事をお届けします。 DISQUS ID @Hhtokuhain

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集