海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > オセアニア  > ハミルトン特派員ブログ > ニュージーランド入国後、2週間の強制隔離体験

ニュージーランド/ハミルトン特派員ブログ りんみゆき さん

ニュージーランド・ハミルトン特派員が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年11月11日

ニュージーランド入国後、2週間の強制隔離体験


ニュージーランド入国後、2週間の強制隔離体験

現在ニュージーランドに入国できるのは永住権や必要なヴィザを持っている人に限られています。
また入国後は全員、政府の指定するホテルでの2週間隔離が義務付けられています。
このManaged Isolationについてはこちら から。


私が入国した時はまだありませんでしたが、
現在入国する場合、このウェブサイトからバウチャーを申請し、隔離ホテルを確保してからでないと入国できません。
申請するにはフライト情報が必要です。


クリスマスシーズンは特に混みあい、希望の日にバウチャーがないこともあるようです。
入国することが決まったら、早めにバウチャーを確保してください。


以下は私が入国した際の体験レポートです。

IMG_7162.jpg
ニュージーランド航空で朝、オークランド空港に到着。
乗客は50人くらい。
離陸後には席を変えることもできますが、
コンタクトトレーシングのため、元の席番号と移動後の席番号をクルーに伝えます。
機内では食事の時以外は全員マスク着用。
緊急で酸素マスクをつける時は外してもいいというアナウンスが入りました。
フライト中も数回、マスク交換で新しいマスクを配り、使ったマスクは専用のごみ袋に入れて捨てました。
到着後はミリタリーが飛行機に乗ってきて、その後の説明をしていました。
隔離施設は5都市、32施設あり、この時はじめて、どのホテルで隔離をすることになるのか知らされます。
原則として同じフライトの人は同じホテルと決まっており、ホテル変更はできません。
(ホテルの部屋数の関係上、施設が分かれるケースもたまにあるとか)

IMG_7165.JPG

空港は怖いくらい静か。
荷物を受け取り、到着ロビーに出るとスタッフが出迎えてくれます。
カウンターで名前を告げ、バスで食べるクッキーや水を受け取り、バスへ。

IMG_7167.JPG

この便の乗客は全員ロトルアのSudima Hotelで隔離するため、
バスへ乗り込み約3時間。
途中のトイレ休憩では、1人ずつバスから降りて、トイレを利用。
かなり時間がかかりました。
バスの中でも飲食する以外はマスク着用。

IMG_7790.jpg
ホテルの入口はフェンスで囲まれ、
関係者以外は中に入ることはできません。
逃げ出さないように、軍隊やガードに見張られています、、、
(実際逃げ出したケースもあるとニュースで読みました)
ナースから質問を受け、必要事項を記入し、やっと部屋へ。

IMG_7169.jpg

ホテルの宿泊費は自己負担で1人NZ3100。
ルームシェアの場合や、免除されるケースもあり、
詳しくはこの チャートから調べることができます。
ホテルによって規則が違うようですが、
このホテルではゴミ出しのために廊下に出ることはでき、
また時間帯関係なく、駐車場で歩くことはできました。
部屋から外に出る時、また部屋のドアを開けて人と接触する時は
マスク着用します。

IMG_7185.jpg
隔離期間中、部屋に掃除の人が入ることはできないので
部屋の掃除は自分でします。
シーツの取り換えは週に1回、洗濯物は週に2回。
掃除機はリクエストをしたら借りられるようです。
F5FAC949-2AA7-41DA-8523-7279979F5DBA.JPG

こういう時こそ楽しみを見つけなければ!
とトイレアートをしてみたり。

IMG_7190.jpg

ウェルカムパックにはMI中の注意事項やウェルビーイングについて。
毎朝ナースによる検温があり、
3日目と12日目にはPCR検査があります。

IMG_7212.jpg

娘にはロトルア市からと教育局からのケアパッケージが届きました。
教科書や本、日記帳やスティッカーなどティーンエイジャー向けのもの。

IMG_7772.jpg

IMG_7246.jpg

IMG_7295.jpg

朝ごはんは午前8時前後、ランチは午後1時前後、ディナーは午後7時前後に運ばれます。
接触しないように、茶袋に入って、部屋の前に置いてあります。
ワインは1日1本まで、ビールは3本までルームサービスでオーダーすることができます。
フードデリバリーやスーパーのデリバリーもできますが、アルコールは没収され
チェックアウトの時に返してもらえます。
精神状態が不安定な人もいるので、アルコールの摂取量を把握しておきたいとのこと。


毎食、普通食とベジタリアンから選べます。
そのほかアレルギーなどがある場合は相談できるとのこと。
メニューはその時によって、前日配られたり、配られなかったり。
退屈しないようにSudokuやWord puzzleも茶袋に入っていることも。
水はミネラルウォーターが毎日配られ、コーヒーや紅茶はなくなったらフロントに電話して持ってきてもらいます。
IMG_7320.jpg

滞在中スーパーに2回デリバリーをオーダーしました。
さりげないメモにほっこり。

ホテルスタッフもナースも軍隊もみんな親切で、
自由がないこと以外は快適な滞在でした。
FBの情報交換の が事前の情報を収集するのに
とても役に立ちました。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 交通・鉄道・航空
2020年11月11日
« 前の記事「オークランドは9月23日深夜からレベル2」へ
ハミルトン特派員 新着記事
ニュージーランド入国後、2週間の強制隔離体験
オークランドは9月23日深夜からレベル2
NZ全土で現在の警戒レベルを当面継続
新型コロナウイルスに関する注意喚起
「山の日」スペシャル、ニュージーランドの登山紹介
フォトジェニックなハミルトンガーデンズ
ニュージーランド航空がオークランド/成田線を再開
新型コロナウイルスにおけるニュージーランドの入国制限

ニュージーランドとその付近のエリア ツアー情報

該当するツアー情報がありません

ニュージーランド 航空券情報


ニュージーランド旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ニュージーランドの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

オセアニアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ハミルトン特派員

    ハミルトン特派員
    りんみゆき さん
    2020年1月からハミルトンに長期滞在、(過去約20年間、年に数回の訪問歴あり)。外資系航空会社のCA、日本語教師、学校運営を経てフリーランスのライター・通訳として香港とニュージーランド・ハミルトンの 2 都市を拠点に活動中。著書『海外のいろんなマラソン走ってみた』、共著『台湾・香港 de ワーキングホリデー』ほか雑誌、ウェブに寄稿。趣味はハイキング、マラソン、ベリーダンス、読書。
    ・インスタグラム https://www.instagram.com/wandermi/
    ・Facebook https://www.facebook.com/miyukilynn/
    ・URL http://www.aconnect.jp/

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集