海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ハノイ特派員ブログ > 版画を買いにドン・ホー村へ。ハノイからの小さな旅

ベトナム/ハノイ特派員ブログ 仲河みどり

ベトナム・ハノイ特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年6月 5日

版画を買いにドン・ホー村へ。ハノイからの小さな旅


メール プリント もっと見る

版画を買いにドン・ホー村へ。ハノイからの小さな旅

ハノイの周辺には、車で小1時間ほどで訪ねられる観光向けの村がいくつか点在しています。
以前ご紹介した焼き物の村、バッチャンもそうですが、
今日は"版画の村"ドン・ホーをご紹介します。


ドンホー村1.JPG

ハノイから東へ約30km、 
車でおよそ1時間ほどのところにドン・ホー村があります。

最初、この日のドライバーに
「ドン・ホー村へ」と、伝えましたが、
この村が 版画で有名な村であることは知っていましたが、
あまり場所を知らずに出発してしまったらしく、
道に不安になるたびに車を止めては人に聞きを繰り返し、
たどり着くのに1時間半以上もかかってしまいました! (疲れました。。。)


dong ho village.JPG


そうしてたどり着いたドン・ホー村は、
ちょっと不思議な村でした。
早々に村散策を始めましたが人の気配が薄く、
路肩に積まれた商品のような紙製のくつ、
瓦礫、
たまに現れる小さなバケツ。
その中に、何かの生き物の臓物が生なましく放置され、
それらがおびただしい腐臭を放っていました。


40℃を超えるカンカンに暑い日差しの中で、
無人のような村、そして強烈な臭気、
それはとてもシュールな光景でした。


しかし、村に漂う腐臭を
臭い、と感じる以上に
「匂い」とはこういうものなんだ。
そう感じていた自分こそ、
本来の"匂い"あるものから遥かに離れた生活を、
長年してきたのだと思わされます。


ドンホー村3puppy.JPG


ようやく自転車で通り過ぎる人に出会い、
人の気配が感じられる民家にも出会うと、
そこには可愛らしい子犬がおりました。

家の中からスラリとした若者が出てきて、
親切に子犬を見せてくれました。
とても優しい人々です。

★  ☆  ★

この村の版画の歴史は11世紀李朝にさかのぼると言います。
版画はベトナムの様々な文化を反映し、
時代物、風景、招福、古くから伝わる民話などをモチーフに作られています。
やがて、ベトナムでは正月(テト)などの、
縁起物として欠かせないものとなって行ったそうですが、
昔は数多くの職人が版画制作に従事していた村ながら、
商売の自由化が認められた後は、転職する人が相次ぎ、
版画制作に従事する職人が激減、今では一握りしか残っていないとのこと。


その残り少ない一軒が、村の入口にあった立派な門のある工房でした。
グエン・ダン・チェ氏の工房です。
版画交流センターとして、ユネスコにも指定されています。


版画の家 入口.JPG

この門をくぐると別世界。
のどかな空気が漂う工房で、
版画づくりにいそしむ職人の方々の姿を見学することができます。


版画の家 職人.JPG

室内では、版を彫る作業を見学しました。
大小様々な彫刻刀で、丁寧に細かな絵を木に描いていきます。


版画の家 室内.JPG

ベトナム伝統の家の中には版木が幾つも重ねられ、
数々の版画作品が飾られています。
室内の様子は静けさが漂い、とても落ち着きがあります。


版画の家 版画.JPG

こちらは刷り上がった版画。
ネズミの結婚式の様子が描かれた伝統的な絵柄です。
まだ色を付ける前の白黒の絵がまた愛らしく。


版画の家 作業中.JPG

中庭では、版画の下地の色を付ける作業が行われていました。
良く晴れた日の、なんとものどかな風景ですが、
一枚一枚、すべてが手作業で行われており、
そこに漂う穏やかな時間も、
まるでこの版画に写されているかのように思えます。


この日は運がよく、ベトナム版画の継承者であるご老人、
グエン・ダン・チェ氏にお会いすることができました。
とても穏やかなお人柄で、
笑顔を絶やさず、お店の版画を次々と見せてくださいました。
かつての首相も訪れ、版画継承の功績を称えたという、
その時の写真が店内には飾られています。


版画の家 版画販売.jpg

版画も販売されています。
サイズも大小様々に並びます。
一枚一枚よく見ると刷り具合が変わり、
すべてがハンドメイドなのだと実感できます。


版画の家 中庭.JPG


この村はこの場所以外に観光らしき見どころは少なく、
カフェもフォー屋さんも見当たらず休憩も難しい。
1時間かけて来たけれど、
1時間過ごすことができない。
それが率直な感想です。


ドンホー村 puppy2.JPG


もし、この村を旅行者のみなさんが訪れるのであれば、
ハイヤーを半日~終日手配して、
焼き物の町・バッチャンなどと組み合わせて訪れるのが良いと思います。

バスは運行しておりませんのでお気を付けください。
また、タクシーですと帰路の車の手配が難しく、
待機させれば割高になると思いますのでお薦めできません。
*ハイヤー料金 半日で40ドル前後~予約、料金詳細はホテルでご相談を


また、ハノイには親切&安心な日系の旅行会社もあり、
ドンホー&バッチャンなど、
近郊の村を組み合わせた半日ツアーもあります。
ぜひご利用ください。

prints.JPG


本日は、はがきサイズの小さな版画を二枚買いました。
丸々と太った赤ちゃんがねこに乗っている図と、
子供たちが小鳥や花と戯れている図です。
1枚20000VND(約100円)でした。


ドライバーには、
「今は、版画も少し。観光は何もないところだよ」
そう、言われてましたが、
それでも、家に戻って買った版画をみつめるほどに、
"また訪れたい"
そう思うから、不思議です。


是非、ふたたび訪れて、
次回は、大きなサイズの版画を買いたいと思っています。


ぜひ、皆さまもハノイ近郊の村を訪れてください。
のどかな風景が待っています。


それではまた来週!
すてきな一週間をお過ごしください。

envelope.JPG

★ハノイブログは毎週月曜更新です★


★Information★
グエン・ダン・チェ氏の工房(版画文化交流センター)
Trung Tam Giao Luu Van Hoa Tranh Dan Gian Dong Ho Cua Nghe Nhan Nguyen Dang Che
Address:
Dong Ho Village, Song Ho Commune, Thuan Thanh Dist., Bac Ninh Province
Open:
7am-5pm
Close:
無休
見学自由

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産 文化・芸術・美術 旅行・ツアー・ホテル 見所・観光・定番スポット
2017年6月 5日
« 前の記事「雨の日はミュージアム。☆ハノイの博物館①☆国立歴史博物館」へ
»次の記事「ハノイオペラ座界隈で、出会った小さなヌードル屋さん。」 へ
おすすめ記事
    ハノイ特派員 新着記事
    カラフルなプラカゴ探し。ハノイで買える愛しのベトナム雑貨
    ハノイの休日はフレンチなブランチで。 "EMM's" 居心地のよいカフェレストラン
    ラフスケッチ Hanoi #6 ぐっすりとハノイ
    11月、ハノイも秋です。秋冬ベトナム旅の服装アドバイス
    ハノイで映画を!最新設備で快適な映画館CGVシネマズ
    ラフスケッチ Hanoi #5 ちょっと待ってハンマー通り
    ハノイBeer! サイゴンBeer! フォーリンBeer!ベトナムは毎日がビール日和
    ラフスケッチ Hanoi #4 「その犬の名は」雨の夜のハノイはすこし悲しい

    ベトナム ツアー最安値


    2017/11/22更新

    ベトナム 航空券情報


    ベトナム旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ベトナムの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ハノイ特派員

      ハノイ特派員
      仲河みどり
      タイ、イギリス在住時代に日々の暮らしをブログで紹介。人気投票で選ばれオムニバス版で書籍化など。現在は、訪日外国人観光客向けWebガイドブック・Planetyze(プラネタイズ)のライターとして活動中。日本とベトナムを行き来しながら、1年のおよそ半分をハノイで生活している。国内外問わず大の旅好き、美味しいもの好き。大学生になる一人娘、若いオス猫の母でもある。 DISQUS ID @midori_n

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集