海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ハノイ特派員ブログ > 冬に美味しいと感じたベトナムごはん「ブンダウ・マム...

ベトナム/ハノイ特派員ブログ 仲河みどり

ベトナム・ハノイ特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年2月 6日

冬に美味しいと感じたベトナムごはん「ブンダウ・マムトム」


冬に美味しいと感じたベトナムごはん「ブンダウ・マムトム」

IMGP9199.jpg


最近、ハノイは寒い日が続いています。ハノイは10度以下になると子供たちは休校になるそうで、ちょっとご飯を食べに行くと、お店などにちょこんと座っていたり、お母さんのお手伝いをして働いていたりします。今日はそんなお昼どきに食べた「ブンダウ」をご紹介します。


Bún đậu mắm tôm
ブンダウ・マムトム


ダウは豆腐という意味で、ここでは揚げ豆腐のことです。Bunという細い米粉でできた麺と共に食べる、ベトナムの庶民的なローカルフードです。タレはマムトムというエビを発酵させた魚醤を使います。マムトムは香りも強烈ですし、味も大変塩辛いので、ライムを絞り、上手に付け具合を加減していただきます。
※ マムトムは食べ慣れると独特の甘みやうま味が感じられるようになり、大変美味しいと思います。


IMGP8025.jpg


日本の木綿豆腐をしっかり水切りしたような、少し固めのお豆腐を3㎝幅ほどに切り揚げます。この店はマムトムに、この揚げ油をほんの少し足してタレを作ります。自家製と思われる、大事そうにカメに保存されたマムトムが美味しく、この足した油のコク具合も好きで通っています。


IMGP9198.jpg


ブンダウなどローカルごはんの多くは、街角にある屋外に小さなイスと低いテーブルを並べたもの、もしくはドアのない吹き抜けの食堂になるので、思いのほかハノイでは季節感を感じてごはんをいただくことになります。
そんな日々の中、今年初めて「ブンダウは冬に美味しい」と感じました。実際は、一年中美味しいのですが。


寒い、と大判のショールで身体をくるんで低い椅子に腰けて注文を済ませます。待っている間は、ダウ(豆腐)を油に滑り込ませる様子をじっと見つめます。ついでに "さつまあげ"も指差しで注文し、それも油の中へ。その間、キュウリを小さなナイフでカットし、ゆで豚は大きな包丁でスライス。シソのようなハーブを手際よくお皿に盛り付け完了したころ、揚げたてのダウがお皿に盛られます。
※ ゆで豚のスライスは店によりない場合、または別注文の場合があります


IMGP9205.jpg


アツッ。


一口目にいただく、このアツアツの揚げ豆腐の食感。カリッとして、アツッと来て、じんわり。寒い空気を含ませて頬張る熱いブンダウと、添えられる新鮮なきゅうりの冷たさのコントラストが、またオイシイ。


IMGP8222-2.jpg


ある日、いつものブンダウ屋台に出かけると、そこでいつも料理を作っている若くて物静かな奥さんが「今日は、これを食べてみない?」と、小さな声で話しかけて来てくれました。もうひとつの店の自慢メニューのようで、自宅で作って、それを大きな炊飯ジャーに入れて持ってきているらしく、そこからすくって小鍋に入れ、温めなおして出してくれました。


それはGiả cầyという、豚足を煮込んだシチューのような料理で、ベトナムでは伝統的な家庭料理として人気があるようです。(少しづつ減ってきているようですが)犬肉を食用とするベトナムでは、この料理が「犬肉に味が似ている」と言う理由で「偽犬肉」などと言われるようです。


私は犬は食べないのでその真偽がわかりませんが、ターメリック、ガランガム、ウコンなどの香辛料、マムトムのなどのエビの魚醤などの調味料など、なかなか個性的なものが複雑に入っているらしく、その生まれて初めて食べる味を伝えるために必要な表現がうまくイメージできません。


何度も口に運んで言葉で考えるのですが。


香りはシナチクを強くしたような、アジアで出会いがちな、酸っぱいような独特のツンとしたタケノコ料理の匂い。それをもう一段ツンとさせたような鼻を刺す匂い、が最初の印象です。しかし食べ始めると、しっかりと煮込まれた豚足から取れるコラーゲンでしょうか。とてもまろやかな舌触りで、美容によさそうな味わいです。やがて香りは食感にマッチするにつれ気にならなくなり、ベトナム風豚足シチューというか、身体がものすごく温まる、コクのある驚くべき料理だと思いました。こちらではこのシチューにブンを浸して食べるのが定番です。なぜかシチューにご飯、を頭のどこかで思い出しながらいただきました。奥さん自慢のお料理、おいしかったです。ごちそうさまでした。
お値段は、どちらも30000ドン(約150円)です。


IMGP9196.jpg


今日のブンダウは、近所のいきつけ街角屋台の物ですが、旧市街など観光で立ち寄りやすい場所にもブンダウ食堂や屋台がありますので、ぜひ味わってみてください。洗練されたベトナミーズレストランでもメニューにある場合もあります。ぜひ、ベトナム風揚げ豆腐を食べてみてくださいね。


日本の皆さまも、温かいものを食べてお元気で。


IMG_2155-2.jpg

▲ オペラハウスに近いカフェ「Au Rac Cafe」のお上品なダウ(揚げ豆腐料理)


Photos & writing © Midori Nakagawa


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2018年2月 6日
« 前の記事「ベトナムで一番人気のショコラトリー Maison Marouでハッピーバレンタイン!」へ
»次の記事「かまど(台所)の神様「オンタオの日」を祝って迎えるお正月☆2018年テト便り☆」 へ
おすすめ記事
    ハノイ特派員 新着記事
    【最終回】日常、今でも「キュンッ!」が終わらないハノイが好き
    ハノイの花溢れる人気スポット!フォトジェニックなフラワーパークで昼食を
    暑い日のハノイにピッタリ!ローカル店のB級デザート「ホアクアザム」
    ハノイのB級美味グルメ!日本人率が非常に高いベトナム風焼き鳥の店「ビンミン」
    ハノイのB級美味グルメ!東河門そばの「ワンタン・ヌードル」
    ハノイの食堂でよく見る「プラスチック椅子」、ここで買えます!
    ハノイのB級美味グルメ!一度は行きたいフォーの名店「 フォー・ザー・チュエン」
    フォトジェニックな眺めを堪能!ハノイ最高層ロッテセンター展望台
    1年前の同じ月に投稿された記事
    大金を持ってる気分?結構ややこしいベトナムのお金
    魅惑のフルーツ!旬の果物でベトナム美人に
    小鳥の声がBGMです。湖のほとりのメジロカフェ
    冬があるから。温かいChèで甘く甘く癒される

    ベトナム ツアー最安値


    2018/8/15更新

    ベトナム 航空券情報


    ベトナム旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ベトナムの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ハノイ特派員

      ハノイ特派員
      仲河みどり
      タイ、イギリス在住時代に海外生活をテーマにブログを始め、コンテスト形式の日記サイト「bjダイアリー」に参加。書籍化されオムニバス集に掲載。その他、訪日外国人旅行者のためのオンラインガイドブック「Planetyze」のライターとして活動。「地球の歩き方」特派員ブログには2016年11月から参加。同サイト「ニュース&レポート」ほか、大手企業への寄稿、企業HP制作(文章担当)、翻訳などを手掛ける。 DISQUS ID @midori_n

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集