海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ハノイ特派員ブログ > 【番外イギリス・バース編】カントリーサイドの名店「...

ベトナム/ハノイ特派員ブログ 仲河みどり

ベトナム・ハノイ特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年3月 9日

【番外イギリス・バース編】カントリーサイドの名店「The Bridge」で愉しむアフタヌーンティー


メール プリント もっと見る

【番外イギリス・バース編】カントリーサイドの名店「The Bridge」で愉しむアフタヌーンティー

IMGP1040.jpg

* ベトナム・ハノイ特派員ブログですが番外でイギリス編をお送りしています *


イギリスに来たら、オーセンティックなクリームティーを味わいたいですね。ロンドンのリッツやブラウンズホテルでの洗練されたアフタヌーンティーも素敵ですが、コッツウォルズには素朴で濃厚な、「これぞイギリス」ともいうべき、"イギリスの心"を感じるようなティールームが数多くあります。

本日はその中から、権威あるティーギルドで最高賞に輝く、小さな町にあるイギリスの名店「The Bridge Tea Rooms」をご紹介します。


IMGP1007.jpg

いかにも歴史ある古い佇まいのゆがんだ建物。頭をぶつけそうになる低い入口。コッツウォルズ地方最南端と言われる町、Bradford on Avonに、ヴィクトリア時代さながらのティールームがあります。その名は「The Bridge Tea Rooms」。名前の通り、穏やかに流れるエイボン川に架かる橋のすぐそばにあります。


IMGP1019.jpg

この古ぼけたディケンズの時代のような趣が漂う小さなティールームは、権威あるUK Tea GuildでThe UK's Top Tea Placeを二度受賞した知る人ぞ知るティールームです。店内にひとたび足を入れれば、そこはこぢんまりとしながらも可愛らしい部屋。冬は暖炉の火も温かく、なんとも家庭的な居心地の良さが感じられる素朴なティールームです。


IMG_5208.jpg

せっかくなので、ぜひ三段重ねのアフタヌーンティーを。中でもスコーンは絶品。昔から変わらないレシピ、ざっくりとした素朴な味わいにイギリスらしさを感じます。南西部はクリームの美味しさでも有名なので、たっぷりとつけて召し上がれ。


二段目はビクトリアケーキとレモンケーキのスライス。とても甘いです。それは紅茶が何杯でもいただける、カントリーサイドの味そのもの。そして三段目のサンドイッチはバターも風味よく、ボリュームたっぷりな田舎風です。


しっかり食事に相当する分量なので、お茶を兼ねたランチとしていただくのがおすすめです。そのほか、ブレックファストやランチによい食事メニューも豊富です。"ploughman's lunch"(プラウマンズ・ランチ=農夫の昼食※写真右下)は、食が豊かなコッツウォルズ地方の特産がひと皿に詰まっています。チーズ、ハム、新鮮なサラダやピクルスなど、南西部のグルメがいただだます。


IMG_4969.jpg

スコーンは中央にナイフを入れ、水平二つに切ります。その内側にたっぷりとクロテッドクリーム&ジャムをつけていただきます。紅茶は熱湯が入ったポットが同時にサーブされますので、top up(継ぎ足し)て2杯目以降もぜひ味わってください。食べきれなかったものは持ち帰りができます。ケーキボックスを用意してくれるので、ぜひお願いしてみてください。


IMG_4977.jpg

The Bridge Tea Rooms名物の昔風エプロンドレスのメイドさんです。「ティールームで働く子はいい子が多い」と聞いたことがあります。面接での採用基準が厳しいらしいですね。きびきびと気が利く、とてもすてきなお嬢さんでした。


IMGP1030.jpg

紅茶の傾きも情緒のひとつ?
この古い建物は1502年に建てられたものです。インテリアやティータイムの雰囲気はヴィクトリア時代風ですが、建物はチューダー朝時代のもの。天井の低さ、傾き、暖炉の雰囲気はまさにシェイクスピア前の世界です。


絵に描いたようなイギリスの世界、それは外国人が求めるものではなく、イギリス人自身が大事にしている世界。だからこそ、このお店は小さな町にありながらも多くのイギリス人が訪れ、伝統が保たれ続けているのだと思います。ぜひ、一度足を運んでこの空気感を味わってみてくださいね。


☆Information☆
The Bridge Tea Rooms
https://www.thebridgetearooms.co.uk/
開店時間は事前確認を。閉店は4:00pmと早めなのでご注意ください
週末はいつも混んでいますので、事前予約がおすすめです。


IMGP1177.jpg

食後はゆっくりと街散策を。中世から残る建物とカントリーサイドの風景が満喫できます。街歩きは、橋のそばにある小さな公園内にインフォメーションセンターがあるので、地図など街の情報を手に入れるとよいでしょう。


IMGP1048.jpg

The Bridge Tea Roomsのそば、14世紀初頭の橋「Town Bridge」を渡って町の中心部へ。橋にある小さな建物は17世紀の牢です。裁判にかけられる前の囚人をここに閉じ込めておいたとか。中世の面影が残る貴重な風景です。


IMGP1130.jpg

小さな町の中心部には酒屋さん、雑貨店なども。お店をのぞきながら教会へ。教会をぬけ、高台の住宅地を登り切ると街が一望できます。


IMGP1167.jpg

エイボン川の流れをゆったりと眺めるのもいい一日です。


IMG_5207.jpg

お土産には地元のクラフトはいかがですか。地元のクラフト職人、作家たちが持ち寄り製品を販売している「Made in Bradford on Avon」にもお立ち寄りください。ゴム樹脂工場の跡地が再開発され、広いスペースにカフェや洋品店、雑貨屋さんなどが集まるショッピングゾーンができました。その中に「Made in Bradford on Avon」はあります。展示場を兼ねたショップで、その場で気に入ったものの購入ができますが、気に入ったテイストの作家が見つかれば、直接コンタクトを取り、自分の希望などを伝えて、オリジナル製品のオーダーが可能だそうです。


陶器、ガラス製品、アクセサリー、子供服、インテリア、ファブリック、絵画など、数多くの地元作家による個性的なアイテムが並びます。ぜひ、散策のついでに立ち寄ってみてください。


☆Information☆
Made in Bradford on Avon
https://www.facebook.com/MadeInBradfordOnAvon/


IMGP1151-2.jpg

ブラッドフォード・オン・エイボンへのアクセス
バースのバスターミナルからローカルバスで約40分
Bradford on Avon下車


Photos & writing © Midori Nakagawa

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー
2018年3月 9日
« 前の記事「【番外イギリス・バース編】バースで愉しむショッピング。素敵な本と雑貨を探して」へ
»次の記事「【番外イギリス・バース編】バースはスイーツ天国!濃厚ファッジからジェラートまで」 へ
おすすめ記事
    ハノイ特派員 新着記事
    【最終回】日常、今でも「キュンッ!」が終わらないハノイが好き
    ハノイの花溢れる人気スポット!フォトジェニックなフラワーパークで昼食を
    暑い日のハノイにピッタリ!ローカル店のB級デザート「ホアクアザム」
    ハノイのB級美味グルメ!日本人率が非常に高いベトナム風焼き鳥の店「ビンミン」
    ハノイのB級美味グルメ!東河門そばの「ワンタン・ヌードル」
    ハノイの食堂でよく見る「プラスチック椅子」、ここで買えます!
    ハノイのB級美味グルメ!一度は行きたいフォーの名店「 フォー・ザー・チュエン」
    フォトジェニックな眺めを堪能!ハノイ最高層ロッテセンター展望台
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ハノイで優雅に過ごすなら。ソフィテル・レジェンド・メトロポールの魅惑のハイティー
    個性溢れるごちそうハンバーガー!at ハノイのカフェ
    Cousinsーハノイで愉しむフレンチビストロ
    やがて、そこが"HOME"になる。私の好きなベトナム料理店

    ベトナム ツアー最安値


    2018/6/12更新

    ベトナム 航空券情報


    ベトナム旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ベトナムの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ハノイ特派員

      ハノイ特派員
      仲河みどり
      タイ、イギリス在住時代に海外生活をテーマにブログを始め、コンテスト形式の日記サイト「bjダイアリー」に参加。書籍化されオムニバス集に掲載。その他、訪日外国人旅行者のためのオンラインガイドブック「Planetyze」のライターとして活動。「地球の歩き方」特派員ブログには2016年11月から参加。同サイト「ニュース&レポート」ほか、大手企業への寄稿、企業HP制作(文章担当)、翻訳などを手掛ける。 DISQUS ID @midori_n

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集