海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ハノイ特派員ブログ > 【番外イギリス編】英国一かわいいテディベア専門店「...

ベトナム/ハノイ特派員ブログ 仲河みどり

ベトナム・ハノイ特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年3月 1日

【番外イギリス編】英国一かわいいテディベア専門店「Teddy Bears of Witney」


【番外イギリス編】英国一かわいいテディベア専門店「Teddy Bears of Witney」

IMGP0046-2.jpg


* ベトナム・ハノイ特派員ブログですが番外でイギリス編をお送りしています *


オックスフォードからバスにのんびり揺られて約35分、コッツウォルズ地方独特のはちみつ色の家並みが続く街ウィトニー(Witney)に到着します。その街のハイストリートに、テディベア専門店「Teddy Bears of Witney(テディベアーズ・オブ・ウィトニー)」があります。 "イギリスで一番可愛いいテディベアショップ "と、私が固く信じるこの店を本日はご紹介します。

IMGP9995.jpg

ウィトニーの街を貫くハイストリートの北端にこのお店はあります。16世紀に建てられたコッツウォルズストーンのコテージハウス、その入口には赤いクマの看板。歴史を感じさせる建物のウィンドウには数多くのテディベアたちが並び、愛らしい姿でお客様を迎えます。


IMGP0012.jpg
▲テディベアたちの目にも映る美しいコッツウォルズの街並み


1985年、世界的に知られるテディベアコレクターのイアン・パウト氏は、イギリス初のテディベア専門店をウィトニーの街にオープンしました。シュタイフ、メリーソート、ハーマンなど一流メーカー品ほか、世界から選りすぐったテディベア・アーティストによる作品を販売。ショップオリジナルのテディベアもあり、お店には1000点以上のストックが常備されています。新作だけでなく、貴重なビンテージやアンティークベアもあり、イアンさんの経験に基づいた深い知識やアドバイスをいただきながらのお買い物も魅力のひとつになっています。


IMGP0005 (4)-2.jpg
▲お店のアイドル、真っ赤なテディベア「アルフォンゾ」(展示)
特別にあつらえたロシア風の衣装がかわいい!


ロシアの皇族(大公女)、プリンセス・ゼニア(又はクセニア)が所有していた伝説の赤いテディベア(シュタイフ・1908年製)「アルフォンゾ」は、イアンさんが所有するコレクションの中で最も有名なもののひとつです。以前は本物がお店にありましたが、現在はデンマークのテディベア博物館に展示されているそうです。「アルフォンゾ」はテディベアーズ・オブ・ウィトニーを象徴する存在となっており、シュタイフ社ではウィトニーのためのアルフォンゾ(レプリカ)をこれまでに制作、現在は旅のお供にぴったりな小さなサイズのレプリカ「ポケットアルフォンゾ」が販売されていまるので、ぜひ旅の記念に購入してみては?


IMGP0037-2.jpg

私がイギリス在住時代、このお店に一目で恋に落ちたのは、この愛らしいカントリースタイルの室内に並ぶテディベアたちの自然な佇まいです。まるで、この古いコテージハウスの住人であるかのように、生き生きと幸せそうに置かれている姿は、心からテディベアを愛するイアンさんならではの優しい計らい、テディベアーズ・オブ・ウィトニーならではだと思います。


IMGP0035.jpg

そっと手に取ってその感触や重みをしっかりと確かめながらお気に入りのベアを選べます。また、同じものの在庫があれば、いくつか見せていただき「お顔選び」もお願いできます。


IMGP0002 (4)-3.jpg

「ティー?コーヒー?」
と、声をかけていただいたら、ぜひお茶が冷めないうちに一服を。来店者への心遣いがうれしいサービスです。お茶をいただきながら、ゆったりとした気分でお気に入りのテディベアを探せますよ。


IMGP9996-2.jpg

お店の奥には長い棚が続き、日本でも大人気の英国テディベアメーカー「メリーソート Merrythought」のコーナーがあります。エリザベス女王に「(表情)がcheeky(生意気)ね」と言われ"チーキー"と呼ばれるようになった、お茶目な表情をしたテディシリーズほか、新作からウィトニー限定品まで様々にそろっています。


IMGP9998.jpg

▲ガラスケースに保管されたアンティークベア
シュタイフ社製を中心に、時代を超えた貴重なテディベアが購入ができます。


IMGP0025-2.jpg
▲「くまのプーさん」のモデルとされるテディベアは、イアンさんが所有する貴重なコレクションのひとつ(展示)


店内の小さな部屋は「ミュージアム」として、イアンさんのコレクションが展示されています。ファーネル社製のテディベア、そしてピグレットは、「くまのプーさん」の作者A・A・ミルン氏の息子、クリストファー・ロビン・ミルンが持っていたものと同じモデルと言われています。


museum.jpg
▲愛らしい表情のアンティーク・テディたち(展示)


IMGP0048-2.jpg
英国ITVで放送されたドラマ「Brideshead Revisited」で大人気となった、イギリスで大変有名な「アロイシャス」です。テレビ撮影で使用された、本物のアロイシャスが展示されています。


「テディベアーズ・オブ・ウィトニー」は、ベビーや子供たちへのプレゼントから、コレクター向けの希少なテディベアまでそろう専門店です。イアンさん、ジャニスさんを始め、スタッフもみな親切で素敵な人たちばかり。オックスフォードから立ち寄りやすいので、イギリスでの特別なお土産選びにぜひ訪れてみてください。


Information
Teddy Bears of Witney
Address:Teddy Bears, 99 High Street, Witney, Oxfordshire, OX28 6HY
*地図に表示
Tel: 01993 706616
Website: https://teddybears.co.uk/
Open:
Monday to Friday 9.30 am - 5.30 pm
Saturday 9.30 am - 5.00 pm
Sunday 10.30 am - 4.30 pm


ウィトニーのテディベアは日本の代理店通販サイトからも購入できます。
テイクス・ウィトニー
Website: http://www.witney-jp.com/
日本語で親切に対応をしてくださるので安心です!


IMGP9988.jpg

テディベアショッピングの後はゆっくりランチやティータイムを。ウィトニーにある、イギリスらしさ溢れるおススメのお店をご紹介します。


IMGP0071-2.jpg

HUFFKINS
まさにイギリス!
まさにコッツウォルズ‼
そんな味わいの濃厚なケーキやパイ、気軽なランチで人気のお店です。


IMG_4642-2.jpg
▲Pear Williams
薄切りトーストをこんがりと焼いた上に、洋ナシのスライス、地元産のハムを交互に重ね、たっぷりとチェダーチーズをかけて焼いたもの。イギリスの味です!


IMGP0073.jpg
▲古き良きイギリスを感じる素朴なケーキやパイ
どっしり、ぎっしり具沢山のコッツウォルズパスティなど、カントリーサイドらしさ溢れるイギリスのパイやケーキが味わえます。ジャム、紅茶、スイーツはおみやげにもぴったり!ハイストリート沿い、バス停のすぐそばにあります。


Website:
https://www.huffkins.com/


IMGP0055.jpg

The Old Pill Factory
センスの良いビンテージな家具やファブリック、雑貨が手ごろな値段で購入できます。


IMGP0065 (1)-2.jpg
▲レトロなポットやホーローもキュート!

IMGP0061.jpg


オープンで明るい雰囲気の、誰もが気軽に入れるカジュアルな雑貨店です。自宅で活躍しそうなビンテージ品をセンス良く揃えています。お店はHuffkinsの並び、バス停のすぐそばにあります。


Website:
http://www.theoldpillfactory.com/


ウィトニーへのアクセス


ロンドン・パディントン駅 → オックスフォード → ウィトニー

旅の起点はロンドン・パディントン駅です。グレートウェスタン鉄道オックスフォード方面へ行く列車に乗車し、約1時間でオックスフォードに到着です。


※パディントン駅詳細はこちらのブログをご覧ください
https://tokuhain.arukikata.co.jp/hanoi/2018/02/post_61.html


IMGP9983-2.jpg


オックスフォードで下車後、駅を背に右手へ徒歩1分ほど。駅前から続く通りを渡ったところにバス停があります。バス停の向こう正面にOxford Hotelが見えるので目印にしてみてください。バスは「S1」に乗車を。所要時間35分ほどでウィトニーに到着します。日中は1時間に4本ほどバスが運行されています。車窓に広がる村や街、カントリーサイドの景色も見どころです。


Tips:
50ポンド札はイギリスでは大金です。バスでは受け付けてもらえないので、乗車前にかならず崩しておくように。チケットの購入は、バス乗車時に運転手に行先を伝え、Single=片道、または Return=往復を選んで購入します。
参考:
オックスフォード⇔ウィトニー 
Returnチケット6.4ポンド*2018年2月現在


ウィトニーは小さな街なので半日で十分楽しめる場所です。午前中に出かけ、午後はオックスフォード観光などを組み込めば、ロンドンから行ける充実した1dayエクスカーションになることでしょう。テディベアファン、雑貨ファンの方におススメのプランです。


IMGP9990 (2)-2.jpg


それではみなさま、すてきな旅を。
イギリス編はまだまだ続きます!


Special thanks to Ian, Janice and staff of Teddy Bears of Witney!
そして日本の代理店テイクス・ウィトニーのHisaeさん、貴重な情報のご提供など心強いサポートをありがとうございました。


お知らせ:

「ハノイ特派員ブログ」ということで、ハノイ情報のために当ブログを訪れてくださる皆様には心からの感謝と共に、事情によりしばらくの間イギリス編となりますことをお詫び申し上げます。読むべき記事かどうかが一目で区別できるよう、臨時コンテンツのタイトルは【番外○○編】と記しております。内容がハノイ/ベトナム情報かどうか、こちらでご判断いただけると助かります。ベトナムに戻り次第ハノイ便りを再開予定です。それまでよろしくご理解のほどお願い申し上げます。


Photos & writing © Midori Nakagawa

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー
2018年3月 1日
« 前の記事「【番外イギリス編】パディントンが待っています!ロンドン・パディントン駅」へ
»次の記事「【番外イギリス・バース編】世界遺産ローマン・バース!古代ローマ風呂遺跡」 へ
おすすめ記事
    ハノイ特派員 新着記事
    【最終回】日常、今でも「キュンッ!」が終わらないハノイが好き
    ハノイの花溢れる人気スポット!フォトジェニックなフラワーパークで昼食を
    暑い日のハノイにピッタリ!ローカル店のB級デザート「ホアクアザム」
    ハノイのB級美味グルメ!日本人率が非常に高いベトナム風焼き鳥の店「ビンミン」
    ハノイのB級美味グルメ!東河門そばの「ワンタン・ヌードル」
    ハノイの食堂でよく見る「プラスチック椅子」、ここで買えます!
    ハノイのB級美味グルメ!一度は行きたいフォーの名店「 フォー・ザー・チュエン」
    フォトジェニックな眺めを堪能!ハノイ最高層ロッテセンター展望台
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ハノイで優雅に過ごすなら。ソフィテル・レジェンド・メトロポールの魅惑のハイティー
    個性溢れるごちそうハンバーガー!at ハノイのカフェ
    Cousinsーハノイで愉しむフレンチビストロ
    やがて、そこが"HOME"になる。私の好きなベトナム料理店

    ベトナム ツアー最安値


    2018/9/24更新

    ベトナム 航空券情報


    ベトナム旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ベトナムの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ハノイ特派員

      ハノイ特派員
      仲河みどり
      タイ、イギリス在住時代に海外生活をテーマにブログを始め、コンテスト形式の日記サイト「bjダイアリー」に参加。書籍化されオムニバス集に掲載。その他、訪日外国人旅行者のためのオンラインガイドブック「Planetyze」のライターとして活動。「地球の歩き方」特派員ブログには2016年11月から参加。同サイト「ニュース&レポート」ほか、大手企業への寄稿、企業HP制作(文章担当)、翻訳などを手掛ける。 DISQUS ID @midori_n

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集