海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ベトナム/ハノイ2特派員ブログ

ベトナム/ハノイ2特派員ブログ hanoco*

ベトナム・ハノイ2特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

こんにちは!

いよいよ旧正月目前。
年末ムード盛り上がるハノイですが、今日は全然関係ないエンタメショーについてお話させていただきたいと思います。


良くも悪くも「あまり観光地らしくない」ハノイ。
海外旅行に行く時の楽しみとして、「その国のエンタメを楽しむ」というものがありますが、ハノイにはそういったものが少ないのが寂しいところだったりします。


しかし!!


ここ最近、ご旅行の方にも在住者にもオススメしたい魅力的なエンターテインメントが生まれつつあるんです!


まずはホーチミン発の一押しのアクロバティックショー“AO Show”
竹一色のアクロバットショーかつ、ストーリー性も情緒も楽しめるhanoco的おすすめ中のおすすめが”my villege”です。
昨年、このカンパニーが遂にハノイにも上陸しました。
大道具も小道具もほぼ竹という、なんともベトナムらしい演出に加え、普段なかなか入ることのできないオペラハウスやトゥ音中央劇場で鑑賞できてしまう美味しいとこ取りなエンターテインメントです。


またハノイ版シルクドソレイユとも言われる”ionah”もオススメ。
こちらは少々現代的な雰囲気で、「HANOI」をひっくり返した名前「ionah(イオナ)」という少女の心の旅を描いたアクロバティックショーで、デザイナー力作の衣装や舞台装置の数々に映像効果を絶妙に組み合わせた必見のステージとなっています。




そして、もう一つ。
素敵な素敵なエンタメショーがございます。


それが“The quintessence OF TONKIN”
(ザ・クインテッセンス・オブ・トンキン。以下、トンキンショーと呼ばせていただきます。)




注目すべきは何と言っても眼前に広がる野外ステージ。
そこにはなんと・・・


▼水!?
IMG_1536.JPG
(※『The Quintessence of Tonkin』Facebookより)


今日はそんな魅力的なハノイのエンタメThe Quintessence of Tonkinについてご紹介させていただきます。


なお、ステージは基本撮影禁止となっておりますので、当記事では許可をいただいてThe Quintessence of TonkinさんのFacebookからお写真をお借りしております。


それでは早速、魅惑の世界を覗いてみましょう。


まず客席に足を踏み入れると目に飛び込んでくるもの・・・


それは暗い舞台に浮かび上がる幻想的な舞台!
そして足元には・・・一面に広がる水!


▼幻想的な舞台装置
IMG_1537.JPG
(※『The Quintessence of Tonkin』Facebookより)


なんとステージは完全屋外。
そして一面湖という、他にはないスケールの舞台となっております。


先ほども申し上げたとおり、眼前に広がるのは真っ暗な湖に浮かぶ幻想的な光の世界・・・。
このトンキンショーは夜間限定の公演となっておりまして、背景は本物の山、そして巨大ステージ一面に張られた水が色とりどりの光を映し出し、無限に広がるイメージを与えてくれます。


このトンキンショーでは、タイ寺というこのエリアにあるお寺の歴史をモチーフにした物語を、詩・宗教(仏教)・ノスタルジア・音楽と描写・喜び・祝祭といったテーマで表現しているそう。


次々と移っていくシーンは、”Ionah(イオナ)”のように具体的なストーリーを楽しむというよりは、古のベトナムを巨大な絵画のように楽しむといった印象です(ストーリーとか言葉が分からなくてもなんとかなる)。


▼素朴で柔らかな踊り
IMG_1535.JPG
(※『The Quintessence of Tonkin』Facebookより)


湖に浮かぶ小舟がゆったりと進んで行く姿や、その湖を囲む人々の生活。
タンロン王朝時代の科挙に挑む若者たちのパフォーマンスに科挙合格者が故郷で錦を飾る姿。華やかな朝廷・・・。
そして豊かなベトナムの自然にコミカルな水上人形劇。


どれもこれも私たちが、そしてベトナム人自身が思い描く古き良きベトナムの姿を現代的な演出で楽しむことができちゃうわけです。




▼光と水、そして人が織りなす物語
IMG_1534.JPG
(※『The Quintessence of Tonkin』Facebookより)




▼月夜に照らされるノスタルジア
IMG_1532.JPG
(※『The Quintessence of Tonkin』Facebookより)


▼雅な宮廷文化に想いを馳せて
IMG_1533.JPG
(※『The Quintessence of Tonkin』Facebookより)




▼水上人形劇も一緒に楽しめる一石二鳥なステージ
IMG_1531.JPG
(※『The Quintessence of Tonkin』Facebookより)


ハノイ観光の定番である水上人形劇。
ハノイ市内の劇場で見られる全ての演目を・・・というわけには行きませんが、ベトナムに纏わる伝説を語る代表的な演目がこちらトンキンショーでも鑑賞できてしまします!




一つのショーで古きもの新しきものを余すところなく楽しめてしまうトンキンショー。
セリフや音楽は別途レコーディングされたものを使っていると思われますが、屋内では到底不可能な壮大なステージは必見!


ちなみにこちらのトンキンショー、プロのパフォーマーに加えて地元の農家の人たちや子供達がたくさん出演しているんです!
よくよくパフォーマンスの内容を見ていると、何か持って歩いているだけというものもあるんですが(笑)、長くこの地に住まう普通の人たちが出演していると思うとなんとも想像力を掻き立てられます。




さて、このトンキンショーを楽しむためのノウハウをご説明しておきましょう。


まず、チケットの種類はプラチナ・ゴールド・シルバーの3種類。
更にご希望でディナーをつけることができます。


チケットの種類ごとの座席は以下のようになっております。


▼座席表
sitsmallsize.png
(※『The Quintessence of Tonkin』オフィシャルサイトより)


大きくエリアが分かれているだけで、あとは自由席。
到着順に係員の指示に従ってお座りください。




では、どこの席を予約するのが良いでしょうか。


まず気をつけるべきは天候!


こちらのトンキンショーは屋外開催となるため、予約した日が悪天候だと少々大変です。
もし公演当日が小雨の場合は、雨天決行。
大雨など止むを得ず当日の公演がキャンセルされる場合、チケット購入者の方は別の日程に振り返ることになるそうです。


別日程に振り返なければならない時は仕方ありませんが、雨の中屋外席に座り続けるのは大変です。


その点プラチナシートは安心。
プラチナシートは唯一屋根がある席なんです。
ゴールドやシルバーの席には屋根がないのですが、雨の場合はレインコートが配られるそうなので、一応困ることは無さそうです・・・。
ただ、冬場は本当に冷えるため、お風邪など引かないようにご注意ください。


一方、プラチナシートのデメリットはステージから一番遠いこと。
高いところから眺められますので視界を遮るものもなくステージ全体を見渡せますが、パフォーマーの表情や詳細までは肉眼で見ることができません。
間近でパフォーマーたちの息遣いを感じたいという方は、ゴールドかシルバーで早めに会場入りされると良いでしょう。
ゴールドやシルバーシートは屋根はないもののステージに近いのが最大のメリットです。
ゴールドやシルバーのエリアは広いため、前列後列などの差がありますが、観覧席はスタジアムのように段差がありますので「前のお客さんの頭で見えない!」ということも無さそうです。




次にディナーについて。


オプションで付けられるディナーは、トンキンショーが行われるステージのすぐ側にあるリゾートのレストラン(室内)でいただけるスタンダードなベトナム料理です。
ショーの開始時刻は夜8時から。
ハノイから会場へのアクセスが不便なことから、現地で食事がいただけるのは大変便利です。ただし、交通事情などによりレストランへの到着が遅れると食事時間はかなり短くなってしまいます。
ステージ前にゆっくりご飯が食べたい・・・というのは難しいかもしれません。
ディナーを付けるかどうかは、旅行の日程やお子さんの有無などご自身の状況と照らし合わせて決められると良いと思います。


最後にアクセスについて。
このトンキンショーが行われているのは、ハノイから車で1時間ほど離れたところにある小さな村。
車のない方が自力で行くには少々大変です。


しかしご安心を!!


こちらのトンキンショーでは、ハノイの市内中心部にあるハノイタワー(49 Hai Ba Trung)から無料シャトルバスが出ております。
シャトルバス利用をご希望の場合は、公演日の二日前までに予約しておく必要がありますのでお忘れずに!
特に帰りはタクシーを捕まえるのも難しく、多くの方がシャトルバスを利用しているようでした。
会場からハノイタワーに帰る途中のルート上であれば途中下車も可能ですので、とても便利です!




その他、ショーの詳細・チケット購入については、下記のオフィシャルサイトやFacebookページを御覧ください。
オフィシャルサイトでは日本語も選べますし、問い合わせには迅速かつ丁寧にご対応いただけますよ。


The Quintessence of Tonkin(オフィシャルサイト)

Facebookページ


なお、チケット購入時に必ずしも日にちを決めておく必要はありません。
後日電話やメッセンジャーを通して日にちを確定することができます。


また、チケットの受け取りはハノイ市内にあるハノイタワー(49 Hai Ba Trung)にある事務所もしくは、当日の夕方にシャトルバス利用者の集合場所(ハノイタワー1階)にて受け取ることができます。


ぜひ、ここハノイでしか体験できないエンターテインメントをお楽しみください。


2018年2月12日

こんにちは!
日本ではいそいそと旧正月(春節)を迎える中華圏の皆様の来訪準備を進めているころかと思いますが、此処ベトナムも旧正月を盛大にお祝いする文化。
ベトナムでは旧正月のことを“tết=テト”と呼び、それぞれの家では準備が着々と進められております。


今日は年越しを控えたベトナム文化の中から、「かまどの神様」についてお話させていただきたいと思います。


「かまどの神様(=ベトナム語で”Ông Táo”」は、料理をするときに火を起こすあの「かまど(竃)」や台所を守る神様としてそれぞれの家に宿る中国発祥の神様だそう。
ベトナムでは、古来よりかまどを大切に守ってきました。
ちなみにベトナム語のÔngというのは、年配の男性や身分の高い方に使われる敬称で、この場合「様」と訳されるそうです。
ちなみに入門ベトナム語講座では、「おじいさん」と習う単語。


Táoは漢字にすると「竃」。
そう、かまどのことです。
更に音読みで「ソウ」と読む「竃」は「灶」とも書かれ、かまどの神様のことを「灶君」または「灶神」と書き、「灶君」をベトナム音読みして「Táo quân(タオクアン)」とも呼ぶそうですよ。


そしてこの「かまどの神様」を祀る日のことを、「オンタオの日(Ngày ông Táo)」、「オンコン・オンタオの日(Ngày ông Công ông Táo)」、「Lễ cúng ông táo về trời(オンタオが天に帰るお供えをする祭り)」などと呼び、人々は普段自宅のかまどに宿る神様を天におかえします。
天に帰られたかまどの神様は、天帝にその家の人たちの一年の振る舞いについて報告し、また大晦日にその家に戻ってくるそうです。


更に興味深いのは、この神様は一柱ではなく、男神二柱に女神一柱の三柱いらっしゃると言うこと。


まず知るべきはこのÔng Táoの物語でしょう。
ベトナム在住者御用達の情報サイト『ベトジョーライフ』さんの記事から抜粋させていただきますね。


+++++++++++++


チョン・カオ(Trọng Cao)という男が、ティ・ニー(Thị Nhi)という妻を娶り長く一緒に暮らしていましたが、子供ができなかったため、次第に寂しい思いをしたり、言い争いをすることが多くなりました。ある日のこと、チョン・カオが怒りに任せてティ・ニーを叩いたところ、ティ・ニーは家を出て行ってしまいました。そして、ティ・ニーはファム・ラン(Phạm Lang)という男と出会い、その妻となりました。


しばらくしてチョン・カオの怒りも収まり、叩いたことを後悔して妻を捜しに行きましたが、見つかりません。探している間に持ち金がすっかりなくなってしまい、物乞いをして暮らすようになりました。物乞いをしながらある家を訪ねると、出てきた女性は探していた妻のティ・ニーでした。ティ・ニーもチョン・カオであることに気づき、家に招きいれてファム・ランの妻となったことを話し、申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。


そこへ、ファム・ランが帰ってきました。チョン・カオのことをどう説明するかに困ったティ・ニーは、チョン・カオに庭に積んである藁の中に隠れるよう言いました。すると、帰ってきたファム・ランは、畑の肥料を作るために、藁の山に火をつけました。しかし、チョン・カオはティ・ニーに迷惑をかけまいと、外に出ることなく焼け死んでしまいました。家から飛び出してきたティ・ニーは、チョン・カオが死んでしまったのを見て、自分も燃える藁の中に飛び込んで死んでしまいました。思いがけない妻の行動に驚いたファム・カオも、妻を死なせてしまった自分を責め、火の中に身を投じました。


3人の魂が天の上帝のもとに届くと、上帝は3人の情に心を動かされ、ファム・ランにかまどを守る役割を、チョン・カオに家を守る役割を、ティ・ニーに小商いを守る役割を与え、三位を合わせた「タオクアン(Táo Quân)」としたのでした。


+++++++++++++


なんともコメントに窮するストーリー・・・。
突っ込みどころ満載の、この上なく悲惨なお話ではございますが、まぁそんな訳でベトナムの台所の神様は3人いらっしゃる訳です。


ちなみに日本でもガスコンロや竃の上で鍋を乗せる金属の道具を”五徳”などと呼びますが、ベトナムの五徳は基本三本爪(日本の五徳も三本爪が多いですわね。五徳の語源は別途ウィキペディア参照笑。※)。
そこにもÔng Táoが三柱になったルーツが見えそうです。


さて、そんなOng Táoを祭る日は何をするのでしょうか。


一度クリスマスモードになるとテトまでツリーも飾りも外さない…むしろ年中飾りっぱなしなんて店もザラにあるベトナムですが、一月中ばぐらいから、催事用品を扱うHang Ma通りや町の雑貨屋さんでは正月飾りと共にこのÔng Táoの日のためのお飾りやお供え物が並び始め、地元の人だけでなく外国人の目をも楽しませています。


▼年末の買い物客でごった返しなHang Ma通り
P1011731.jpg


▼まるで宝の山な正月飾り
P1011734.JPG


P1011738.JPG


こちらはお正月用のキラキラ飾り。
年末から年初にかけて、桃の花や金柑などの柑橘系の木と共に飾ります。


▼Ông Táoの衣装
IMG_1418.jpg


▼自転車おばちゃんも
IMG_2155.JPG


▼天秤おばちゃんも
IMG_2101.jpg


▼バイクなおっさんも
IMG_2297.JPG


この時期、ベトナムのあちらこちらでÔng Táoの紙装束をぶら下げた売り子さんを見かけるようになります。
お衣装は帽子と衣、靴でワンセット。
人気のこのセットは結構大きくて高価だそうで、紙に絵を描いただけのお手軽セットを使う方も多いそうです。


先述の通り、ベトナムではÔng Táoの三人の神様が家族を見守り、良い行いによって幸福を授けてくれると信じられています。
毎年旧暦の12月23日はÔng Táoがが天に帰る日。
普段家の台所に住みついている神様が 、その1年間の諸事(人間の善悪やら言動やら)を天帝に報告する日です。
我が家の大切な神様を天にお送りするため、新しいÔng Táoの装束やらお車代りの乗り物、貢物なんぞをお供えして「ちゃんと良いこと報告してくださいね☆」とお見送りするわけです。
賄賂文化がここにも垣間見えちゃった気がします。


以前、ハノイを拠点に街並みや史跡を案内してくれるグループ”Heritage(ヘリテージ)”のÔng Táoイベントに参加させていただいたのですが、そこでもこの衣装セットが飾られていました。
(残念ながら、貴重な画像や映像資料はその直後に遭ってしまった盗難事件により紛失しましたが…)


そこではちゃんと3人分セットのものが飾られていましたが著名な専門家のおじいさんが爆弾発言。


「あれ、これ間違っていますね…」


何が違うのだろう?
色だって、ちゃんと女性らしいピンクも入ってるのに…と主催者も参加者もザワザワ。


そんな私たちを笑顔で見渡しながら、


「形が違うよ」

とのこと。


なるほど、3つあれば良いという訳ではない…たしかに女神様が男性用の型を着ていたらちょっと変かも。
恐らく、儀式用に形式化されてきた部分もあるのでしょう。本来であれば、帽子の形などが違うらしいのですが、今のハノイでそのような伝統的なタイプは見つけられませんでした。



またハノイのローカル市場を歩いていると、先ほどのお衣装とは別にいつも見かけない鯉やら金魚やらの桶が目に付きます。
それは、神様が天に帰るためにお乗りになる「お車」。


ホーチミンなど南部では鷲 鷺(サギ)と馬とされているそう。
馬は地上で一番速く走り、鷺は速く飛ぶと言われていることから南部ではこの組み合わせらしいのですが、ハノイは赤い鯉でございます。
ベトナムには龍伝説があり、鯉は滝を登って龍に為るという言い伝えもあります。


▼こんな感じで売られています
IMG_1274 2.JPG


IMG_1256.jpg


▼まるで金魚すくい
IMG_2267.JPG


Ong Táoは三柱。
だから、ハノイでは三尾の鯉が基本のワンセットです。
お一人様一台でございます。


Ong Táo日になりますと、あらかじめ自宅の祭壇にお供えしていた生きた鯉を正午までに湖や川に放すのが習わし。
それぞれの家でお供えしていた冥器を燃やし、灰と共に鯉を放つそうです(灰まで流しているのは見たことないんですが)。


南部では馬や鷺の描かれた紙の冥器を燃やすだけらしいのですが、ハノイでは生きた赤い鯉(金魚も可)を使うのが特徴らしいですね。


さて、このこの鯉やら金魚やらを流す儀式・・・
いかにも神秘的で恭しい雰囲気を醸し出してくれるかと思いきや、現実はもう見事に「やっつけ感」満載だったりします。


そもそも、水が汚い。
洗面器に入れた金魚を勢いよく湖に放り投げる。
洗面器ごと、もしくはビニール袋ごと投げる。
持ってきたビニール袋もその辺に放置。
鯉のコンディションに無関心。
死にかけ上等、無問題。
鯉を放した直ぐ隣で釣りをしている。


ある意味ベトナム人の一面を物語るには最強な光景なのですが。。


▼正午直前、片手金魚に湖に駆け込む人たち
IMG_1152.jpg


▼ポイッと投げ入れます
IMG_1145.jpg


鯉を投げ入れた人々は、何事もなかったかのようにその場を立ち去り、かまどの神様の儀式終了(笑)
さぁ、この儀式が済めば、いよいよテトまであと僅か。
年越し準備が本格化し、大掃除に家の飾り付けに正月料理の準備にと、大忙しな年末の1週間の始まりでございます。


このかまどの神様の日、今年は太陽暦2月8日。
来たるべき新年は2月16日です。


2018年2月 7日

ハノイよりこんにちは。


サッカーU-23アジア選手権決勝・・・。
我らがベトナムチームは、歴史的快挙とも言える*準優勝*を勝ち取りました!!


▼まるで革命前夜のように沸くハノイ
IMG_1317.PNG


こんなにベトナム中が湧いたのはベトナム独立時以来なんじゃなかろうか?というぐらいの盛り上がりっぷりなんです!


思い返せば、まだまだ決勝までは遠かった 1月20日の準々決勝。
さて寝ようかと布団に潜ろうとした瞬間、外から割れんばかりの歓声が聞こえました。
ベトナムサッカー史上初の準決勝進出が決まった瞬間でした。


その後、ベトナム在住者のインスタやFacebookは、ベトナム国旗を手に(バイクに・・・車に・・・)盛り上がる姿のPostで真っ赤っかに!


準決勝で再び勝利を収めると、もう町中お祭り騒ぎ。
決勝が開催されるまでの数日間は、ハノイの至る所で活気付いておりました。



決勝が開催された27日。


此処ハノイはあいにくの寒空に冷たい雨・・・。
それでもハノイ市内の広場には特設会場が設けられ、巨大モニターで試合観戦できるようになっていました。
濃霧の中水しぶきを上げながらバタバタと国旗をはためかせるバイクやトラック、頬にはベトナム国旗のシール額に鉢巻という出で立ちの人々がそこかしこに溢れます。


一方、試合会場となる中国はなんと大雪!!


雪なんて生まれて初めて見たであろうベトナム人選手たち。
「気温が10度を下回れば学校お休み☆」な国で育った選手たち。


そんな中、本当に彼らはよく健闘したと思います。
試合中、暖かな我が家でほぼ居眠りをしていた失礼極まりない私ですが、ふとテレビ画面から目に入る選手たちや監督、応援席で必死に応援するベトナム人の姿を見ると、目頭が熱く、うっかり話そうもんならウッと嗚咽を漏らしてしまいそうでした。


普通に考えたら延期になってもまったくおかしくないコンディション・・・。
天気がもう少し良かったならば・・・気温が少しでも高かったならば・・・
もしかしたら違う結果になっていたかもしれない。


そう思わずにはいられませんが、延長で見事追加点を獲り優勝を飾ったウズベキスタンも、なんと初Vとのこと。
両国の誇り高き選手たちに心からの拍手を送りたいと思います。


▼胸を締め付けられるような試合後の選手たちの姿
IMG_1224.JPG


そんなわけで惜しくもウズベキスタンに敗れたその夜、それまで湧きに湧いていたハノイの街は、シンと静かになってしまいました。


嗚呼、さみしい・・・


優勝してたらしてたで大変な騒ぎになっていたのでしょうが、そんな風にしょんぼりとしてしまったハノイの人々を気の毒に思いつつ眠りにつきました。



しかし!!



翌日、街には満面の笑顔に溢れたベトナム人たちの姿が!


優勝は逃したものの、世界的な試合で準優勝を勝ち取ったのです!
歴史的快挙であることに違いはありません。
サッカー人気の高い此処ベトナム。
そしてこの国はまだまだ世界に誇れることが限られている国です。
日本とは訳が違うのです。


▼盛り上がりまくるハノイはもはや機能停止のカオス祭り
IMG_1178.jpg



新たな歴史を作り凱旋帰国した代表選手たちは、ハノイ・ノイバイ空港で首相に出迎えられ、特別車両に乗って華々しい凱旋パレードで市内入りいたしました。
先頭に立つ選手の胸元にはしっかりとホーチミンさんの肖像が抱えられ、ゆっくりと市内を進みホーチミン廟へ。


見事な試合を見せてくれた代表選手たちを一目見ようと駆けつけたベトナム人たち。
彼らの正装は真っ赤な記事に黄色い星が輝くベトナム国旗Tシャツに赤い鉢巻、顔にもベトナムシール。
老若男女関係なくベトナム国旗を大きく振りかざし、ラッパやら笛やら花火やらで大騒ぎでございます。
夜は巨大なスタジアムで凱旋イベントが開催され、会場となったスタジアムは底が抜けるのではないかとハラハラするほどの群衆で埋め尽くしました。


本音を言えば、優勝したかった!
私の知るベトナム人は皆そう言います。
でも、U-23以降家の前でサッカーを始めた子供達の姿や、手で振りかざしていた国旗が家の前の電柱に移動して今も色鮮やかにはためいているのを目にすると、大切なのは優勝だけじゃなかったんじゃないかな〜なんて思わずにはいられないのでした。


2018年1月29日
2018年1月10日
2017年11月26日
2017年11月 9日
⇒すべての記事を見る

ベトナム旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ベトナムの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ハノイ2特派員

    ハノイ2特派員
    hanoco*
    2014年8月より夫の駐在についてきてしまった「普通の主婦」。早々にベトナム語習得は諦めつつ、日本語を教えたりチャリティ活動したり、趣味や異国での家事に奮闘したりとハノイにいられる時間を満喫中。オート機能をこよなく愛するカメラとスマホを両手に、「ベトナムの今」を集めております。そんな日々のことはブログ「《駐妻はじめました☆》inベトナム★ハノイ」やご依頼いただいた旅行サイト等にて公開中。 DISQUS ID @disqus_mAIaNAMJlp

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集