海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ハワイ  > ハワイ/ハワイ島特派員ブログ

ハワイ/ハワイ島特派員ブログ アカノタツヤ

ハワイ・ハワイ島特派員が現地からハワイ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

ハワイは太平洋のど真ん中
アメリカ大陸で地震が起こっても
日本で地震が起こっても
津波に襲われる危険性があります

実際、1946年、1960年の大津波では
ハワイ島ヒロは大きな被害に見舞われました
2011年の東日本大震災の時には
コナが被害にあいました

津波の歴史を後世に伝えるとともに
その恐ろしさについて啓蒙するための博物館が
ヒロのダウンタウンにあります
太平洋津波博物館(Pacific Tsunami Museum)です

津波建物横.jpg津波建物正面.jpg

小規模ながら、重厚な建物は
かつて銀行に使われていたもの

中には大金庫が残っていて
実はその内部が映写室に改造され
津波の記録映画が上映されています
(日本語版もあります)

津波シアター入口.jpg

ハワイを襲った大津波の歴史を
詳細な資料で展示し
特にヒロでの被害が大きかった
1946年のアラスカ地震の津波については
生存者の証言など
詳細な記録が展示されています

津波展示2.jpg

津波展示1.jpg

ヒロのダウンタウンには
この博物館の建物を始め
1910年代、20年代の建物が残っていますが
この辺りは津波の被害が比較的軽微だったからです
ちょっとヒロ湾に沿ってとカメハメハ通り(Kamehameha Avenue)東に歩いて行くと
そこに広がる緑地帯が
かつて日系人街があった「ヒロ新町」だったこと
鉄道が走っていたことなど
想像もつきません
津波で完全に消滅してしまいました
博物館の入口すぐに展示されている
津波の前にあった商店街の模型を見なければ
誰もそれを想像することはできないでしょう

ハワイの津波のみならず
世界を襲った大津波の記録も展示されており
東日本大震災の際の大津波のコーナーもあります

IMG_1232.jpg

観光に来て、災害の展示を見るのもなぁ。。。
と思われるかもしれませんが
ハワイの歴史は津波とは切っても切り離せません
ダウンタウンを散策するときに
立ち寄ってみてください

【データ】
◆Pacific Tsunami Museum(太平洋津波博物館)
                ●所在地:130 Kamehameha Ave., Hilo, Hawaii 96720
                ●電話:+1-(808)-935-0926
                ●営業時間:10:00-16:00
                ●定休日:日曜日、月曜日
●入場用:一般=8ドル、シニア・ハワイ州民=7ドル、6−17歳=4ドル、5歳未満無料。                 ●サイト:http://www.tsunami.org/index/index.html/

2015年3月20日

至る所に熱帯の植物があるハワイ島
島全体が植物園みたいなものですが
やっぱり、車窓からの椰子の木やバンヤンだけでなく
トロピカルな植物を堪能したい方には
こちら、ハワイ熱帯植物園(Hawaii Tropical Botanical Garden)がオススメです

植物園入口

ヒロから車で約30分
ハワイ島随一の海岸線の美しさを誇る
ワイメア渓谷に沿って11号線をドライブ
パパイコウの街を過ぎ
自然が残るオノメア湾に向かって下がっていくと
熱帯植物園の入口が現れます

IMG_1202.jpg

車を進行方向右手の駐車場に止め
チケットを買い求め
地図(日本語もあり)をもらって探検に出発

植物園坂道.jpg

かなり傾斜のきつい坂道をくだっていくと
季節を問わず美しい熱帯の植物が
次々と現れ、目を楽しませてくれます

植物園植物1.jpg

植物園植物2蘭.jpg

こちらは「キャノンボール・ツリー」
大砲の弾のような不思議な果実ができます
(食用ではありません)

植物園植物3大砲.jpg

この植物園は、1977年にバケーションでオノメアを訪れ
その自然の美しさに魅せられた
ダン・ルトケンハウスと妻のポーリーンにより創立されました

IMG_1200.jpg

何をするかも考えないままに
17エーカー(約20,800坪)のジャングルを購入しましたが
すぐに、この地の自然を守るために
植物園を作ることに決めました

サンフランシスコでのビジネスに別れを告げた二人は
毎日手弁当で熱帯のジャングルを整え、遊歩道を作り
次第に美しい植物園を作り上げ
1984年から一般公開を始めました

植物園蘭3.jpg

植物を眺めながら遊歩道を歩いて行くと
オノメア湾に突き当たります

植物園海.jpg

ヒロからワイメアやコナへ
11号線をドライブで行き来して
ハマクワコーストの海を通り過ぎることはあっても
ちょっと遠回りして海の近くに行くことは
短い旅の期間中には難しいこともあり
熱帯植物といっしょに
ルトケンハウス夫妻が魅せられた
オノメア湾を見に行ける価値もあります

【データ】
◆Hawaii Tropical Botanical Garden(ハワイ熱帯植物園)
                ●所在地:27-717 Old Mamalahoa Hwy, Papaikou, HI 96781
                ●電話:+1-(808)-964-5233
                ●営業時間:9:00-16:00
                ●定休日:1/1、11月第4木曜(感謝祭)、12/25
●入場用:一般=15ドル、6−16歳=5ドル、6歳未満無料。ゴルフカート乗車5ドル                 ●サイト:http://www.htbg.com

2015年2月24日

昨日(2月10日)の朝
ヒロ市内にあるリチャードソン海浜公園(Richardson Ocean Park)に
モンクアザラシ(Hawaiian Monk Seal)が寝そべっているのが発見され
地元で話題になりました

IMG_1152.jpg

立ち入り禁止のテープが貼られた黒い砂の海岸に
でれーっと寝そべったモンクアザラシ
どきどき首をあげて
見物客に愛嬌を振り向くたびに
歓声が上がりました

IMG_1153L.jpg

モンクアザラシは、ハワイ州の固有種で
ワシントン条約で
絶滅の危機に瀕している動物です
北西ハワイ諸島に多く生息していますが
南東ハワイ諸島=私たちが知っているハワイ諸島に
やってくることもあります

それにしても
街に近い海岸で見られることはまれで
昨日は急遽
近所の学校の生徒のために
観察会が行われたようです

IMG_1154L.jpg

人間による乱獲や
サメによる捕食で激減してしまったモンクアザラシ
もしもどこかで発見したら
そっとしておくとともに
当局に連絡して
保護を要請してくださいね

【データ】
◆Richardson Ocean Park(リチャードソン海浜公園)
●所在地:2349 Kalanianaole Avenue, Hilo, HI 96720
●電話番号:(808) 961-8311
●開園時間:年中無休、24時間オープン
●サイト(参考):http://www.hawaiicounty.gov/pl-s-hilo-map7


2015年2月12日
2015年1月25日
2014年12月17日
2014年11月25日
2014年11月24日
⇒すべての記事を見る

ハワイ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ハワイの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ハワイにもどる

地球の歩き方Web特派員募集