海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ハワイ  > ハワイ島特派員ブログ > 一番生々しい溶岩流のあとはどこにある?

ハワイ/ハワイ島特派員ブログ 旧特派員 アカノタツヤ

ハワイ・ハワイ島特派員が現地からハワイ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年7月 3日

一番生々しい溶岩流のあとはどこにある?


メール プリント もっと見る

一番生々しい溶岩流のあとはどこにある?

第1回でご紹介したHawaiʻi Volcanoes National Park(ハワイ・ボルケーノ国立公園)
いろんな顔の溶岩流を見ることができる
たぶん、地球上で唯一の場所でしょう

「ハワイ島なんて、溶岩しかないのに...」

確かにそうなんですが
実際に来て見た人は
大自然が作った様々な表情に必ず驚かされます

今は、国立公園内で
実際の溶岩流は見られませんが
では、一番生々しくそれを感じられる場所を
ご紹介しましょう

それは、国立公園内にある
Chain of Creator's Road(チェーン・オブ・クレーターズ・ロード)の終点から
1kmほど歩いた先にあります

2004年に発生した大量の溶岩流が道路を遮って
見渡す限りの溶岩が
海に向かって流れた様子がわかります

ECC.JPG

ミニバスは大丈夫ですが
観光バスはここまで入れません
通常のツアーでは
ここまで行ってくれないことも多いので
どうしても行きたいという人は
レンタカーがベストです

国立公園の入口から
30キロ以上あるので
ガソリンもちゃんと入れておいてくださいね

キラウエア山の山裾を下って
終点に着いても駐車場もありません
ロータリーをまわって
路肩に駐車してください

簡易トイレ(紙、サニタイザーは備え付け)3つと
小さな売店はあります

車を止めたら
アスファルトの道をハイキング
右手に太平洋の荒波を見ながら
黙々と歩くこと約15分

太平洋ECC.JPG

目の前に見えてくる光景は
実際に大量の溶岩流が起こったことを
リアルに想像させるには充分です

自撮りECC.JPG

山頂付近に比べると
晴天であることが多いのですが
天気が変わりやすく
突然雨になることもあります
水と雨具は必携ですよ

詳しくは、ビジターセンターでもらえる
ドライブガイドを参照してください
日本語版も用意されています

【データ】
◆Hawaiʻi Volcanoes National Park(ハワイ・ボルケーノ国立公園)
●所在地:Hawaii Volcanoes National Park, HI 96718
●電話:+1-(808) 985-6000
●開園時間:年中無休、24時間オープン
●入場料:車1台あたり10ドル(1週間有効)
●サイト:www.nps.gov/havo/index.htm

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2014年7月 3日
« 前の記事「火山に生える巨大ワラビ、巨大ゼンマイ。どちらも食用可?!」へ
»次の記事「ウミガメに気をとられると、忘れられる黒い砂...」 へ
おすすめ記事
    ハワイ島特派員 新着記事
    メリーモナークだけがフラでは無い!『E Malama Mau I Ka Hula Festival』
    津波の歴史と先人の警鐘を今に伝える博物館
    本物の熱帯雨林の中の熱帯植物園
    奇跡の遭遇? モンクアザラシがヒロ市内に?!
    一番男前のカメハメハ?
    日本にもやってきた7代目
    いろんな風味のスパムをどうぞ
    映画の撮影現場を訪ねてタイムスリップ

    ハワイ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ハワイの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ハワイにもどる

    地球の歩き方Web特派員募集