海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ヒースロー特派員ブログ > ピーター・ラビット作者ビアトリクス・ポターが愛した...

イギリス/ヒースロー特派員ブログ 小野 雅子

イギリス・ヒースロー特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年8月 7日

ピーター・ラビット作者ビアトリクス・ポターが愛した「ヒルトップ・ハウス」


ピーター・ラビット作者ビアトリクス・ポターが愛した「ヒルトップ・ハウス」

湖水地方は、ピーター・ラビットの絵本作家として有名なビアトリクス・ポターが愛してやまなかった場所です。ロンドンの富裕な家庭に生まれながら、有閑階級の暮らしよりも美しい自然に溢れたこの地に移り住んだ彼女は・・・。


arubea.jpg


この「ヒルトップ・ハウス」に住まいを構えて、農場経営や景観保護運動に取り組みながら、創作活動を続けました。


arubea1.jpg


やがて地元の弁護士ウィリアム・ヒーリスと結婚してからは住宅を近隣の家に移し、この「ヒルトップ・ハウス」は仕事場そしてアトリエとして、日中の殆どをここで過ごしていました。


arubea2.jpg


いわば「家庭に仕事を持ち込まない主義」によって弁護士である夫との家庭を大切にしながら、こよなく愛する自分の聖地を活動拠点にしていたんですね。

arubea4.jpg


家具や備品など、すべてビアトリクスが愛用していた品々ばかり。ここを管理・運営している景観保護団体「ナショナル・トラスト」によって、今夏からは内部の写真撮影もOKになりました。


arubea3.jpg


飾り棚の中には、ピーター・ラビットと仲間たちのオリジナル・フィギュアや子供用食器セットなども。ビアトリクス・ポターは絵本が刊行された当初から著作権ビジネスに熱心で、絵本の印税だけでは到底なしえなかった収入を得ました。


arubea6.jpg


その資産を投じて周辺の農場や土地を買い上げ、美しい景観を乱開発から守って・・・ビアトリクスと夫の死後は、その殆どがナショナル・トラストに寄贈されました。


arubea7.jpg


類まれな才能だけでなく、惜しみない努力と探求心で湖水地方の自然を次世代に遺した彼女の生涯は、ナショナル・トラストの公式ガイドブック「ビアトリクス・ポターのヒルトップ(日本語版)」で分かり易く読む事が出来ます。


arubea8.jpg


フルカラーで全50ページのこの本は、「ヒルトップ・ハウス」に付随したこちらのショップで売っていましたが(£5.00、2016年7月現在)、イギリスの書店でも購入可能です。


arubea5.jpg


あちらに見える白い家は、ビアトリクスと夫ウィリアムの自宅。周辺には「こねこのトムのおはなし」に出てくる白い門を始め、絵本に登場する建物や道がいっぱい!ピーター・ラビットの世界に浸れる「ヒルトップ・ハウス」なのです。


ナショナル・トラスト「ヒルトップ・ハウス」
https://www.nationaltrust.org.uk/hill-top

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2016年8月 7日
« 前の記事「改訂版が出たら必ず替えよう!ロンドン地下鉄マップ(携帯サイズ)」へ
»次の記事「ステーキがイチ押し!オランダご飯」 へ
ヒースロー特派員 新着記事
ヒッチコック映画ファン必見!レイトンストーン駅
12月9日&10日、バッハ・メダルを受賞した鈴木雅明・指揮のコンサート♪
フードコートも大充実!ロンドン随一のショッピング・センター「ウェストフィールド」  
イギリスの日本人向けフリーペーパー「英国ニュースダイジェスト」&「週刊ジャーニー」
うな重・お寿司・鍋焼きうどん・・・イーリングで気楽に寄れる和食屋さん「きらく」
秘密結社のイメージ刷新?「フリーメイソン」ロンドン本部の新ギャラリー公開
ハイド・パークを見下ろす好立地 4つ星ホテル「ランカスター・ロンドン」
パブリック・スクール「ハロウ校」 今年度の一般見学ツアー日程が出ました!
1年前の同じ月に投稿された記事
音と色の洪水ノッティングヒル・カーニバル 交通規制にもご注意を
カフェとショップは入場券不要@ロンドン交通博物館
チケットは一年有効で結構お得!ロンドン交​通博物館
ロンドン・ソーホーの満腹食堂「ビストロ・ワン」

イギリス ツアー最安値


2020/3/31更新

イギリス 航空券情報


イギリス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ヒースロー特派員

    ヒースロー特派員
    小野 雅子
    在英25年。ロンドンでの会社員生活をセミリタイアし、イングランド西部とロンドン、娘ファミリーが住むヨークシャー、相方の実家のギリシャ・アテネを往復する日々。初めてイギリスへいらっしゃる方にも分かりやすいロンドン観光情報を中心に、イギリスやヨーロッパの情報もご案内いたします。個人ブログ「ロンパラ!」はこちら♪

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集