海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ホーチミン特派員ブログ > バイクがひっきりなしに行き交うホーチミン市内の子供...

ベトナム/ホーチミン特派員ブログ 稲葉 伊巧斗

ベトナム・ホーチミン特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年9月25日

バイクがひっきりなしに行き交うホーチミン市内の子供の遊び場事情


バイクがひっきりなしに行き交うホーチミン市内の子供の遊び場事情

新型コロナウイルスが猛威をふるっておりますが、事態が収束したら訪れてほしいおすすめのホーチミン市のスポットを紹介します。今回私が紹介するのは、子供を遊ばせるのにおすすめの子供向けプレイスポットです。

 

■ホーチミン市は屋外で子供を遊ばせるのに適していない?

電車や地下鉄のような公共交通網が発達しておらず、移動手段はもっぱらバイクか自動車のベトナム。基本的にベトナム人は徒歩での移動は極力したがらず、少しの距離でもバイクを使う傾向にあります。暑い国ですからそれ自体は別にいいのですが、ベトナム人のドライバーの中にはバイクを歩道に乗り上げて走らせたり、ウィンカーを出さずに急に方向転換したりと、予測のできない行動に出る人も多いので、外を歩いているとひやひやさせられることも少なくありません。このようなベトナムの交通状況下では、小さな子供を外で遊ばせるのはあまりにも心配です。そのため、私たち夫婦が息子を外に連れ出すときは軽く散歩をするだけにとどめておき、息子をのびのび遊ばせてあげたいときには、屋内プレイグラウンド(遊び場)をよく利用しています。

 

ベトナムの大型ショッピングモールにはほぼ入っている子供向けの屋内プレイグラウンド

日本では近年イオンなどのショッピングモールにある子供向けの屋内プレイグラウンドが人気です。経済発展中のベトナムでも子供向けの屋内プレイグラウンドがすでにたくさんあります。特に有名なのが、tiNi Worldです。tiNi Worldはベトナム全土のショッピングモールに約60店舗出店しているベトナムを代表するプレイグラウンドチェーンです。私が住むホーチミン市では、AEONMALLLOTTE MARTCOOPMART、VINCOMといったショッピングモールの中によく入っています。tiNi Worldは一律料金を設定しておらず、テナントが入っているショッピングモールによって、入場料が大幅に異なっています。tiNi Worldに行く場合、ウェブサイトの入場料が記載されているページ を参考にされることをおすすめします。私が住むホーチミン市の郊外GO VAP区にはLOTTE MARTやE-Mart、VINCOM PLAZAといったショッピングモール内にtiNi World以外の他社が手がける屋内プレイグラウンドがあります。なかでもVINCOM PLAZA GO VAP内のMY KINGDOMは週末でもそれほど混雑しておらず、保護者の入場料がかからないうえに、狭いながらも遊具がかなり充実しているのでよく行っています。MY KINGDOMはベトナムの玩具チェーンで、玩具販売と並行して屋内プレイグラウンドも運営しています。滑り台やカラーボールといった定番の遊具だけでなく、電車や自転車サーキットも設置されています。また、工作スペースもあり、子供たちが作った粘土細工や絵なども飾られていました。女の子も楽しめるように、奥には「ごっこ遊び」をするためのお店スペースが4軒仕切られて並んでいますし、ショーステージもあります。それから、読書スペースもありました。この店に限らず、MY KINGDOMはtiNi Worldに比べると全般的に敷地面積は狭いながらも、コンパクトなスペースに子供を飽きさせないいろいろな楽しみがぎゅっと凝縮されている印象を持ちました。掲載の写真はすべてVINCOM PLAZA GO VAP内のMY KINGDOMで撮ったものです。

0628-1.jpg 0628-3.jpg 0628-4.jpg 0628-6.jpg 0628-8.jpg 0628-6.jpg 0628-10.jpg

■tiNi World

・URL: https://tiniworld.com/vi/home/    

 

■ MY KINGDOM

・URL: https://www.mykingdom.com.vn/

 

           

子どもの遊び場も充実したホーチミン都心のオアシス"タオダン公園"

屋内のプレイグラウンドもいいですが、たまには太陽の下で思う存分子供を遊ばせてあげたいというのも親心です。遊具も充実している公園はないか探していたところ、ホーチミン市の都心1区にあるタオダン公園(Công viên Tao Đàn)を見つけました。タオダン公園の所在地は1区ですが、近くにある9月23日公園に比べてもかなり広い公園です。子供向けの遊具があるエリアは3区との境のNguyễn Thị Minh Khai通り沿いにあります。高い木々に囲まれているため、公園の中に入るとバイクや自動車の騒音がかなり遮られます。公園の東側に位置する子供の遊び場に移動すると、屋外の遊具で遊ぶ子供たちの姿が見えました。近づくと、想像したよりも遊具が充実していたので驚きました。子供もこのくらい遊具の種類が多ければしばらくは飽きないでいてくれるしょう。ただし、2歳ぐらいまでの小さな子供だとこれらの遊具で遊ぶには少しばかり早いと思います。

TaoDanPark_pavement1.jpg TaoDanPark_playtool8.jpg TaoDanPark_playtool5.jpg TaoDanPark_playtool4.jpg

小さな子供には、この屋外遊び場の隣にある屋内遊び場で遊ばせることをおすすめします。屋内遊び場は次の写真の子供たちの背後にある1階建ての白い建物です。屋内遊び場の中を覗いてみると、2歳から5歳ぐらいまでの幼児がたくさん遊んでいました。小さい子供向けの遊具が充実しています。ここなら小さな子供も安心して遊ばせられそうです。入場料は無料です。入口脇ではアイスクリームや飲み物も売られています。広々としたスペースなので、保護者もゆっくり座って子供を見守ることができるのがいいです。以上のように、子供たちが屋外でも屋内でも楽しめるのがタオダン公園のいいところです。タオダン公園は統一会堂やベンタイン市場からも近いので、子供が観光やショッピングに飽きたら連れてきてあげるといいかもしれません。

TaoDanPark_playroom7.jpg TaoDanPark_playroom5.jpg TaoDanPark_playroom2.jpg TaoDanPark_playroom6.jpg

■タオダン公園(Công viên Tao Đàn)
・住所: Trương Định, Phường Bến Thành, Quận 1, Hồ Chí Minh

 

安心して子供を屋外で遊ばせられる環境を求む

以上、今回は、ベトナムで人気の子供向けの屋内プレイグラウンドのtiNi WorldおよびMY KINGDOMと、遊具が充実した1区のタオダン公園を紹介しました。大型ショッピングモール内の屋内プレイグラウンドは週末ともなればたくさんの子供連れのベトナム人家族たちでにぎわっています。お金が多少かかっても子供を安心安全な場所で遊ばせたい気持ちは万国共通なのでしょう。一方で、バイクがどこにでも乗り入れてくるベトナムの住環境がもっと改善されてほしいと切実に思います。遊具がそれほど多くなくても安全で小さな公園が近所にたくさんあった日本に住んでいたときの住環境がいまとなってはうらやましく思えます。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2020年9月25日
« 前の記事「安くておいしい!ベトナム南部の定番麺料理「フーティユ(Hủ Tiếu)」とは」へ
»次の記事「ベトナムの喫茶店事情と印象に残ったホーチミンの喫茶店2軒」 へ
ホーチミン特派員 新着記事
ベトナムの喫茶店事情と印象に残ったホーチミンの喫茶店2軒
バイクがひっきりなしに行き交うホーチミン市内の子供の遊び場事情
安くておいしい!ベトナム南部の定番麺料理「フーティユ(Hủ Tiếu)」とは
晴れた日に再訪~川に浮かぶ道教寺院「浮珠廟(PHÙ CHÂU MIẾU)」
古都フエの絢爛な宮廷を再現した老舗ベトナムレストラン「Quan Ngon 138」
通販でも手に入るベトナムの国民的即席麺HaoHaoの激ウマアレンジ
ホーチミンっ子の間で話題の香港点心の人気店「Kowloon Bingsutt(九龍冰室)」
サイゴン川の支流に浮かぶ絢爛豪華な道教寺院「浮珠廟」

ベトナム ツアー最安値


2020/10/31更新

ベトナム 航空券情報


ベトナム旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ベトナムの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/ジャカルタ3インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントウズベキスタン/ナマンガンカザフスタン/アスタナカンボジア/カンポットカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3タイ/バンコク4ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2中国/香港3台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ホーチミン特派員

    ホーチミン特派員
    稲葉 伊巧斗
    ルポライター近藤紘一さんのベトナム関連の著作に影響を受け、ベトナム移住を思い立つ。2012年~2014年まで日本語教師としてハノイとホーチミンに赴任。帰国後、大学院修士課程、専門学校勤務を経て、2020年再びベトナムに移住。現在ホーチミン市内の大学にて講師として働きながら、ベトナム人の奥さんとともに子育てに追われる毎日を送っている。主にホーチミン市を中心にベトナム南部の魅力を歴史的背景もふまえて発信していきたい。 DISQUS ID @disqus_nKzpgmpqcx

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集