海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > フフホト特派員ブログ > 内モンゴルだからこそ体験できるモンゴル文化

中国/フフホト特派員ブログ りんごほっぺ

中国・フフホト特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年12月12日

内モンゴルだからこそ体験できるモンゴル文化


内モンゴルだからこそ体験できるモンゴル文化

こんにちは、りんごほっぺです。


今日は「内蒙古自治区で見られるモンゴル文化はどのようなものがあるのか」というテーマで、モンゴル文化についてご紹介したいと思います。実は、自治区内の民族構成はモンゴル族が約17%、中国全体の人口の約98%を占める漢族の約79%と比較すると少数なのですが、街の至る所でモンゴル文化を発見することができます。


まずは、街中に見られる中国語とモンゴル語両方の表記から。店名や建物名だけではなく、道路標識や文書にも二つの言語が使われています。
Culture2.jpg Culture1.jpg
こちらで使われているモンゴル文字は、モンゴル国で使われているアルファベットのようなキリル文字ではなく、縦書きです。文字として歴史があるのは縦書きの文字の方で、後にモンゴル国がキリル文字を使うようになったとか。そうした経緯もあり、現在中国のモンゴル族とモンゴル国の人がコミュニケーションをする場合、多少表現の差があるものの、口頭での意思疎通はほぼ問題がないそうですが、書き言葉はお互いの文字を学ばないと理解できないようです。


バスの車内放送ももちろん中国語とモンゴル語の2言語です。始めはモンゴル語、次に中国語の順番で流れます。また、街を歩いていると、中国語に混ざって、モンゴル語も聞こえてきます。特にフフホトのような内蒙古の中心都市だと、自治区内の各地方から進学や就職を経てこちらで生活している人も多いです。


モンゴル語による教育も自治区内では盛んに行われており、モンゴル族のための学校も存在しますし、大学でもモンゴル族で編成されたクラスがあり、モンゴル族の先生が話すモンゴル語による専門授業も行われているようです。かなり年配の世代ではモンゴル語しか解さない人もいるようですが、若い世代では、学校教育やインターネットの普及などで、モンゴル語と中国語の二つの言語を自由に操る人も少なくありません。また、街中でもモンゴル語の教室がどれも小規模ですが開設されており、漢族の人の中にも、興味があってモンゴル語を学ぶ人もいます。


実は私自身、モンゴル族や漢族の友人達に「モンゴル語と日本語は文法が似ているから、日本人なら学びやすいはずだ」などと言われて、通ってみようかなと考えたことがありますが、まだその一歩を踏み出せていません。中国語を学び始めた時も大変な労力が必要だったので、趣味とはいえ、また新しい言語か...などと考えてしまいます。


文字の他に、チンギスハーンの銅像や肖像画もこちらでよく見かけるものの一つです。日本でも知らない人はいないくらい有名ですが、モンゴル民族にとっては英雄であり、最も尊敬する存在です。モンゴル料理店のようなお店にもその肖像画が飾ってあるのを見かけます。
Culture3.jpg


また、民族衣装のお店もあります。ここは「製片廠巷(せいへんしょうこう)」という、民族衣装を製作するお店が並んでいる路地です。ネットでフリーサイズのものを購入することもできますが、卒業や結婚、家族写真、大勢の前での歌唱等重要なイベントで着ることが多いので、オーダーメードで作る人も数多くいます。漢族の人達も大学卒業時にはモンゴルの民族衣装を着て、写真に納まるなんてこともあるようです。
Culture4.jpg
色が鮮やかで、とても綺麗ですよね。店内は撮影禁止だったので外から写真を撮りました。中に入ってみると、色とりどりの生地から作られた衣装がたくさん!男性用、女性用、子ども用、サイズも豊富です。


民族衣装を着ている人を普段街で見かけることは少ないのですが、こちらの卒業シーズンである毎年6月頃にフフホト市内の大学のキャンパスを訪れると、卒業式まで毎日のように民族衣装を着てクラスメートと一緒に写真を撮っている学生達がいます。見かけた時には、ぜひお願いして一緒に写真を撮ってもらってください!中国の若者達はとにかく自撮りが大好きで、写真を撮ることにあまり抵抗がありません。きっと快く引き受けてくれると思います。


モンゴル族の人達は純朴な性格で、とても鷹揚な性格を持っていると言われています。フフホトを訪れた際には、こうした文化に通じる風景を目にするだけでなく、人とも触れ合えるような楽しい出会いがあるといいですね!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術
2017年12月12日
« 前の記事「都会と自然、様々な文化を一度に楽しめる内蒙古(モンゴル)」へ
»次の記事「極寒の冬の到来、旅行するなら夏がおススメ!」 へ
おすすめ記事
フフホト特派員 新着記事
内蒙古のシシカバブとモンゴル料理
極寒の冬の到来、旅行するなら夏がおススメ!
内モンゴルだからこそ体験できるモンゴル文化
都会と自然、様々な文化を一度に楽しめる内蒙古(モンゴル)

中国 ツアー最安値


2019/9/21更新

中国 航空券情報


中国旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■中国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/カンポットカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3タイ/バンコク4ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • フフホト特派員

    フフホト特派員
    りんごほっぺ
    大学卒業後、日本での勤務を経て、現在中国の内モンゴル自治区フフホトに仕事で滞在中。こちらでの生活は2年目を迎えました。大学時代の留学がきっかけで、すっかり中国の文化に魅せられ、特に書道やC-POP、ドラマ、映画、豊富な飲食文化は今や私の人生にとって欠かせないものに。知らない場所を訪れること、食べたことがない食べ物に挑戦することが大好きな私と一緒に、内モンゴル自治区を旅して回りましょう! DISQUS ID @disqus_2MCnTKMgpC

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集