海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/北杜・山梨特派員ブログ

日本国内/北杜・山梨特派員ブログ 水月さえ

日本国内・北杜・山梨特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


CIMG3119.JPG
今週も、夏休み特集ということで「ベトナム・ホーチミンを歩こう」と題してお送りします。
ホーチミンいちの繁華街ドンコイ通りを突きあたると『聖母マリア教会』があります。今回は、その隣りにある『中央郵便局』をご紹介します。
CIMG3092.JPG
この黄色い建物が、中央郵便局。パリのオルセー美術館をモデルに1891年に建てられたコロニアル建築の建物です。
CIMG3096.JPG
なかは広く、ガラス張りのアーチ型を描く天井が、特徴です。人がいっぱいですね。もちろん、郵便局に用事があってきた人だけじゃありません。古い切手や絵葉書、お土産ものもたくさん販売していて、観光スポットのひとつになっています。
そしてここには、知る人ぞ知る名物おじいさんがいるんですよ。
毎日のように中央郵便局に通い、旅行客にホーチミンのことを話して聞かせるズオン・バン・ゴさん。
彼は、ベトナムでもっとも長い間英語やフランス語の手紙を代筆してきた代筆屋さんなんです。
16歳から郵便局員だったゴさんは、退職後、語学力を活かして代筆屋を始めたそうです。
CIMG3094.JPG
ゴさんです。テレビ局でしょうか。インタビューを受けているところでした。
80代も後半になるゴさんは、この中央郵便局で、いくつもの手紙を代筆し、数々の人々とふれあってきました。代筆を通して多くの人々の心をつないできたゴさん。「わたし自身も、みなさんからたくさんの幸せを分けていただいています」と穏やかに話しているといいます。中央郵便局で見かけたら、ぜひ話しかけてみてください。優しい笑顔で、ホーチミンのことをいろいろと教えてくれると思いますよ。
CIMG3226.JPG
中央郵便局の左わきの道は、古本屋通りになっています。中央郵便局へ行ったらぜひ立ち寄ってくださいね。明るく清潔感のある通りです。
CIMG3222.JPG
小説などのほか、絵本や料理本、地図、文房具類などもありました。
CIMG3228.JPG
なかで本を読めるバスが、通りの中央に停まっています。右手に見えるのは、カフェです。
CIMG3098.JPG
中央郵便局の右側の通りには「バイン・ミー」の人気店『MY BANH MI』があります。
CIMG3113.JPG
フランスパンに多彩な具を挟んだベトナム料理のひとつです。これは、レモングラスチキン・バジルソース(90,000VDN約450円)。ジューシーで、おかわりしたいくらい。ローストビーフ(12,000VDN約600円)なども美味しそうでした。
CIMG3117.JPG
ひとりでも気軽に入って食べられるお店です。写真メニューもあり、簡単な英語でOK! お昼時は混み合うので、時間をずらしていくことをおススメします。

『中央郵便局』でゴさんに会いホーチミンの話を聞いて、古本ストリートを歩き、バイン・ミーを食べる。
そこから、ホーチミン観光をスタートしてもいいですね!


2018年8月14日

CIMG3121.JPG
夏休み、もう旅行には行きましたか?
北杜・山梨特派員のわたしも、7月にベトナムのホーチミンに行ってきました。
8月は、夏休み特集ということで「ベトナム・ホーチミンを歩こう」と題してお届けします。
〈その1〉は、今ホーチミンのトレンドスポットとも言われる古アパートをご紹介します。
CIMG2944.JPG
この2枚の写真は、ホーチミンでいちばんにぎわうドンコイ通りに面した『151ドンコイアパート』です。
入口はアートギャラリーになっています。
CIMG2942.JPG
アパートのなかは、こんな感じです。古びているだけじゃなく暗くてちょっと不安になります。
CIMG3186.JPG
でもなかには、お洒落できれいなカフェ&雑貨屋さんが入っていました。
『ルジーンL’usine』です。
CIMG3183.JPG
別世界のようです。このギャップが、いいんでしょうね。
CIMG3189.JPG
スイカジュース(81,000VND)をいただきました。美味しいんですよ、これ。
2,000VNDが、約10円なので、約405円です。
CIMG2986.JPG
さて、こちらはグエンフェ通りに面した『42グエンフェアパート』です。さらに入りにくい雰囲気。
CIMG2970.JPG
階段はこんな感じです。10階建てですが、エレベーターに乗るにはお金がかかります。
CIMG2968.JPG
でもなかに入ると、ちょっとお店が入ってるっぽい感じがしますね。
CIMG3170.JPG
カフェに行ってみました。『サイゴン・オーイSaigonOi』です。
CIMG3173.JPG
ホッとする空間が広がっていました。緑とパステルカラー。
CIMG3178.JPG
窓の外には、歩行者天国になっているグエンフェ通りと向こう側に緑で飾ったお店が見えました。
CIMG3075.JPG
もうひとつは『26リートゥーチョンアパート』です。
ドンコイ通りとリートゥーチョン通りが交差するところにあります。
CIMG3077.JPG
入口は、ドンコイと同じくアートギャラリーになっています。
CIMG3080.JPG
階段もお洒落です。(古アパートになれてきたかも)
CIMG3086.JPG
エレベーターもお洒落です。
CIMG3088.JPG
外階段は、こんな感じ。味がありますねえ。
CIMG3082.JPG
カフェ『ファーストガーデン1stGarden』です。窓から、ドンコイ通りとリートゥーチョン通りが見渡せます。
CIMG3698.JPG
3つの古アパートは、徒歩10分圏内にあって、カフェの梯子も楽しいです♩

カフェ、食べ物屋さんのほかには、洋服屋さんなど服飾雑貨屋さんが多いように思いました。
入りにくい入口を突破すると、不思議におもしろい空間に出会えます。
ホーチミンの古アパート。外せないスポットです♩


2018年8月 8日

CIMG3345.JPG
今年の夏は、いやいやほんと暑いですね~。
そんななか、北杜市明野町では、ひまわりが元気に咲いています。
CIMG3367.JPG
明野町は、日照時間が日本一長い町なんです。
そこで、太陽の町にふさわしいひまわり畑を作り始めたというわけです。
ひまわり畑のお祭り『北杜市明野サンフラワーフェス2018』は、7月21日~8月19日まで。
そんなに長い間、ひまわりって咲いていられるの? と思われるかも知れませんが、23か所ひまわり畑があって、フェスのあいだいつ来ていただいてもいいように、かならずどこかでひまわりが咲くようになっています。
CIMG3361.JPG
こんなふうに、ひまわり畑ごとに看板が立っています。開花状況は → こちら
CIMG3342.JPG
一面に咲き乱れるさまを眺めるもよし。
CIMG3346.JPG
一輪のひまわりに目を奪われるもよし。
CIMG3373.JPG
三脚を立てて、カメラを向けるもよし。フォトコンテストもあるそうですよ。
CIMG3338.JPG
ひまわり越しに南アルプス連峰を眺めるのも、よし。
CIMG3371.JPG
八ヶ岳を眺めるもよし。
CIMG3353.JPG
ひまわりの黄色って、見ていると元気が出てきますよね~♩
CIMG3375.JPG
メイン会場の駐車場は、1回税込み500円。バスは3,000円です。トイレも完備してあります。
案内所には、ひまわり畑の地図やスタンプ、フォトコンテストのチラシなどが置いてあります。
露店もいろいろ出ていました。
CIMG3416.JPG
黄色いひまわりソフトやひまわりサンデー(どちらも税込み350円)も売っています。
CIMG3408.JPG
八ヶ岳スモークのお店。チキンやソーセージ、焼きそばもありました。
CIMG3422.JPG
ひまわりの茎の繊維を使った和紙小物のお店もありました。うちわ(税込み1,500円)ハガキ(税込み300円)など。和紙の里身延から来ているそうです。
CIMG3380.JPG
メイン会場隣りの7番のひまわり畑には、こんなセットも。
イベントは、8月中旬にライトアップやひまわり畑の迷路ひまわり和紙作り体験などを予定しています。
すぐ近くに、縄文時代の集落跡『梅之木遺跡』もありますよ。夏休みの自由研究にいかがですか?
CIMG3344.JPG
暑い夏に元気が出るビタミンカラーがいっぱい!明野のひまわりをぜひ観にいらしてください。
**********************
『北杜市明野サンフラワーフェス2018』
7月21日(土)~8月19日(日)まで
お問い合わせ 北杜市明野総合支所 0551-42-1423(フォトコンテストもこちらへ)
メイン会場案内所 090-2456-1343
メイン会場 山梨県立フラワーセンター ハイジの村(山梨県北杜市明野町浅尾2471)向かい
ホームページ https://hokutosunfes.com/

インスタグラム (#ほくとサンフェス)https://www.instagram.com/explore/tags/ほくとサンフェス/



2018年7月30日
2018年7月25日
2018年7月 9日
2018年7月 4日
2018年6月26日
⇒すべての記事を見る

甲信越旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■山梨県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 北杜・山梨特派員

    北杜・山梨特派員
    水月さえ
    2000年に、ここ北杜市明野町に移住してきました。夫が営む広告会社で経理を担当するかたわら、日々随筆をかいています。本を読むことと、気ままな旅行、料理と雑貨と食べること、そしてお酒が大好きです。3人の子育て経験や女性ならではの視点、食いしん坊の資質を生かして、山梨の魅力を発信していきたいと思っています。食と田舎暮らしと読書を中心に随筆を綴っているブログ『はりねずみが眠るとき』は毎日更新中。 DISQUS ID @disqus_dnZjg860jf

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集