海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 北杜・山梨特派員ブログ > 〈増富もみじ祭りウォーク〉に参加しました!

日本国内/北杜・山梨特派員ブログ 水月さえ

日本国内・北杜・山梨特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年11月24日

〈増富もみじ祭りウォーク〉に参加しました!


〈増富もみじ祭りウォーク〉に参加しました!

紅葉が美しい季節。
11月5日〈増富もみじ祭りウォーク〉に参加しました。
八ヶ岳南麓のみずがき湖や増富ラジウム温泉郷周辺を、紅葉の季節に自然を満喫しながら歩こうというイベントです。
コースは、10㎞のファミリーコースと14㎞のウォーカーコースのどちらか。(ファミリーコースにしました)
参加料は1,000円。(保険料、完歩証、女将食堂補助券300円分、増富の湯入浴100円割引券込み)未就学児無料。
完歩証は、チェックポイントでスタンプを集めるスタンプラリーのシートになっていました。
開会式のご挨拶によると、今年で4回を数えるこのイベント、参加者は約650人だったそうです。
明るく元気な甲州弁の音頭でラジオ体操をして、出発しました。
この上ない秋晴れでした。
2-1.JPG

2-1 (2).JPG
このイベントの目玉は、普段閉鎖されている通仙狭を歩けること。危険性が高いため閉鎖されている道を、整備して警備態勢を整えることで、年に1度だけ歩くことができるそうです。
2-2.JPG
通仙狭は、本谷川添いの道を歩きます。川の水が陽の光を反射して光っています。
2-3.JPG
道はほとんどがアスファルトで、歩き慣れた靴ならだいじょうぶ。朝はダウンを着ていても底冷えがしましたが、歩くうちにぽかぽか温かくなってきました。
2-4.JPG
歩くにつれて、紅葉した山々が形を変えて見えていきます。
2-5.JPG
最初のチェックポイント「増富温泉」を過ぎると、遊歩道というには山道? というような細く舗装のない道をしばらく歩きました。
2-6.JPG
行きと帰りと同じ道を歩いても、目線が違うからか、太陽の射す方向が違うからか、同じ風景には見えませんでした。
2-7.JPG
途中、持参したおむすびと女将食堂(温泉旅館の女将による青空食堂)のほうとうをいただいて、30分休憩し、ゴールのみずがき湖まで3時間半ほどでした。うーん、リフレッシュしました!
2-8.JPG
この日の朝、みずがき湖の最低気温は0℃でした。
ちなみに、わたしの服装は、上は長袖の防寒下着を2枚重ねて薄手のセーターにライトダウン。下は足首まである防寒下着+コーデュロイのパンツ。履き慣れたヒールのない革靴と、帽子は日焼けしないようにつばのあるものをかぶりました。


これから里山ハイク、低山ハイクを楽しまれる方には、防寒対策をしっかりされることをおススメします。雨具や手袋、ネックウォーマー、毛糸の帽子、使い捨てカイロなどもあるといいですね~


〈みずがき湖ビジターセンター〉
スタート&ゴール地点のみずがき湖ビジターセンターには、軽食や野菜果物、雑貨などのお土産コーナーもありました。
住所 山梨県北杜市須玉町比志3730-3
電話 0551-45-0081
https://www.hokuto-kanko.jp/guide/mizugakiko-visitor-center
http://www.phyton-mori.com/


〈増富もみじ祭りウォーク〉
https://www.hokuto-kanko.jp/event/masutomi-momiji-walk-2017


北杜市の紅葉を紹介したページはこちら
https://www.hokuto-kanko.jp/sp-cat/red-leaves

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2017年11月24日
« 前の記事「ご挨拶/北杜ってどこ?八ヶ岳・南アルプス・富士山が見渡せるところ」へ
»次の記事「田舎ならではの野菜が美味しい!隠れ家カフェ『cafeくじらぐも』」 へ
おすすめ記事
    北杜・山梨特派員 新着記事
    ベトナム・ホーチミンを歩こう~〈その2〉郵便局の名物おじいさん
    ベトナム・ホーチミンを歩こう~〈その1〉人気の古アパート巡り!
    60万本のひまわりが咲く!『明野サンフラワーフェス2018』
    山梨名物B級グルメ『鳥もつ煮』~B-1グランプリ優勝秘話!
    緑に囲まれた白の空間~八ヶ岳アートが映える『ギャルリイグレグ八ヶ岳』
    山歩きに、いかが?お手軽グルメなセミドライフルーツ『甲斐の恵み』
    森で川で、遊ぼうよ!白州・尾白の森名水公園『べるが』
    生でも食べられる甘~いトウモロコシ!大地の恵みがぎっしりつまった『きみひめ』

    甲信越旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■山梨県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 北杜・山梨特派員

      北杜・山梨特派員
      水月さえ
      2000年に、ここ北杜市明野町に移住してきました。夫が営む広告会社で経理を担当するかたわら、日々随筆をかいています。本を読むことと、気ままな旅行、料理と雑貨と食べること、そしてお酒が大好きです。3人の子育て経験や女性ならではの視点、食いしん坊の資質を生かして、山梨の魅力を発信していきたいと思っています。食と田舎暮らしと読書を中心に随筆を綴っているブログ『はりねずみが眠るとき』は毎日更新中。 DISQUS ID @disqus_dnZjg860jf

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集