海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 北杜・山梨特派員ブログ > 「暮らしを楽しむ気持ち」を手渡したい~器と雑貨の店...

日本国内/北杜・山梨特派員ブログ 水月さえ

日本国内・北杜・山梨特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年2月15日

「暮らしを楽しむ気持ち」を手渡したい~器と雑貨の店『萌木窯』


メール プリント もっと見る

「暮らしを楽しむ気持ち」を手渡したい~器と雑貨の店『萌木窯』

Moegi-gama_10.jpg
八ヶ岳南麓清里憩いの郷『萌木の村』 にある、器と雑貨の店『萌木窯』を、紹介します。
Moegi-gama_2.jpg
『萌木の村』北側の入口にあるレストラン『ROCK』の隣りに『萌木窯』はあります。
Moegi-gama_8.jpg
カウベルの鳴るドアを開けると、陽の光が射しこむ明るい店内。
Moegi-gama_13.jpg
陶器がいっぱい。焼き物大好きなわたしは、うっとりしてしまいます。
Moegi-gama_9.jpg
様々な雰囲気の器がありました。大きなもの、小さなもの、手びねりのぬくもりが感じられるもの。色合いが楽しいもの、描かれた模様が目を惹くもの、などなど。
CIMG7398.JPG
さてこのお店、陶芸家の三井康生さんが27年前に始めた陶器中心のお店なんです。
これら土の味わいが魅力的な器が、三井さんの作品です。
窯元「日月窯」 で、山梨ならではの焼き物をと、桃・李桃・桜桃・巨峰の灰の釉薬を使い、試行錯誤を続けながら35年以上オリジナルな作品を作りだしています。
紫色をした器は巨峰の木の灰釉の色だそうです。木の灰で巨峰のような色が出るなんて不思議です。
Horse.jpg
そして息子の三井亮さんは、陶芸家でもあり、鉄細工のアーティスト 。この躍動感あふれる馬の彫刻、鉄で作っているなんて思えないほどやわらかな表情をしていますね。
CIMG7414.JPG
馬や動物の彫刻のほか、一輪挿しや蝋燭立て、ブレスレットやペンダントなどのアクセサリーも作っています。
CIMG7411.JPG
こちらは亮さんの奥様、奈緒美さんが古布で作られたお財布です。古布の模様を活かして刺繡をプラスしているところに遊び心を感じました。
AKN_1008.JPG
三井亮さんと奈緒美さんです。
「器もいろいろですけど、雑貨も、布製品、紙製品、木製品、アクセサリーや蝋燭まで、多種多様ですね」
そう聞くと、お話してくださいました。
「来ていただいた方それぞれに、暮らしを楽しむ気持ちを持ち帰っていただけたらと思って、これと限定することなく様々な視点からいいなと思ったものを揃えています」
うーん、たしかに。器ひとつ、雑貨ひとつ、手にとっただけでも暮らしを楽しむ気持ち、芽生えてきますね。
Moegi-gama_7.jpg
「食器っていいなって、お店に出るようになって思うようになりました」とは、奈緒美さん。
「器好きな人はもちろん、そうじゃない人も食器は誰でも使うものだから、世代を超えて人と人とをつなぐツールになっているんだって、来ていただいた方々とふれあううちに感じるようになったんです」
なるほど。日々使っている食器も、家族や一緒に食事をする人をつないでくれているんですね。


気軽に扉を開いて、器や雑貨のぬくもりに触れてみてください。日々を暮らすなかでの小さな楽しみが、ここ『萌木窯』で、見つけられるかも知れません。


『萌木窯』
営業時間 10:00~17:00
定休日 火曜日
住所 山梨県北杜市高根町清里3545萌木の村内
電話 0551-48-5080(10:00~17:00)

陶芸体験 体験時間 1~2時間程度
     手びねりコース(お1人1キロの土)4,000円 ろくろコース(お1人1キロの土)5,000円  
     小学生以下限定のお子さま手びねりコース(大人の半量の土)2,000円 
     詳しくはホームページをご覧ください。
ホームページ https://moegigama.webnode.jp/
オンラインショップ http://moegigama.com/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産
2018年2月15日
« 前の記事「「おすすめ」がない珈琲屋~『豆玄(まめげん)』あなたにぴったりの珈琲を。」へ
»次の記事「八ヶ岳ビール『タッチダウン』冬季限定シュバルツ他5種飲み比べ!」 へ
おすすめ記事
    北杜・山梨特派員 新着記事
    八ヶ岳ビール『タッチダウン』冬季限定シュバルツ他5種飲み比べ!
    「暮らしを楽しむ気持ち」を手渡したい~器と雑貨の店『萌木窯』
    「おすすめ」がない珈琲屋~『豆玄(まめげん)』あなたにぴったりの珈琲を。
    天空にいちばん近い列車『ハイレール1375(イチサンナナゴ)』に乗ってきました!
    まったり〈こたつdeマルシェ&裏KURIライブ〉に行ってきました~『仁田平マルシェ』
    くつろぎのひとときがそこにある~『NICETIMECAFE(ナイスタイムカフェ)』
    食べ鉄さんにおススメ!小淵沢『丸政』の駅弁6種食べくらべ
    今年も八ヶ岳で開催します!『寒いほどお得フェア2018』

    甲信越旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■山梨県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 北杜・山梨特派員

      北杜・山梨特派員
      水月さえ
      2000年に、ここ北杜市明野町に移住してきました。夫が営む広告会社で経理を担当するかたわら、日々随筆をかいています。本を読むことと、気ままな旅行、料理と雑貨と食べること、そしてお酒が大好きです。3人の子育て経験や女性ならではの視点、食いしん坊の資質を生かして、山梨の魅力を発信していきたいと思っています。食と田舎暮らしと読書を中心に随筆を綴っているブログ『はりねずみが眠るとき』は毎日更新中。 DISQUS ID @disqus_dnZjg860jf

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集