海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 北杜・山梨特派員ブログ > 香りふくよかな台湾・中国茶&お粥と点心が美味しい!...

日本国内/北杜・山梨特派員ブログ 水月さえ

日本国内・北杜・山梨特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年4月14日

香りふくよかな台湾・中国茶&お粥と点心が美味しい!『Chinese Tea Café qilin(チーリン)』


メール プリント もっと見る

香りふくよかな台湾・中国茶&お粥と点心が美味しい!『Chinese Tea Café qilin(チーリ...

CIMG9063.JPG
北杜市大泉町にある、香りふくよかな台湾・中国茶のカフェ『qilin(チーリン)』を紹介します。
CIMG9605.JPG
県道28号から少し入ったところ、気持ちのいい林のなかにある小さなお店です。オープンして、5年目を迎えます。
CIMG9268.JPG
扉を開けると、白い内装の店内に、落ち着いたブラウンのテーブル。
CIMG9251.JPG
テーブルが3つと、カウンター席もあります。これからの季節は、ウッドデッキにあるテラス席でお茶をいただくのもいいですね。テラス席はワンちゃんOKだそうです。
CIMG9262.JPG
キッチンはシックなピンクが効いていて、とってもお洒落! グリーンのライトも素敵♩
CIMG5093.JPG
ランチセット(税込み1,400円)をいただきました。広東粥。海老と帆立が入っています。
CIMG5095.JPG
点心3つとザーサイ、野菜のピクルスがセットについています。
CIMG5096.JPG
もちろん中国茶と、それからミニデザートつき。お茶のゼリーにアイスクリームがのっていました。
この日のお茶は、「凍頂烏龍茶(とうちょううーろんちゃ)」でした。
メニューには、お茶の特徴「まろやかでコクのある味 台湾を代表する烏龍茶」などがかいてあり、濃厚度は5段階の数字で表しています。数字が増えるほど濃厚な味わいになっていき、このお茶は「2」でした。
単品でオーダーすると、税込み700円のお茶です。
CIMG9068.JPG
ランチはお粥か、ワンタンスープ(同じく税込み1,400円)が選べます。
CIMG9599.JPG
点心やスイーツで、お茶をいただくのもいいですね。
「おまかせ点心4種盛り合わせ」(税込み620円)です。上から「エビ蒸餃子」「翡翠三鮮餃子」(エビ、イカ、ホタテ入り)「黄皮蒸餃子」(豚肉など)「小籠包」でした。点心やワンタンなどは、横浜中華街で広東料理のシェフをしている方から仕入れているそうです。
CIMG9585.JPG
単品でお茶をオーダーすると、お店の方が淹れてくださいます。
店主の山浦さんは、台湾を旅行し中国茶に魅了され、その後北京に移り住んで本場の中国茶を学び、中国政府認定の中国茶のソムリエともいえる資格を取得したそうです。
これは、「蜜桃香(みっとこう)」(税込み750円)「桃のような香りのするフルーティーな烏龍茶」とあります。濃厚度は「4」です。細い筒のような器は、まずここに注いで香りを味わうためのものだそうです。甘ーい香り! お茶自体の味はもちろん砂糖のような甘さはなく、でもしっかりとした味わい。ゆっくりといただきたいタイプのお茶でした。
お茶の種類は、烏龍茶だけでも8種類(台湾4種、大陸4種)。白茶、緑茶、ジャスミン茶、紅茶、プーアル茶、薬膳茶など多彩です。急須のなかでお花が咲く工芸茶「出水芙蓉(しゅすいふよう)」(税込み700円)もあります。何人かで違う種類のお茶をオーダーして、いろいろ味わってみるのも楽しいかも知れません。
CIMG9603.JPG
揚げゴマ団子は、4つで税込み480円。揚げたて熱々のゴマ団子のなかに、もっちりしたお餅と甘さひかえめの餡が、絶妙の美味しさでした! スイーツは、ほかにマンゴープリン、杏仁豆腐、豆花、特製あんまん、八宝粥、ミルクチョコレートケーキなど、いろいろあります。
CIMG9265.JPG
中国茶や茶器、陶器なども販売しています。中国茶の器って、小さくって可愛いですよね~♩


林のなかの小さなお店で、台湾・中国茶の香りを楽しむひとときを、過ごしてみませんか?
チーリンは「麒麟」という意味だそうです。ふっと台湾や中国へ、旅した気分になれるかも知れません。

『Chinese Tea Cafe qilin(チーリン)』
営業時間 11:30~18:00(ランチセット~14:30まで)
定休日 水・木曜日
全席禁煙
山梨県北杜市大泉町西井出8240‐2078
電話 0551‐38‐2711
ホームページ https://cafeqilin.exblog.jp/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2018年4月14日
« 前の記事「日本三大桜のひとつ『山高神代桜』&桜のトンネルを歩こう!『眞原の桜並木』」へ
»次の記事「GWにいかが? 450匹もの鯉のぼりが空を舞う『道の駅南きよさと』」 へ
おすすめ記事
    北杜・山梨特派員 新着記事
    生でも食べられる甘~いトウモロコシ!大地の恵みがぎっしりつまった『きみひめ』
    佐藤錦が食べ頃です!さくらんぼ狩りも楽しい~明野さくらんぼ団地『宮沢農園』
    今が見頃!日本一長いバラの回廊が美しい~『ハイジの村』
    旬の野菜、土地の野菜で心も身体も健やかに~『農カフェhakari』
    水と緑のフュージョン!緑燃ゆる渓谷道を歩く~『吐竜の滝』
    縄文時代中期の集落跡『梅之木遺跡』オープン!
    木工体験が楽しい!自然木のぬくもりを大切に~『自然木工房ONO』
    GWにいかが? 450匹もの鯉のぼりが空を舞う『道の駅南きよさと』

    甲信越旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■山梨県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    しまなみ海道・広島ニセコ・北海道三重与論島五島列島京都和歌山埼玉大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿札幌東京東京2東京3栃木横浜・神奈川沖縄沖縄2渋川湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 北杜・山梨特派員

      北杜・山梨特派員
      水月さえ
      2000年に、ここ北杜市明野町に移住してきました。夫が営む広告会社で経理を担当するかたわら、日々随筆をかいています。本を読むことと、気ままな旅行、料理と雑貨と食べること、そしてお酒が大好きです。3人の子育て経験や女性ならではの視点、食いしん坊の資質を生かして、山梨の魅力を発信していきたいと思っています。食と田舎暮らしと読書を中心に随筆を綴っているブログ『はりねずみが眠るとき』は毎日更新中。 DISQUS ID @disqus_dnZjg860jf

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集