海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 北杜・山梨特派員ブログ > 縄文時代中期の集落跡『梅之木遺跡』オープン!

日本国内/北杜・山梨特派員ブログ 水月さえ

日本国内・北杜・山梨特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年5月11日

縄文時代中期の集落跡『梅之木遺跡』オープン!


縄文時代中期の集落跡『梅之木遺跡』オープン!

CIMG0619.JPG
北杜市明野町に、2018年4月27日オープンしたばかりの『梅之木遺跡』を紹介します。
約5000年前から500年にわたり縄文時代の人々が暮らした集落の遺跡です。
CIMG0628.JPG
『金生遺跡』『谷戸城跡』に続き、国史跡指定された北杜市3番目の国史跡『梅之木遺跡』では、縄文時代中期の「竪穴住居などの環状集落」と「道」と「水辺の作業場」がそろって見つかりました。
CIMG0636.JPG
北には八ヶ岳が、西には南アルプス連峰を望む、素晴らしく眺めのいい場所です。
CIMG0450.JPG
さて。縄文時代の人々が暮らしていたという竪穴住居、なかはどんなふうになってるのかな? さっそく入ってみましょう。
CIMG0456.JPG
あ、以外と明るい。天窓があるからなんですね。
5本の柱を梁でつなぎ、垂木を架けて組み立て、屋根には樹皮が張られています。
大きな平石で囲った炉は、暖をとるだけのものではないそうです。火の神が宿る神聖な場として住居の中心より奥に置かれ、呪術などに使われていたとも考えられています。
CIMG0460.JPG
この石斧は、竪穴住居再現に当たり、当時使われていたと思われるものをやはり再現して使おうと長野県伊那市産の緑色岩原石を削るところからスタート。不思議なことに当時、徒歩でしか行き来できなかったはずなのに、南アルプス連峰の向こうから運ばれたと考えられる石で斧を作っていたことがわかっているそうです。
CIMG0458.JPG
鹿の角も、住居の穴を掘る際ツルハシとして使われたということですが、手にとってみると、うん、ずっしりと重く硬い。
CIMG0468.JPG
屋根の部分には樹皮が使われています。木材もそうですが、樹皮の必要量が半端じゃなく、集めるのに苦労されたとか。縄文時代の暮らしには、豊かな森林があるからこそ成り立っていたんですね。
機械や釘などの金属をいっさい使わずに、縄文時代の道具、技術、素材にこだわり復元した土屋根の竪穴住居は、日本ではここだけ。世界じゅうでも珍しいということです。
CIMG0438.JPG
そして、『梅之木遺跡』の大きな魅力のひとつは、この川辺まで続く「道」です!
5000年前に使われていた「道」が見つかることはほんとうに稀で、奇跡的なことだそうです。たいていは、田畑にするため耕されたりしてわからなくなってしまうのだといいます。
CIMG0446.JPG
実際にこの土地の樹木を、手作りした石斧で切り倒して「竪穴住居」の木材にしたそうです。切り口を見ると、苦労の跡がうかがえますね。
CIMG0432.JPG
川の近くには、石焼きオーブンのような役目をしたと考えられる「集石土坑」が発掘され、再現してあります。
CIMG0611.JPG
入口には、ガイダンス施設があり、発掘された土器も展示してあります。


今後も「みんなでつくる縄文ムラ」と銘打ち、市民参加で竪穴住居づくりや植樹などを行い、縄文時代のこの土地の様子を再現していく予定だそうです。縄文時代に主食のひとつとされていたツルマメも、栽培中でした。
5000年前。この土地で、人々はどんな暮らしをしていたのでしょう。
県外から運ばれたと思われる石が見つかったことなどから、ほかの集落との交流があったこと、物々交換をしていたのではないかということなどが想像できるとのこと。
もちろん、まだまだ解明されないこともいっぱいあります。川辺で見つかった「敷石住居」は、日当たりも悪い湿気の多い場所にあり、住居としても小さすぎるし、なぜ石を敷いてあるのかも謎だそうです。
そんな縄文の暮らし、ちょっとのぞいてみませんか?
謎を解く新たな鍵を見つけるのは、あなたかも知れませんよ。


☆体験学習会のお知らせ☆
〈竪穴住居の屋根土をおろします〉
越冬期の保温のために屋根にのせていた土をおろします。作業後は、ジビエを試食しながら、縄文時代の「住」についてかたらいましょう。
2018年6月9日(土)午前9時30分から(小雨決行)
汚れてもいい服装で、手袋、飲み物、弁当、雨具持参のこと。先着10名まで。
前日までにお電話で申し込んでください。0551-25-2019(埋蔵文化センター)


『梅之木遺跡』
入場料無料 (受付なしで自由に観て歩くことができます)
駐車場あり トイレあり(バリアフリー多目的トイレ完備)
☆レクチャーしてほしい方、その他要望がある方などは、事前に問い合わせることをおススメします。
住所 山梨県北杜市明野町字梅木6315ほか
国史跡指定日 2014年3月18日 指定面積28,123㎡

問い合わせ先
『埋蔵文化センター』
住所 山梨県北杜市明野町上手8310
電話 0551-25-2019

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術
2018年5月11日
« 前の記事「木工体験が楽しい!自然木のぬくもりを大切に~『自然木工房ONO』」へ
»次の記事「水と緑のフュージョン!緑燃ゆる渓谷道を歩く~『吐竜の滝』」 へ
おすすめ記事
    北杜・山梨特派員 新着記事
    紅葉燃ゆる『瑞牆山』カンマンボロン登山に挑戦しました!
    今年も11月3日は『北杜市浅尾ダイコンまつり』へ、GO!
    クラフト市&骨董市が楽しい~『台ケ原宿市』へ行ってきました!
    人気の北杜市"田舎暮らし"の楽しみ方~「定点観測」
    『スーパーカブ』の"聖地"北杜市をツーリングしよう!
    特急かいじ30周年記念『特急列車ヘッドマーク弁当第七弾かいじ』発売!
    陶器とアートの"夢の谷"に迷いこんで~『夢宇谷ギャラリーMUU』
    心を満たす幸せご飯~古民家カフェ『キッチン・オハナ』

    甲信越旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■山梨県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 北杜・山梨特派員

      北杜・山梨特派員
      水月さえ
      2000年に、ここ北杜市明野町に移住してきました。夫が営む広告会社で経理を担当するかたわら、日々随筆をかいています。本を読むことと、気ままな旅行、料理と雑貨と食べること、そしてお酒が大好きです。3人の子育て経験や女性ならではの視点、食いしん坊の資質を生かして、山梨の魅力を発信していきたいと思っています。食と田舎暮らしと読書を中心に随筆を綴っているブログ『はりねずみが眠るとき』は毎日更新中。 DISQUS ID @disqus_dnZjg860jf

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集