海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 北杜・山梨特派員ブログ > 生でも食べられる甘~いトウモロコシ!大地の恵みがぎ...

日本国内/北杜・山梨特派員ブログ 水月さえ

日本国内・北杜・山梨特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年6月19日

生でも食べられる甘~いトウモロコシ!大地の恵みがぎっしりつまった「きみひめ」


生でも食べられる甘~いトウモロコシ!大地の恵みがぎっしりつまった「きみひめ」

CIMG1996.JPG
山梨県でも、トウモロコシの美味しい季節がスタートしました。
ところで、生で食べられるトウモロコシがあるって、ご存じですか?
甲府市中道地区限定で作られている「きみひめ」という名の甘~いトウモロコシを紹介します。
CIMG1941.JPG
やってきました。トウモロコシ畑。「旬果市場」の小林さんの畑です。
えっ? トウモロコシ狩りができるの? それなら、やってみなくっちゃ。
CIMG1949.JPG
おーっ、太ったトウモロコシがいっぱい生ってる。トウモロコシってこういうふうに生るんですね。
トウモロコシ狩りは、実をしっかりつかんで、下に向かって折るだけ。簡単です。
簡単すぎてつまらないんじゃないかって? ところが、これが深いんです。
いいトウモロコシは、髭が黒くなっていて、まるまる太っているもの。ひとつひとつ、つかんでみて大きさを確かめ、髭の黒さを確かめて歩いていくと、もっといいトウモロコシがあるんじゃないかと迷う迷う。楽しかったです。トウモロコシ好きの子どもたちには、ぜひ一度体験してもらいたいな~と思いました。
CIMG1956.JPG
小林家のヤギのメイちゃんが、メェ~おつかれさま~(笑)
CIMG1969.JPG
わたしが収穫したきみひめです。わ~い。大きくってきれいで、うれしい~♩
CIMG1980.JPG
さっそく、いただいてみましょう。生(写真手前)で食べると、瑞々しく甘さほんのり。歯ごたえも軽くて、皮がやわらかいから生でも食べられるんだ~と実感。加熱すると、甘みが増して口のなかに広がっていく感じ。トウモロコシってこんなに甘かったっけ? という甘さです。
生でも味わっていただきたいきみひめですが、おススメの食べ方は皮を剥いて軽く水をつけ、ラップにくるんで電子レンジで3分チン。お手軽です。茹でてもみましたが、レンジでチンする方が甘みが濃くて美味しいかも。
CIMG2056.JPG
生のジューシーさは、ほかのトウモロコシにはない味わいなので、サラダにもぴったりです。
CIMG2035.JPG
トウモロコシご飯も、炊いてみました。小林さんに教えていただいたんですが、きみひめは芯にも甘さが詰まっているので、芯を一緒に炊くと存分に甘みを味わえるんです。ほんとに甘~い!
CIMG2054.JPG
新玉葱とかき揚げにしてみました。両方生でも食べられる食材なので、さっと揚げるだけで、食感を楽しめます。
CIMG2091.JPG
でもやっぱり、いちばんのおススメは皮ごと炭火で蒸し焼きです。う~ん、香ばしい匂い。甘味が濃い! 実もやわらかいのにプリップリしてる。バーベキューの主役になっちゃいます。
CIMG2065.JPG
北杜市では、「ひまわり市場」 で購入することができます。


最後に、小林さんに、「旬果市場」のこだわりをうかがってみました。
「美味しい!」「甘~い」と、きみひめを食べるお客様の笑顔を見て、食べてくださる人と生産者である自分たちの顔が、たがいに見えることの大切さを実感したそうです。大切なあの人に食べてもらう。そんな気持ちで、一粒一粒手作業で想いを込めて種を撒き、夜のうちに蓄えた水分と糖分を逃がさないよう朝早く収穫する。そして大きく育ったきみひめを直接販売する。試行錯誤の末に、今の形に、たどり着いたと言います。山梨県内はもちろん、東京や神奈川などのマルシェに出店するのも、お客様と直接ふれあえるからだとか。
きみひめに、ぎっしり詰まった熱い想いが感じられました。
「きみひめ」、ほんとうに甘くて美味しいですよ~♩
*****************
■旬果市場
住所 〒400-1506山梨県甲府市上向山町792-2
電話 055-220-5066 fax 055-220-5067
ホームページ http://shun-ka.com/
オンラインショップ http://www.shun-ka.com/shunka-store/
朝採りきみひめ 5本税込み1,500円 10本税込み3,000円(送料別)
トウモロコシ狩りは、1本税込み250円(要予約)
☆きみひめは、7月20日まで☆
桃、スモモ、梨も生産しています。
<食の安全や環境保全に取り組む「AsiaGAP」認定取得>

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2018年6月19日
« 前の記事「佐藤錦が食べ頃です!さくらんぼ狩りも楽しい~明野さくらんぼ団地「宮沢農園」」へ
»次の記事「森で川で、遊ぼうよ!白州・尾白の森名水公園「べるが」」 へ
北杜・山梨特派員 新着記事
富士山眺望抜群スポット、八ヶ岳、南アルプス連峰の眺めもすばらしい信玄堤の「信玄橋」
ご当地カレーを楽しもう!「黒毛和牛・甲州牛カレー」&「富士山麓牛と20種類のスパイス香る無限スパイスカレー」
冬一番~"八ヶ岳颪"が吹き荒れました
山梨県韮崎市の"シンボルツリー"樹齢330年の「わに塚のサクラ」を救おう!
高村光太郎文学碑から望む"ダイヤモンド富士"ビューポイント「日出づる里」~富士川町
人気の山梨県北杜市"田舎暮らし"の楽しみ方~夕暮れにたたずむ
南アルプス連峰の「甲斐駒ヶ岳」が初冠雪~2021年10月20日
双葉SAで"静岡フェア"開催中!山梨と静岡を結ぶ「中部横断道」全線開通しました

甲信越旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■山梨県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 北杜・山梨特派員

    北杜・山梨特派員
    水月さえ
    2000年に、ここ北杜市明野町に移住してきました。夫が営む広告会社で経理を担当するかたわら、日々随筆をかいています。本を読むことと、気ままな旅行、料理と雑貨と食べること、そしてお酒が大好きです。3人の子育て経験や女性ならではの視点、食いしん坊の資質を生かして、山梨の魅力を発信していきたいと思っています。食と田舎暮らしと読書を中心に随筆を綴っているブログ『はりねずみが眠るとき』は毎日更新中。 DISQUS ID @disqus_dnZjg860jf

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集