海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 北杜・山梨特派員ブログ > 山梨名物B級グルメ『鳥もつ煮』~B-1グランプリ優...

日本国内/北杜・山梨特派員ブログ 水月さえ

日本国内・北杜・山梨特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年7月25日

山梨名物B級グルメ『鳥もつ煮』~B-1グランプリ優勝秘話!


山梨名物B級グルメ『鳥もつ煮』~B-1グランプリ優勝秘話!

CIMG1576.JPG
山梨のB級グルメと言えば、そう『鳥もつ煮』です。鶏レバー、ハツ、砂肝、きんかんを砂糖と醤油で照り煮した栄養満点の料理です。
これは、『奥藤本店』 の甲府鳥もつセット(税込み1,230円)。暑い夏に、パワーがつきそうですよね!
CIMG1566.JPG
「元祖鳥もつ」って、看板がありますね。
CIMG1579.JPG
なぜなら甲府駅前と国母にある手打ち蕎麦の店『奥藤本店』が、鳥もつ煮の発祥となったお店なんです。
「蕎麦屋がどうして鳥もつ煮?」と思われる方も多いかも知れませんが、山梨では、「蕎麦屋で鳥もつ煮を食べる」のはスタンダードなんです。っていうか、「えっ、他の県では蕎麦屋に鳥もつ煮、ないの?」っていうレベルです。
冷蔵庫のなかった時代、蕎麦屋『奥藤本店』では使う鶏肉の残りの部位、内臓を捨てるに忍びなく、まかないで「鳥もつ煮」を作り始めたら評判がよくてお店でも出すことになったとか。「もったいない」から始まったんですね。
CIMG1581.JPG
甲府駅改札横のお土産屋さんには、鳥もつ煮のレトルトパック、鳥もつ煮のタレ、冷凍のもの、鳥もつチップなども販売されています。
CIMG2161.JPG
もちろん、買ってみました。
鳥もつ煮(税込み1,080円)、鳥もつ煮のタレ(税込み540円)、鳥もつチップ(税込み540円)です。
CIMG2163.JPG
鳥もつ煮のタレで、初鳥もつ煮に挑戦。タレをストレートで鍋に入れ、鶏レバー、ハツ、砂肝、きんかんを入れて火が通るまで煮るだけ。簡単です。
CIMG2169.JPG
できた!美味しそう♡さて、お味のほどは。
うん!美味い!このタレ、濃厚で鳥もつとの相性ばっちりです。さっと煮るだけなので、鳥もつもやわらかい。
CIMG3322.JPG
レトルトの方は? 鍋に入れて、獅子唐と一緒に温めてみました。
こちらはしっかり煮込んだようなお味。生から煮た鳥もつ煮には負けますが、煮込んだやわらかさと濃い旨み。お手軽で、もう一品増やしたいときや、酒の肴なんかにはぴったりですね。いけます。
CIMG3329.JPG
鳥もつチップ、美味しい!えびせんの鳥もつ版のような感じでしょうか。これはお土産に喜ばれそうです。
CIMG1575.JPG
さて、この鳥もつ煮、なぜ山梨名物となったのでしょうか。
2010年の『第5回B―1グランプリin厚木』で、ゴールドグランプリ。優勝を勝ちとったからなんです。
「鳥もつ煮で、まちおこしを!」とB-1グランプリに出場したのは、甲府市職員のメンバー10人でした。
『みなさまのご縁をとりもつ隊』です。
彼らは、鳥もつ煮の考案者や『奥藤本店』の職人たちの協力を得て、屋外で生の鳥もつを扱い、調理し、鳥もつ煮を売っていくなかで、多くのことを学んでいったと言います。
鳥もつ煮の歴史。おもてなしという言葉の奥の深さ。職人の技と心。何もないと思っていた甲府の魅力。
そんなすべてが、甲府市職員のひとりが他県の蕎麦屋で鳥もつ煮を注文したら驚かれ「えっ、他県では蕎麦屋に鳥もつ煮、ないの?」とカルチャーショックを受けたところから始まったそうです。
うーん。当たり前と思っていることのなかには、スペシャルなことがあったりするんですよね。
鳥もつ煮が美味しいからというのはもちろんですが、チームワークとおもてなしの思いの強さで勝ちとったゴールドグランプリなのだとか。


そんな甲州人たちの思いがつまった鳥もつ煮。山梨にいらしたら、ぜひ召し上がっていただきたいです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題
2018年7月25日
« 前の記事「緑に囲まれた白の空間~八ヶ岳アートが映える『ギャルリイグレグ八ヶ岳』」へ
»次の記事「60万本のひまわりが咲く!『明野サンフラワーフェス2018』」 へ
北杜・山梨特派員 新着記事
富士山眺望抜群スポット、八ヶ岳、南アルプス連峰の眺めもすばらしい信玄堤の「信玄橋」
ご当地カレーを楽しもう!「黒毛和牛・甲州牛カレー」&「富士山麓牛と20種類のスパイス香る無限スパイスカレー」
冬一番~"八ヶ岳颪"が吹き荒れました
山梨県韮崎市の"シンボルツリー"樹齢330年の「わに塚のサクラ」を救おう!
高村光太郎文学碑から望む"ダイヤモンド富士"ビューポイント「日出づる里」~富士川町
人気の山梨県北杜市"田舎暮らし"の楽しみ方~夕暮れにたたずむ
南アルプス連峰の「甲斐駒ヶ岳」が初冠雪~2021年10月20日
双葉SAで"静岡フェア"開催中!山梨と静岡を結ぶ「中部横断道」全線開通しました

甲信越旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■山梨県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 北杜・山梨特派員

    北杜・山梨特派員
    水月さえ
    2000年に、ここ北杜市明野町に移住してきました。夫が営む広告会社で経理を担当するかたわら、日々随筆をかいています。本を読むことと、気ままな旅行、料理と雑貨と食べること、そしてお酒が大好きです。3人の子育て経験や女性ならではの視点、食いしん坊の資質を生かして、山梨の魅力を発信していきたいと思っています。食と田舎暮らしと読書を中心に随筆を綴っているブログ『はりねずみが眠るとき』は毎日更新中。 DISQUS ID @disqus_dnZjg860jf

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集